--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/01 (Sat) 小さい秋みつけた

気がつけばもう10月!
9月は特別忙しかったわけでもないのに
いつにもまして日々が過ぎるのが早かった気がします。

まずひとつご報告です。
今月から、学校の受け持ちクラスが3クラス増えることになりました。
これからは全部で5クラスを担当します。今まで以上に頑張ります:)



さて、昨日 9月30日は日本では「くるみの日」だそうです。
く(9)るみ(3)はまる(○)い からだそうな…
なんだか受験生の年号暗記みたいですが、秋らしくていいですね。

ポーランドで9月30日は「男性の日(Dzień Chłopaka)」です。
日本でいう「端午の節句」のようなものでしょうか。
日本のように子供(少年)だけの日ではなく、また、休日にもならないのですが
まわりにいる男性(友人、彼氏、夫、父etc)に日々の感謝の気持ちを伝えましょ、
という日です。

昨日は授業があったので、生徒さんに緑茶、
いつもお世話になっている学校経営者のMさんにチョコレート、
そしてAにはお花をプレゼントしました。

045_20111001233800.jpg
授業前、閉店間際のお花屋さんに滑り込みセーフで手に入れたお花。
ひまわりとピンポンマム(菊)、秋らしい葉っぱに謎の緑の植物(ひまわりの後ろに
ちらっと見えているやつです、どなたか名前わかりますか?)、
これらにごぼうの切れ端みたいな飾りがアクセントになっている
不思議なアレンジメント。
これで10PLN(今のレートでいうと250円くらい)だからお手頃価格です。

部屋に飾るとまわりがぐぐっと明るい雰囲気になるから、花の力は偉大ですね。
老若男女問わず喜ばれるし。Aからも予想以上のリアクションをもらいました。


明けて今日、10月1日。朝、市場に買い出しに行こうとアパートの玄関を
自転車で出たらハラハラ~と葉っぱが落ちてきました。

見上げるとつい最近まで青かった(と思ってた)葉っぱが結構色づいてる!

FxCam_1317451690694.jpg

FxCam_1317451571660.jpg

あれ?いつの間に?ってびっくりしました。

で、いつものカメラを取りに戻って、自転車をしまって歩いて市場に行くことにしました。
秋はどこだ~っと探しつつ。

019_20111001235119.jpg
赤い実。
実を見ると「これ食べられるのかな。ナレフカになるかな」とすぐ考えるように
なってしまった最近の私。これは食べられそうにないですね。

市場の帰り道に見つけたのがこれ↓

011_20111001233800.jpg
(一瞬きのこにも見えますが)栗!左のは栗のいがです。
ハリネズミみたい。日本のとは違いますね。
日本のイガのほうが頭に当たったら何倍も痛そうです。

ちなみにこれが栗の木。
006_20111002014313.jpg
ちょっと見づらいのですが、写真のちょうど真ん中あたりに緑のまるいもの、
見えますか?
それがまだ落ちてこない、緑のイガに包まれた栗の実です。
そうそう、ポーランドの栗は食べられないらしいです。残念。

栗の写真を撮るために、道にしゃがんで地面すれすれにカメラを構えていたら
ちょうど学校の生徒さんがやってきて
「何してるのかと思った!後ろから見たら怪しかった」と
言われてしまいました(笑)。


これからどんどん木々の葉が色づいて、秋らしい景色が見られそうです、ポーランド。
日本はどうですか?

013_20111001235120.jpg


ポーランドにも男性の日だけではなく、
「女性の日(Dzień Kobiet)」があります(3月8日)。
男性が女性にお花を送るのが一般的なようです。
今年は日本に帰っていたので何もなかったけれど、来年は私もお花、もらえるかしら。

スポンサーサイト

ポーランド | trackback(0) | comment(6) |


<<くるみがお好きでしょ-胡桃ゆべし- | TOP | 胡桃の収穫>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

男性の日なんてあったんだね・・・・
知らなかった。。女性の日はもちろん知ってたんだけど。もらうことばかり考えていたらダメだね。
来年は覚えておこう。
クリはね、たぶん栗じゃなくてマロニエ(西洋トチノキ)だよ。実が、マロンに似てるからマロニエ
って名前になったんだと思う。栃餅ができるかな・・春は花が三角形にさいて綺麗な樹だよ。

2011/10/02 21:41 | SLOW ART [ 編集 ]


秋ですね! 

お仕事の担当クラスが増えて、良かったですね!!
3クラス増えるとだいぶ違いますもんね。
これからも少しずつ積み重ねていけるといいですね!

くるみの日、知らなかったです。
ほんと、受験生の年号暗記の語呂合わせみたいだけど、かわいらしいですね。

ogrodさん、えらーい!!
ちゃんと男性の日をお祝いしたのですね!!
お世話になっている男性皆さんに、というところが、とってもodrodさんらしいです。
Aさんへのプレゼント、素敵な花束!Aさんも感激していらっしゃったでしょうね(^^)
よく見かける緑のかわいらしい菊のような花は、ピンポンマムという名前なんですね。知らなかったです。
それにしても、このフラワーアレンジメントが10PLN?!いいお買い物でしたね。

私は直前に思い出して、でも、女性の日をちゃんと祝ってもらったこともないからということで、素通りしました(笑)

あちこちに小さい秋が見られますね。
ははは、しゃがんでカシタンキ激写の瞬間を生徒さんに見つかったとは(笑)

SLOWARTさんのコメントを拝見して、びっくりしました!
色も形も似ているし、カシタンキ=栗と思い込んでいたんですが、カシタンキってマロニエの実だったのですね!カシタンキの成る木とマロニエの木が同じものだということさえ、今まで気付きませんでした・・・(^^;勉強になりました!

2011/10/03 16:27 | ちぇこらどか [ 編集 ]


 

男性の日!教えてもらわなかったら完全スルーでした(笑)ありがとー♪
食べれない栗みたいな実。週末広場に拾いに行ってきましたー!
ベッドに入れておくと健康?に良い?言い伝え的なのがあるみたいで。部屋に飾っても可愛らしいけど、栗が食べたくなってくる(笑)

2011/10/03 17:30 | EliilE [ 編集 ]


 

> SLOW ARTちゃん

そうそう、なぜか男性のイベントって軽く扱われがちなのよね、悲しいことに(笑)
SLOW ARTちゃんはいつもおいしいご飯を作ったり、お菓子つくったりしてるから十分よ:)

これ、栗じゃないんだね?!
でもさ、ばったり会った生徒さんもKasztan(栗)って言ってたんだけどなあ。
ポーランドで栗と言ったらマロニエのことになるのかな?
ちゃんと覚えていて、来年花が咲くころに今度は花を観察しに行こうっと!


2011/10/03 22:51 | ogrod [ 編集 ]


 

> ちぇこらどかさん
ピンポンマムは、以前働いていた船で「パーティーに付けられるコサージュを作ろう」って
いう手芸教室があって、そのときに使った花のひとつだったんです。
日本人のお客様には「これ、菊じゃないの!」ってあんまり評判がよくなかったんですけどね…(笑)
ポーランド人は菊に悪いイメージ(葬祭のイメージ)はないみたいですね。

マロニエ、気になって調べたら「食用として栗やドングリ同様親しまれている」ってありました。
ってことは食べようと思ったらいけるのかしら?!どんぐりは小学生の時にキャンプで
ドングリクッキーを作った記憶があるのだけど、同じようにマロニエも食べられるのかも。
食いしん坊としては気になるところです。

2011/10/03 22:59 | ogrod [ 編集 ]


 

> EliilEさん
EliilEさんも、旦那様にお花プレゼントしましたか?
びっくり&よろこんでくれたんじゃないかな?;)

ベッドに入れると健康に良いという言い伝え、全然知らなかったです!
私は拾ってきた栗を男性の日に買ったフラワーアレンジメントのなかに混ぜて飾ったんだけど、
今夜からはベッドに移そうかしら(笑)

日本の焼き甘栗+緑茶…想像するだけでうっとり~:)♪

2011/10/04 01:58 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/98-f8a7e08d

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。