--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/29 (Mon) そろそろ新学期!

 先週の土曜日、住んでいる町のショッピングモールで
「Powrót do szkoły!」=「学校へ戻ろう!」というイベントがありました。

もうすぐ夏休みも終わり。9月から新学期が始まる子供たちのためのイベントです。
会場にはステージが設けられて、小さい子向けに交通安全の指導をしたり、
理科の実験をしたりと、午後いっぱい家族連れで賑わっていました。


FxCam_1314456831065.jpg
交通安全指導
「自転車に乗るときのルール」、「夜道を歩く時の注意点」、
「酔っ払い運転から身を守るには」(←これ、ものすごくポーランドらしい!!笑)
など、パワフルなおばちゃんが小芝居を交えつつ面白おかしく教えていました。


FxCam_1314454424652.jpg
科学(化学)実験
ヘリウム実験、空気圧の実験など。子供たち、釘付けです。
大人の私が見ても、興味深い!


FxCam_1314454533151.jpg
ちゃんとゴーグルを付けてなかなかの重装備です。



 私の勤める日本語文化センターICHIGOもその一角で書道(kaligrafia)と
折り紙(ポーランド語でもそのままorigamiです)コーナーを開きました。
3歳くらい~小学生の子たちが親御さんと一緒に遊びに来てくれました。

FxCam_1314452572877.jpg

FxCam_1314453778047.jpg
折り紙はポーランドの学校でもやることがあるようで、
小学生の子たちは結構器用に折っていました。
就学前の小さい子も、簡単ないぬやうさぎ、さかなに挑戦。


FxCam_1314452719546.jpg
この男の子(だぶん5歳くらい!)はyoutubeで見て自分で折り紙を覚えたそうです。
竜や立体的なチューリップなど、難しい作品を上手に折っていました。
私は小さいころ折り紙が苦手で、保育園でやるときみんなについていけなくて
ベソをかいていたクチなので、折り紙ができる器用な子を見ると
心からすごい!と感心してしまいます…


書道は、日本人のKさんと私で、来た人の名前を基本はカタカナで、
希望があれば漢字で筆書きをする、という趣旨で行いました。
こちらは子供だけではなく大人の人にも人気でした。

何度も戻ってきて家族の分も書いてもらうひと、
タトゥーのように腕や足に書いて欲しいという人。
二人で100人分くらいの名前を書いたでしょうか。

FxCam_1314454673229.jpg
腕に書いて、と言ってきたおじさん、ロマンさん。

ポーランド人の名前はキリスト教の聖人からとっているものがほとんどなので、
かぶることが多く、バラエティに乏しいとこれまで思っていたのですが、
今回いくつか今まで聞いたことのない面白い名前にであいました。

Zdzisława(ヅジスワヴァ 短くすると→Zsiaズシャ)
Ingarda (インガルダ→Igaイガ)
Konstancja(コンスタンツィア→Kosiaコシャ)
など。

ポーランドの人の名前に漢字を充てるのって、結構難しいのです。
こちらでポピュラーな名前には、濁音が多いので適当な漢字を探すのに苦労します。
グジェゴジュ、アグニェシュカ、マウゴジャタ…。
清音のもので、比較的簡単に思いついたとしても、
「どういう意味?」と聞かれたときに答えるのに困ったり。
例えば、アネタ=姉多としたら、「お姉さんがたくさん、って意味です」って…
なんだか決まりません・笑 

いちど、バルバラ(こちらではかなりポピュラーな名前)というおばあさんが来て
「“バシャ“(バルバラを短く言うとバシャになる)と漢字で書いて欲しい」
と言ってきました。

期待を込めた目で手元を見つめられて、早く書かなきゃー、と思ったものの、
「バ」「シャ」という漢字でいいものがなかなかうかびません。
場、捨…これじゃ変だし…うーん。。。
で、ひねり出した(というか頭に一度浮かんで、離れなくなったのです)のが、


馬 車。


ポーランドのみなさん、日本のみなさん、すみません…。
当のバシャさんはとりわけ「馬」という字がお気に召したようで、
「piękny!(美しい!)」を連発。
申し訳ない気持ちになりつつ書き終えると、満足そうに紙を手に去っていきました。
その後、バシャという人が来るたびにKさんと笑いをこらえつつ書く羽目になりました。
この先、あのおばあさんが日本人に会って、
馬車の意味を尋ねてガッカリしないことを願うのみです…


 9月からは、日本語学校でも新学期が始まります。
新しい生徒さんたちも集まってきているようだし、
クラスの再編成も行って生徒さんの顔ぶれも変わると思うので
私も新たな気持ちで臨もうと思います。



おまけ↓

FxCam_1314525522457.jpg
モティカ母が隣町から遊びに来てくれたので、
漢字で孫二人の名前を書いてあげました。
右の「家礼宮朱」は隣にあるように
「イェレミャシュ」(なんか、神社のお札みたいですね)。
左はさて、何と読むでしょう?

答え…トビアシュです。
案外簡単に読め…ませんか? 漢字の面白さを再認識した一日でした。

スポンサーサイト

日本語 | trackback(0) | comment(8) |


<<とれたてはちみつ、あります | TOP | きゅうりの塩漬け-Ogróki Kiszone->>

comment











管理人のみ閲覧OK


tatto 

ウケるんだけど~馬車!でもいいなぁ日本文化がそこまで珍しく思われる環境…済んでて思うけどハワイはアジア。
タトゥーはこっちの文化だから意味があってポリネシア系の模様とかならわかるんだけど、漢字入れてる人もゴロゴロいるし。特に日系だと名字とかね。この前海で超ロコなおっちゃんの足に”ナカハラ”って入ってたし。あ、中原さんね…みたいなw
またある時は若者の腕に”保護者”って入ってるし。意味不明w みんなちゃんと意味考えて体傷つけようね。っての。

2011/08/30 06:21 | おじゅん。 [ 編集 ]


 

トマシュはね斗真修にしてるよw
真に闘って学問を修める。悪く無いでしょ;)
この間郵便配達のおじさんが、名前漢字で書いて欲しいって言うからこっちは桜 露鳩(ロベルト ヴィシニフスキ)にしたよ。当て字も想像力必要だよね・・

2011/08/30 15:37 | SLOW ART [ 編集 ]


 

こんにちは!!
素敵なイベントが開催されていたのですね。
私も友人になったポーランド人は
『自分の名前を漢字で書いてと』頼まれます。
これが結構難しく出来るだけ漢字の意味を
考えながら使おうとするから…(>_<)

2011/08/30 17:16 | りくなも [ 編集 ]


 

>おじゅん。さん
ナカハラさん、名刺代わりですねwそして保護者(爆)!
画数が多いとかっこいい、っていう認識なのかなあ。
以前私はオーストラリアで「愛人」っていうのを見ましたよ…。
見た目重視もいいけど、Tシャツでも時々オイオイ、っていうのを見かけますが、タトゥーは一生もの。意味を考えて彫っておくれ~!と言いたくなりますね。
日本文化(日本人)が珍しい=異端視されることもままある、ってことです。全体的には好意的な人が多いですけどね。ハワイはなんでも受け入れるよ!っていうおおらかさがあるんじゃないでしょうか;)




>SLOWARTちゃん
トマシュさん、なんか日本人にもいそうな感じになったね:) 
桜さんもいい!ポ語の意味でいくと、モティカ家は「鍬さん」だw

でもどうしてかね、かたちや意味が綺麗な字で、と思うとどんどんヤンキーっぽくなるという…w
今度やるなら、あらかじめポピュラーな名前に充てる漢字をピックアップしていこうと思った次第です。




>りくなもさん
漢字はただのアルファベットとは違い、それぞれ意味があるから余計難しいですよね。
りくなもさんは漢字を充ててあげた友人の方の名前で「これよくできた!」っていうものはありますか?

このイベント、改めて日本のひらがな、カタカナ、漢字の魅力を発見する良い機会になりました。
それをポーランドの人に伝えられるのは嬉しいことですね。

2011/08/30 19:33 | ogrod [ 編集 ]


 

再びこんばんは!!
先日の私の記事で 杖1本で浮かぶお方の事なんですが
今日『世界の果てまでいってQ』を見ていたら
インドに同じ様な方がいらっしゃいました!!!
その時種明かしもしていて杖を持っている所から
くっ付いている椅子が…(男性はそれに座っている)
それを袖の服で隠していました。
因みに杖の下に絨毯の下にも何かあるようです。
(全く同じかどうかはわかりませんが)

それと私はダミアンさんと言う方には
『大魅安』としました(^^)

2011/09/05 05:47 | りくなも [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

>りくなもさん
種明かし、ありがとうございます!
杖から椅子…うーん本当に何もない感じだったんですけどねえ…。
今度見かけたらさらにじっくり観察してみます!!

ダミアンさん、いいですね♪これなら意味を知っても喜んでもらえそうです;)
私はまだ「これ傑作!」っていうのをひねり出せてないです。今度こそは…!(笑)

2011/09/05 17:49 | ogrod [ 編集 ]


 

旅先のベルギーで出会った子供たちに、彼らの名前や彼らが好きなアイドルの名前を腕やらおでこ(笑)やらに書いてくれと、せがまれたのを思い出しました。ポーランドでクレジットのレシートに漢字でサインした時、女の子がWowって顔してて可愛かったですね。

2012/11/08 12:39 | しずか [ 編集 ]


 

>しずかさん
ベルギーの子供たちかわいらしい!
ヨーロッパの人には漢字がエキゾチックで魅力的に見えるみたいですね:)
日本語学校の学生さんたちはひらがなも丸みがあって美しい、と言います。
カタカナはどれも似ていて覚えづらいためか人気がないのですが(笑)

2012/11/08 16:46 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/90-4f67eb96

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。