--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/25 (Thu) きゅうりの塩漬け-Ogróki Kiszone-

ポーランドの人々は、長い冬に備えて、夏から秋にかけて、せっせと保存食作りに励みます。

私が今ハマっているナレフカ(果実酒)や旬の果物を使ったジャムもそうですし、
野菜のピクルスもパプリカにインゲン豆、ズッキーニにトマトなどたくさんの種類があります。

ナレフカを作らないポーランド人家庭はあっても
これを作らない家庭はないんじゃないか、というほどポピュラーな保存食が
きゅうりの塩漬け(オグルキ・キショネ Ogróki Kiszone)

酢漬けではなく塩漬けなのであっさりしていて食べやすい。
子供から大人までみんなに親しまれている保存食です。
日本でいえば、浅漬けのようなかんじでしょうか。
そのままポリポリかじっても、サラダにしても、
刻んでゆで卵とマヨネーズとあえてタルタルソース風にしても美味しい
オグルキ・キショネ。作りかたはいたってシンプルです。

材料は

032_20110825055728.jpg
きゅうり。
日本のきゅうりのように長いものではなく(そのタイプもありますが太くて
皮が厚くてむかない)短いタイプのころんとしたきゅうり。


029_20110825055728.jpg
にんにくと西洋わさび(奥)

そして大事なのが

027_20110825055728.jpg
ディル(ポーランド語・koperek)。
せり科のハーブです


030_20110825055728.jpg

今の時期、市場に行けばすべての材料がいっぺんに手に入ります。

すべての材料をよく洗ってきれいにしたら

034_20110825055728.jpg
大きめの容器の底に適当な大きさにしたディル、にんにく、西洋わさびを入れ


037_20110825070545.jpg

039_20110825070545.jpg
上にきゅうりを置きます

そのうえにふたたびディル、にんにく、西洋わさび→きゅうり と重ねます。
これを数回繰り返し、


041_20110825070545.jpg

すべてのきゅうりを入れたら

047.jpg
最後にディル、にんにく、西洋わさびで覆います


049.jpg
下準備完成。

ここまできたらもうひと息!

お湯を沸かし、そこに塩を加え、塩水を作ります。
水1ℓに対し、塩はカレースプーン1杯。
塩水が準備できたら、準備したきゅうりの鍋に



055_20110825065033.jpg
一気にそそぐ!
きゅうりやディルが浮いてこないようにお皿などで重石をしてから注ぎます。


057_20110825065033.jpg
ごらんのとおり、塩水は熱々のまま注いでます。
でもこれ、早く漬からせるためなので、普通の時は少し冷めてから注ぐようです。

あとは重石をしたまま、冷暗所において待つのみ。

059_20110825065033.jpg
今回、モティカ家では先週作ったのを食べつくしてしまい、急遽必要だったので
こんなふうに漬け汁にパンを数切れ入れました。こうすると、早く発酵が進むとか。

浅漬けの状態なら3日目くらいから食べられます。
時間が経つと発酵が進んでだんだん酸っぱくなってきます。
私はまだ浅漬けの状態をぽりぽりかじるのが好きです。

すぐに食べるぶんはこうやって大きな鍋で、
保存用は煮沸消毒した瓶に入れて作ります。
塩水を注いで蓋をした後、瓶を熱湯の中に入れて5分ほど加熱(ジャムと同じ)。
こうやって夏の間にたくさんつくって置いておいて、
冬の間、春を待ちながら少しずつ食べるのです。



日本のきゅうりはポーランドのより細いので
この塩漬けにするのにも適していると思います。
問題はディルと西洋わさびが手に入るかですが…
都会の大きめのスーパーなら置いているかもしれませんね。
もし機会があれば、ポーランド流浅漬け、お試しあれー!

ちなみに、オグルキ・キショネの漬け汁は、ビタミンたっぷりで、二日酔いにも
効果てきめんなんだそう。きゅうりがしっかり漬かった後の水は、
にんにくがきいていて美味しくて、いつもごくごく飲んでいます。

スポンサーサイト

Kuchnia Polska | trackback(0) | comment(4) |


<<そろそろ新学期! | TOP | I want to ride my bicycle -Bicycle Trip->>

comment











管理人のみ閲覧OK


保存食? 

 というわけではないのだろうけど、
 長持ちするのかな。
 今、日本では地震の影響もあって、保存食に興味がある方が急増中ですよ。
 
 私はまだ買ったことがないのだけど、乾パンだけど、すぐ食べちゃいたいくらい美味しいものとか。
 賞味期限が長いから買っておいたとか。

 漬物は自分で作れるし、いいのかもね~。
 
 旅行行きたいな~。

2011/08/25 22:06 | きゃな [ 編集 ]


 

>きゃな
これが意外と長持ちするんだなー。瓶に詰めた後にもう一度熱湯で加熱することが大事なんだけどね。
たくさん作って冬の間ちびちび食べるよ。

日本では防災グッズがよく売れてるみたいだね。乾パンかあ~。
むかーし食べた、胡麻入りのやつが美味しかった(笑)けど、今はもっと進化してそうだね。

旅行に出るなら、ぜひ、ポーランドへ!!!

2011/08/26 05:44 | ogrod [ 編集 ]


 

こんにちは!

ポーランドの家庭では欠かせない保存食ですよね。
私はいつもビン詰めの手作りを頂いているので
作り方は全然知りませんでした。。。。。
この様に作るんですね。
私もいつか自分んで作れる日が来るといいなぁ

2011/08/26 16:01 | りくなも [ 編集 ]


 

>りくなもさん
材料さえ揃えば、すぐにできるのでぜひ作ってみてください♪
いつもくださる方がいらっしゃるなら、その方に聞いて一緒に作ってみるのもいいかもしれませんね!
家庭によって微妙にレシピがちがうようですので(なかには黒こしょうを入れたりする家庭もあるそうです)。
自分で漬けたオグルキ・キショネの味は格別ですよー;)

2011/08/26 20:02 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/89-97b38288

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。