--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/09 (Mon) ジャパニーズサービス?

ポーランドに暮らしていると、「"サービス"って…なんだっけ?」と思うことが
しばしばあります。

インターネットでベッド用のマットレスを購入したら、
配達業者がアパートの入口に置いて帰ってしまったり(うちはエレベーターなしの
3階なのに!どうやって一人でばかでかいマットを運べっていうんじゃ~)、
閉店30分前のお肉屋さんに行って、ひき肉を買おうと頼んだら
(その場でかたまりからお肉を挽いてくれます)、
「今店じまいの準備始めちゃって、今から肉を挽くのはめんどくさいから
明日また来て」とさらっと言われたり…
この国には"サービス"という言葉が存在しないんですかー?
と皮肉りたくなることもたびたび。
まあこうやって日々、鍛えられていくのですけどね。


で、国がかわって日本。
今回、母の日用にインターネットショップで夏用のストールを注文したんです。
母の日当日に届けてもらうべく、日付指定をして。
注文完了のボタンを押したあとに日付だけじゃなく配達時間の指定もできたということに気づいて、どうせならお昼過ぎの明るいうちに届けてもらいたいな、と
そのショップのカスタマーサービス専用のメールアドレスに配達時間指定の
追加依頼のメールをおくりました。
注文主の私は海外在住のため、注文時のフォームに記入したケータイ番号は私のものではなく、受け取り主の母本人のものであること、
母には当日まで知らせたくないので品物についての事前連絡は電話でなく、
このメールにほしい旨も付け加えました。

すると担当の方から
「日時指定でのお届け、承りました。お届けまで、今しばらくお待ちください」
という内容のメールがすぐに届きました。
さすが仕事早いな~、と感心しつつメールを最後まで読むと
メールの最後に「追伸」が。


※追伸※
先日、春キャベツでロールキャベツを作りました。
茎の部分も溶けそうに柔らかく、その出来栄えに自画自賛してます!

(原文ママ)


あれ、私この担当の人(Uさん)と友達だったっけ??

メール本文の内容はしっかりした「業務メール」だったので、
この追伸のくだけっぷりというかプライベート丸出しっぷりに
面食らってしまいました。

これが
「来たる父の日にもぴったりのアイテムが続々と入荷しております。
当社のホームページで父の日特集を予定しておりますので、
こちらもぜひご覧ください」とかそういう内容ならわかるんですが、
ロールキャベツの出来に自画自賛って!
いやーできることならご馳走になりたいですけど…。


あまりにも面白かったので、
「ご連絡ありがとうございます。母の日当日に届けていただけるのを
楽しみにしております。よろしくお願いいたします。」と返信し、
そのメールに私も「追伸」を入れてみました。
そちらが春キャベツという旬ものでくるならこちらもそれに対抗して!と思い、

「追伸:私の住んでいるヨーロッパではそろそろ市場にイチゴがではじめる頃です。
こちらの人はキロ単位で買って、ジャムにしたりいちごケーキを焼いたりして
楽しむようです。」


と季節感を意識(笑)。


母の日当日、品物は指定通り母のもとに届いたとのこと。
そして翌日の今日、同じ担当の方から再度メールが。
「ご注文の品は無事に届きましたでしょうか?」という確認メールですが、
お客様サポートセンターのUさん、しっかり私の追伸に反応してくれました。


「欧州の方は、イチゴをキロ単位で購入されるとの事、
日本との感覚の違いに驚きました!
ヨーロッパ旅行好きの友人にも教えてあげようと思います。」




こういうのも、きめ細かい日本のサービスのひとつと言えるのでしょうか。
たしかに、父の日用のプレゼントもこのショップから買おうかな~
という気になっているので、この会社の方針は間違っていないのかな、とは思いますが…。


ポーランドのぶっきらぼうさにたびたび 「なんで~?!商売でしょ~が!!!」
とつっこみたくなる日々において、なかなか印象的な出来事でした。


ちなみに私が利用したこのインターネットショップは
「日本オンラインショッピング大賞 最優秀大規模サイト賞」
「Yahoo!ショッピング ベストストア 3年連続 カスタマーケア賞」を受賞しているそうです。
HP↓
http://www.rakuten.ne.jp/gold/angers/

スポンサーサイト

つれづれ | trackback(0) | comment(9) |


<<セルフ支援物資到着! | TOP | チェチェゴマヤとクルスキ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

す、すごすぎる、、、。
わたくしも、NYに来てからは何時も日本のサービスが恋しくなります。

2011/05/10 13:21 | tak [ 編集 ]


 

サービスを受けるのであれば日本!自分がするのであればポーランド・・のほうがラクチンでいいかなぁw

2011/05/10 16:00 | SLOWART [ 編集 ]


 

マットレスの話、すごいですね~。って、誰かが持っていってしまうこともあるのでは?
海外でサービスを求めるのは難しいですよね~。だから、日本に帰るといつも「有難い、有難い」と腰が低くなる(笑)
メールでの対応も、担当の方自身がきっと楽しんでいるのでしょうね。嬉しそうに商品を紹介されると、ついつい…
今年は母の日すっかり忘れてました。しまった!

2011/05/10 16:24 | kojisato [ 編集 ]


 

>takさん
NYのサービスも合理的で素早いイメージがありますけど、日本の「かゆいところに手が届く」サービスは世界でもトップレベルなんでしょうね。
今日またUさんから「またのご利用を心よりお待ちしております」メールが届きました…
父の日も利用するっきゃないですね;)




>SLOWARTさん
激しく同意~!!w




>kojisatoさん
マットレスは、いちおうアパート入口の呼び鈴を鳴らして、階下で受け取りのサインをするんですよ。で、サインをしたら「ハイ、さよなら~」!
「1人じゃ運べないので運んでくれませんか?」と聞いても「Nie!」と言って去って行きました…。
ふう~。

母の日が終わったらすぐに父の日がやってきますね。この際中間をとって合わせて「父母の日」にしてみてはいかがでしょう:)


2011/05/11 07:41 | ogrod [ 編集 ]


 

なばす

2011/05/13 18:21 | s [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/05/16 20:58 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/05/16 20:58 | [ 編集 ]


ポーランド人のサービス精神 

こんにちは。
ポーランドは、お客さんを特別扱いしないところが多いですよね。店員さんと対等(笑)みたいな感じで、お客さんだから ぺこぺこしたり特別に丁寧にしたりという感覚がないんだなぁと思います。友達には親切なのに。

でも、ポーランド人の旦那さんによれば、最近はだんだんみんな金銭的にも豊かになって精神的にも余裕ができて サービスもよくなってきているらしいですが。。

今後ポーランドに移住するので、その頃には もっとよくなっているといいなぁと思っています。

2011/05/20 14:30 | YURATA [ 編集 ]


 

>YURATAさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

たしかに、ポーランドには日本のような「お客様は神様!」っていう考えがない印象を受けますね。無駄な愛想は振り撒かない、というか(笑)。
でも店員さんが必要以上に話しかけてこない放任接客(?)ゆえ、ひとりで洋服をみている時なんかは買い物しやすいんですよね。

YURATAさんの旦那さまのおっしゃる通り、ここ数年でポーランド人の生活の質も、考え方も変わってきているようですね。ポーランドはこれから先が楽しみな国といえるのかもしれません;)
どんどんハイテク化していっても、今の素朴なところは変わらずにいてほしいなーと思う日々です。

2011/05/20 22:04 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/68-942c12d8

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。