--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/02/28 (Mon) 太巻き祭り寿司づくり

「太巻き祭り寿司」って知っていますか?

金太郎飴のように切り口が絵柄や文字になるようにつくられる太巻きの一種で、
千葉県の房総半島の郷土料理です。
房総は米と海苔の名産地(千葉のこしひかりと、木更津の海苔は絶品!)
だということと、大きな漁場があることから発展し、
その華やかさから冠婚葬祭のご馳走として食べられています。

日曜日、近所でこの太巻き祭り寿司の作り方教室が開かれるということで、
母と地元の友人と3人で参加してきました。

会場となったのは…

002_20110227232321.jpg
この写真で見当がつくでしょうか?

ナ、ナント、「葬儀場」!!!
ちゃんと祭り寿司用の提灯が下がっていました!
葬儀場でお料理教室…シュールすぎる…(笑)


会場(ふだん葬儀が行われるホール!)に集まったのは
子供やおばちゃんたち総勢20名ほど。
この日作るのは「桃」と「満開の桜」の2種類の祭り寿司です。

004_20110227232321.jpg
寿司飯はミツカンから出ている「花おすしの素」という梅味の粉で桃色に色付け
こんなものがあるなんて、知らなかったなあ。

まずは先生のデモンストレーションを見学します。
桃のお寿司から。これは海苔巻きサイズです。

012_20110227233338.jpg
海苔、白い寿司飯、海苔に紅生姜と桜デンブを重ねます


022_20110227233334.jpg
桃色寿司飯と白酢飯、茶と緑色の干瓢を添えて桃の形にします


024_20110227233334.jpg
巻きすでしっかり巻いて形を整えます

先生の作業の手早いこと!
写真を撮りつつ感心していたらあっという間にデモンストレーション終了。
いよいよ各自で作り始めます。

先生はさらっとやっていたけれど、ご飯の分量や干瓢の位置など、けっこう難しい。
まわってくる先生をつかまえてチェックしてもらいながらなんとか巻き終わりました。

030_20110227233339.jpg
ん??ちゃんと桃になるの??


切ってみたら…

029_20110227233338.jpg
ですね!



続いては、「満開の桜」。今度は外側を海苔ではなく、卵焼きで巻きます。
材料は「桃」よりも少なく、白とピンクの寿司飯に卵焼き・海苔・干瓢のみですが、
桜の幹の部分を別に作っておいて途中で挟みこんだり、
花部分を片側ずつ作ったりと行程はより複雑です。
ご飯もたくさん使うので、かなり太くて巻くのもひと苦労。

先生のデモンストレーションをしっかり見ていたはずなのに、
いざ自分で作り始めたら、手順をさっぱり覚えてない~(笑)
先生に助けを求めつつ、母と友人、となりのおばちゃんと
ああだこうだといいながらとりあえずかたちになりました。
太さはかなりのもので、太めの恵方巻きくらいです。

061_20110227232818.jpg
この真ん中の海苔に包まれた干瓢が木の幹部分


062_20110227233000.jpg
一見、ロールケーキみたい
ずっしり重い


057_20110227233000.jpg
緊張の一瞬!どんなふうになってるかな…


059_20110227232819.jpg
おお!咲いてる!誰が何と言おうと(笑)


071_20110227232818.jpg
出来上がった祭り寿司 なんとかかたちにはなったかな?


先生は私たちが作っている最中に新たに別の柄を作っていました。

076_20110227232320.jpg
難易度がさらに高そうです

できたのは

078_20110227232319.jpg
「もみじ」

082_20110227232319.jpg
「さざえ」

このほかにも「寿」といった文字や、バラや蝶々、
はてはアンパンマンなどのキャラクターものまで
柄はアイデア次第で無限に広がるそうです。
普通の太巻き寿司よりもご飯の量が多く中に入る材料が少ないため、
味が単調なことと、すぐにお腹がいっぱいになってしまうのがネックですが、
見た目は華やかで楽しいので、ぜひバリエーションを増やして
この先ポーランドでも紹介できたらいいなと思いました。
来年の自分の誕生日はこれでいこうかな。
干瓢には抵抗がありそうだから、お醤油と砂糖で甘辛く煮た鶏そぼろがいいかも、
ご飯はカレー味とかでもいいなあ、なんて考えています。


地元の郷土料理を知ることができた楽しい日曜の午後でした。


おまけ
086.jpg
参加していたおばちゃんたちの写真を撮ってあげたら、
お礼に手づくりのニットバッジをいただきました

早いとこ写真を送って差し上げなくては。

スポンサーサイト

イベント | trackback(0) | comment(0) |


<<おひさしぶり | TOP | 春一番>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/53-5f9584c7

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。