--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/04/14 (Thu) 男の子と女の子

週に一度の大学病院での妊婦検診に行ってきました。

先週撮って、今日結果が出ているはずだったMRI検査はまさかのやり直し…!前回膀胱に充分水がたまっていなかったとかで、
水をしっかり飲んでから再度受けることに(前回、検査前に検査技師の人に「トイレに行かないほうがいいですか?」って
確認したのに~~~。「行ってきていいわよ」ってあっさり言われた)。
本来なら9月末まで予約がいっぱい、といいつつも待ち時間15分弱で優先的に再検査してもらえてホッとしました。
でも結果が出るのは来週以降とのこと。ま、なかなかスムーズにいかないのは仕方ないですね。

今日も医学生達に囲まれての検診でした。高リスク妊婦ということで、いい見本?になってるみたいです(笑)、私の身体。
今日は私も学生さん達と一緒にエコー画面をのぞいて、子宮口や胎盤の様子を先生の説明とともにしっかり確認してきました。

結果、やはり私は前置胎盤、それも一番酷いレベルの子宮口を完全に胎盤が覆ってしまっている「全前置胎盤」のようです。
さらに、MRI結果はまだですが、エコーで見る限り膀胱にもかなり胎盤組織が浸食・癒着しているとのこと。
ふつう、前置胎盤の8割は30週くらいまでに子宮の成長とともに胎盤の位置が上がっていくことで治るらしいのですが、
私の胎盤は子宮壁とその外の膀胱にくっついてしまっているので、今後上がる可能性はないみたいです…。

でも胎盤状態の他はお腹の子は元気にすくすく育っているし、血液検査も尿検査の結果も良好ということで、
「前置&癒着胎盤さえなければ、優良妊婦よ!」と先生に太鼓判をおしてもらいました ;)
これも周りの家族のサポートがあって、家で落ち着いた安静生活を送れているからこそです。ありがたや。
状態がよかったので、来週の検診はスキップして、2週間後にまた様子を見ましょうね、とのことでした。
管理入院開始も、この調子なら当初言われていた5月あたまから5月半ばまで引っ張れそうだね、と言われました!
病院に入れば安心だけど、Aやチビと少しでも長く家で過ごせるのはやっぱり嬉しいです。
なんとかこのままいけるといいな~。

さて、今日は胎盤の話ばかりじゃなくて、ちょっと明るい話題を。
お腹の子の性別についてです。

性別については、私は前回も今回もごく初期から確信を持っていました。なぜかは説明できないのだけど…いわゆる母の勘、というやつでしょうか?(まあそう言っても二分の一の確率ですけどね(^_^;))

チビの時は既に妊娠する前から「一人目は絶対男の子!」と思っていました。Aは女の子だったらいいなあーと言っていたのですが、私は「いや、申し訳ないけどこの子は男の子だよ。」と言い張っていて、16週(妊娠5ヵ月)に入った時のエコー検査でバッチリ男の子のシンボルが確認できました。

今回は妊娠がわかった時から女の子のような気がしていました。周りからも初期から「今度は女の子っぽいよね」と言われつづけていて、二回目の胎児ドッグを受けた20週(妊娠6ヵ月初め)で女の子確定をもらいました。
周りの人達は、女の子のほうが生命力が強いというから、母体トラブル続きの中でも頑張って育ってるから女の子じゃないか、って思っていたみたいです。
それと、面白いことにポーランドでは「女の子はお腹の中でお母さんの美しさを奪う」って言われているのです。ホントかどうかはわかりませんが、女の子妊娠中はつわりが酷かったり、肌トラブル、むくみなどお母さんの身体に不調がでやすいんだとか。今の私は見目麗しい妊婦とは程遠いので、周りのみんなも女の子だと思ったのかも(笑)(それにチビの時は今より3歳若かったよー!!!)

もちろん、性別よりも元気に生まれて来てくれることが何より大切なのですが、自分自身が兄がいてすごく良かったので、チビと生まれて来る子も私達のように仲のいい兄妹になるといいなあと思っています。
(私達は二卵生双生児ですが、両親は「兄と妹」として育てたので、私の意識の上では自分は「妹」です。これまで兄を名前で呼び捨てにしたこともなくて、常に「お兄ちゃん」「お兄」と呼んできました)
チビ本人は2歳半離れた今年5歳の甥っ子のことが大好きで、モティカ家ではまるで兄弟のような扱いなので、お兄ちゃん二人と妹、って感じになるのかなあと想像しています。
チビはお腹の子の性別はどっちでもいいみたいですが(「男の子と女の子、どっちがいい?」と聞くと「赤ちゃんがいい!」と答えます)、甥っ子には先日、「チョチャ、今度は女の子産んでね。もう男はうるさくてうんざりだから」と言われてしまいました(笑)。確かに今モティカ家はこれまで17歳、5歳(甥っ子ふたり)2歳(チビ)と男子続きなので、今回が初の女児誕生となります。モティカ父母も日本の両親も、元気であればなんでもよし!と言ってはいますが、買い物に出かける度に女の子の洋服を見たりと楽しみにしてくれているみたいです。

13020073_10208521037159312_868995850_n.jpg
新生児時期の洋服も少しずつ揃え始めました。日本の母が送ってくれたもの、そしてポーランドのベビー服ネットショップで私が購入したもの。

お腹の子の名前も、ポーランド名はもう決定しています。長くなるので、名前の話はまた今度。

おまけ↓

学生の頃によく聞いていた京都出身のバンド「くるり」の曲『男の子と女の子』

曲半ばの「小学生くらいの~」という歌詞を聞くたび、もう少し大きくなった甥っ子とチビ 対 生まれてくる子 を想像しています。男の子達の世界って、どうしても女の子には入れないエネルギーがあるんですよね。(おバカのエネルギーとでもいうのかな(笑))
今でもAとチビに「これは"男同士の問題"だからさ。ママはあっち行ってて」と時々仲間はずれにされている私です:)

スポンサーサイト

ポーランドで妊娠・出産(その2) | trackback(0) | comment(8) |


<<ぼちぼち入院準備 | TOP | 気になる野菜 その2 czosnek niedźwiedzi(熊のにんにく) >>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

拍手のほうにコメントしてしまったので改めてこちらに残します。重複してすみません。

女の子なんですね~たのしみですね!

うちはogrodさんとは反対で、義兄も実兄も娘がふたりなんで、息子はやっと生まれたおとこのこでした~

個人差もあると思いますが、男女では運動量が全く違うと思います、うちはそうでした。ハイハイして動きだした時からそう感じました。びっくりするくらい違ったんです。

だから息子=夫が追いかける、娘=私、という風になっていました。娘さんが生まれると、あ~随分楽だわ~ってかんじるかもしれませんね!
おみせにおいてる服も女の子の方が豊富だし、ちっちゃくても女子なのでガールズトークが早々にできますし、楽しみですね!

ちなみにうちは息子も娘もポーランドらしく、呼び捨てで、全く兄妹感がありません 笑 (30秒ほどの差で息子が早く出されました)

2016/04/15 06:07 | セラ [ 編集 ]


 

女の子ですか!うちも上が男の子で下が女の子です。どっちもかわいいです!
検査の結果気になりますね。。。

2016/04/15 17:39 | たかやん [ 編集 ]


 

>セラさん
運動量が違う!よく聞きますね。でも今のところ、お腹の中では息子よりも激しく動いてます…ものすごいお転婆な子が生まれそうだね、って笑っているところです。男女ならではの性格の違いも楽しみです(^^)ガールズトーク♪(今は飛行機!電車!刀でバトル!と男どうしの会話についていけてません(笑))
ポーランドでは兄弟間でも呼び捨てが多いですよね。日本の場合、双子(特に男女の双子)だとどうなんでしょう…?ちなみに私たちは1分差で出てきましたが、最初から兄妹として育てる!という両親の明確な意志があったみたいです。

2016/04/15 18:37 | ogrod [ 編集 ]


 

> たかやんさん
どちらの性にもそれぞれの可愛さがあるんでしょうね。今は息子が可愛すぎて、女の子のかわいさが想像出来ませんが…基本的に息子に厳しい主人は、絶対にデレデレになるんだろうなーと今から思います(笑)
MRI検査結果、また報告しますね!

2016/04/15 18:44 | ogrod [ 編集 ]


呼び方 

うちの姉妹は、名前で呼びあってますね。私がミレンカを『お姉ちゃん』と呼ばないせいもあるのかも。上の子、下の子って感覚が薄い感じです。ミレンカが日本語で喋っている時は 『ユリちゃん』と呼んだり、ポーランド語で喋っている時は 『Julka』と自然に使い分けているのが興味深いです

2016/04/16 18:22 | YURATA [ 編集 ]


 

男の子女の子、ちょうどバランスがとれてていいですね~
でも、母親の感って当たるんですかね?
うちも絶対二人とも女だと思ってました。はじめから。
なぜかわからないけど、私、絶対男は生めないって思ってたんですよ。
うち、すごい女系家系なので(男がまったくいません。しいて言えば、亡くなった父がただ一人の男でした)男の人が家族にいるっていうのが、想像できないっていうのもあります(両方の祖父も早くになくなってるので)
でも、今思うと、ヤツ家系は男系なんですよね。ヤツはたくさんいとこがいるんですけど、ほぼ男ばかり。いとこの集まりは男臭くてすごいんですよね(もう今はいい年になって、おじさんの集まりと化してますが(汗))
JJ家の血の方が、濃く出たのかもです(笑)
ogrodさん夫婦の家系は、どちらも、男女バランスよく出産する家系なのかもですね。

2016/04/16 19:51 | JJ [ 編集 ]


 

> YURATAさん
ポーランドの兄弟は年が離れていても名前で呼び合うことが多いですね。主人も義姉のことを基本的に名前で読んでいます。さらに義父母のこともよく名前やあだ名で呼んでいます。他人に話すときは「モヤ ショストラ」とか「オイチェツ」と言っていますが…。おかげで私もみんなのことを名前で呼んでいます。日本の友達にいうとびっくりされますが(笑)海外に嫁いだ嫁ならではだなーと思っています。

2016/04/16 23:26 | ogrod [ 編集 ]


 

>JJさん
JJさんが女系家族だということ、前にブログを読んでました!我が家は日本もモティカ家も、みんな男女両方いますね、そう考えると家系っていうのは大きいのかなあ…あとは母親の勘というのもやっぱり侮れないんじゃないかな、と思います(^^)
JJさんのお嬢さん達をみていたり、甥っ子達と息子を見ていると同性同士も楽しそうだな、と思いますが、違う性を育てる経験ができるのもありがたいなと思います。まずはとにかく元気に生まれてきてくれることを願うのみです(^.^)

2016/04/16 23:45 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/462-9927c63a

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。