--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/01/24 (Mon) 日本人コミュニティ

離れている家族や友人に近況を伝える目的で
「消息日記」として始めたこのブログ、しばらく更新をしていませんでした。
最近ものすごく忙しかった…わけではなく、
私のずぼらな性格ゆえ更新が滞っていただけ。

さぼっていたこの3週間ほどのあいだに、
ポーランドでは春が来たかと勘違いするほど暖かくなって街中の雪が溶け、
そしてここ数日でまたぐっと冷え込んで、今窓の外はふたたびの雪景色です。

私と私の周辺はといえば、
友人から届いた文庫本に狂喜して貪るように読み耽ったり、
Aのお姉ちゃん夫婦に待ちに待った第二子が誕生したり、
ポーランド語学校の期末テストがあったり(結果は明日帰ってきます)
日々、元気でやっております。

基本的にのんびり&ひきこもり状態のポ-ランド生活ですが
今週末はちょっと違いました。

ブログで知り合った隣町に住んでいる方にお誘いをいただき、
ポーランドの古都・クラクフで開かれた「クラクフ日本人クラブ新年会」に
参加してきたのです。
「ワルシャワからお寿司のケータリングがあります」との情報に飛びついて
お邪魔し、久々にたくさんの日本人の方とお話しをして、新鮮なひと時を過ごせました。

もちろんお寿司もたっぷりいただいてきました!
まぐろにはまち、納豆巻き…ああ幸せ(笑)
立食パーティ形式で美味しいタパスやスイーツもたくさん用意される中、
常に人だかりができていたのはやっぱり寿司桶。

外国生活で何が恋しくなるって、家族や友人、温泉…たくさんあるけれど、
誰にでも共通するのは「慣れ親しんだ自国の味」なのかもなあと思います。
どんなに長く外国で暮らして、その地に、文化に馴染んだとしても食の嗜好だけは
変わらないのではあるまいか。
舌が「日本人の舌」として出来上がっちゃってるから。
現に私も、ポーランド料理が好き!といいつつも「なんちゃって日本食」を作るべく、
白ワインと蜂蜜でみりんの代わりになるか…などと
試行錯誤する日々を送っています。

さて、話は戻って新年会。
ああ日本人らしいなあ、と感じたことがふたつ。
ひとつは「みんな司会者のアナウンスをきちんと聞いてそれに従う」こと。
新年会が始まったのが17時半。私たちが到着したのは約1時間前で、
テーブルの上にはすでにずらりとオードブルが並んでいました。
開始までの1時間のあいだ続々到着した参加者は、オードブルを前にみなさんにこやかに談笑し、
司会の方の「どうぞお召し上がりください」のアナウンスまで
誰ひとり手をつけませんでした。
そんなのあたりまえじゃない!と思うかもしれませんが、
これがポ-ランド人だったら、かなりの確率でつまみ始めるような気がします。
で、「これ美味しいから食べてみな」とか「こっちはイマイチ」とか言い始める(笑)。
前に参加したポーランドの結婚式では、司会者と新郎新婦が到着する前に、
飲んで食べてすっかりできあがってる人が何人もいる、という状態でした。
まあこれは例外かもしれませんが…

もうひとつは「きっかり時間通りの会進行」が徹底して守られていたこと。
参加者全員がどのような会の流れになるのか見られるよう、パ
ワーポイントをつかってスクリーンにスケジュールと時間が映し出され、
その通りきっちり1分違わず進行されていました。
ちょっと前倒しで次行っちゃおう、なんてことはなく
スケジュール通りにオンタイムで各イベントが行われるのを見て、
いやあ本当に日本人って几帳面なんだなあと実感しました。



イベントの一つ・抽選会では、嬉しいことに
「ワルシャワにある日本食レストランのお食事券」が当たりました!
実はこのレストラン、この晩お寿司をケータリングしたレストランだそう。
もういちどあのお寿司が食べられる…と思うと小躍りしちゃいます。

それともうひとつ幸運が。
同じく抽選会でボレスワビエツ陶器の食器セットが当たった方が
「もし欲しいようだったらどうぞ」と仰って、譲ってくださったのです。
ボレスワビエツ陶器とは、ドイツ国境に近いポーランド南西部の町・ボレスワビエツで作られる陶器のことを言います。
(日本でも有田焼や信楽焼など、産地の名前が付いてますよね)

106.jpg
深い藍色が特徴 
中には緑や茶色ベースなのもあるようですが、スタンダードなのはこんな濃い青。

ぽってりしたフォルムと素朴な絵柄が愛らしい陶器です。
オーブンにもレンジにも、食器洗浄機にも使える丈夫さも魅力的。

今回いただいたのは上の写真のケーキ皿に

152.jpg
小鉢のようなお皿(直径10cmくらい)

150.jpg
側面のお花がかわいらしい


092.jpg
大きめの深皿 フルーツを入れてみました サラダボウルにもよさそう

ボレスワビエツ陶器はさまざまな柄があって、コレクターが世界中にいるそうです。
今回いただいたものは食器の裏に名前が入っているので、
作家ものなんではないかと思います。


128_20110124040421.jpg
あまりの可愛さに飾って眺めたくなるけれど、食器は使ってナンボ、ですよね。
これからどんどん活用します。


美味しいお寿司にお食事券、はては棚ボタ的に食器までいただいてしまった
日本人クラブの新年会で何よりもたくさんの日本人がここポーランドで頑張ってるんだなあと、
勇気づけられた週末でした。

明日はテスト結果が返ってくるけど、めげずに復習しようっと!


おまけ↓
002_20110124040535.jpg
数週間前の雪道で出会ったSarna(小鹿)

スポンサーサイト

ポーランド | trackback(0) | comment(2) |


<<The busiest day! | TOP | あけましておめでとうございます>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ボレスワビエツ欲しい!

2011/01/25 01:35 | Tak [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

>Takさん
いいでしょう?この陶器、ポーランド本国よりも、アメリカでの人気のほうが高いんですって!
アメリカに移住したポーランド人(ポロニャ)達から広まって、いまだに大人気なんだそうです。
こっちでお店に行くと、星条旗柄、なんてのもよく見かけます。
日本に戻るときは、奥様のプレゼント用に買って帰ろうと思ってます♪

2011/01/25 02:19 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/46-ff905b04

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。