--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/02/02 (Tue) イースターのお菓子・ファボルキレシピ

さて、いよいよ明後日2/4はポーランドで1年に一度のドーナツ食べ放題の日、『脂の木曜日』本番です!

今年は、地元で有名なケーキ屋さんでポーランド風ドーナツ「ポンチュキ」を朝買いこんで、
その足でモティカ家に向かい、朝のティータイムを一緒に過ごすことになりそうです。
去年は6つも食べてしまったけど、今年は2つ、せめて3つに抑えるつもりですが、どうなるかしら。

脂の木曜日に備えて、というわけではないですが、週末友達のところに遊びに行く予定があったので
手土産にと、これまで知ってはいたものの、食べたことも作ったこともなかったお菓子「ファボルキ」を
手作りしてみることにしました。
このファボルキ、ポンチュキと並ぶ脂の木曜日の定番お菓子なのですが、ここシロンスク地方ではあまり人気が
ないのか?ふだんお菓子屋さんでは見かけません。(ポンチュキは必ずと言っていいほどどこのお菓子屋さんでも
並んでいます)お料理の達人・モティカ母の友達のアナおばちゃんもポンチュキのことは教えてくれても、
ファボルキのことは話題に上ったことがないので、家で作らないみたいです。
大きいスーパー(テスコなど)に行くと売っているようですが、私は口にしたことがなく…
でもずっと気にはなっていたので、これを機に初挑戦!

作った率直な感想は「ポンチュキより材料が少なく、手順も簡単!」でした。
ポンチュキのようにイーストも使わないし、バターも使いません(私の作ったレシピでは)。
普段から家にあるものでできてしまうのがファボルキのいいところ。
では早速レシピを紹介します。

ファボルキ 100-120本分
≪材料≫
・薄力粉 450g(typ450のものを使いました)
・卵黄 5個
・塩 ひとつまみ
・ウォッカ カレースプーン1杯
・シュメタナ(サワークリーム)18% 3/4カップ
・バニラシュガー 7g(スーパーで売っている小袋ひと袋ぶん)
・デコレーション用粉砂糖 適量
・揚げる用の油(ラード、サラダオイル、ココナッツオイルなど) 適量

材料はたったこれだけです。我が家に常備しているものでできちゃうのはポイント高し!
レシピによってはバターを入れたり、砂糖を増やしたり、逆に全く入れなかったりいろいろなようです。

≪作りかた≫
①すべての材料(デコレーション用粉砂糖と揚げ油以外)をよく混ぜてひとまとめにします。

※ボウルなどだと混ぜづらいので、ある程度まとまりかけてきたら大きなまな板や、キッチンの天板の上に
とり出して混ぜるとやりやすいです。

②①の生地をラップで覆って、室温で30分ほど休ませます。

③休ませた生地を練っていきます。

ここでポイントなのが「生地にできるだけたくさんの空気を入れること」!
この工程でしっかり空気を含ませることでさっくりと軽い食感に仕上がります。

そのために使うのがこちら↓
12633119_10207825361007843_44872333_o.jpg
肉たたき棒!
普段はお菓子作りに使うことはないけれど、今回は特別。

12633000_10207825360407828_1842214401_o.jpg

12631169_10207825360087820_673779578_o.jpg
チビも一生懸命掛け声とともに叩いてくれました。叩いては捏ね、叩いては捏ね、生地と格闘すること30分。
レシピにも「15-30分根気よく叩いて捏ねること」とありました。

12637385_10207825359607808_1649891052_o.jpg
表面がだいぶなめらかになりました。

④再び生地をラップで包み、今度は冷蔵庫で30分休ませます。

⑤生地を取りだし、4分の1に切り分けて、ひとつずつ打ち粉をしたまな板の上で薄くのばしていきます。

12637180_10207826061185347_800223732_o.jpg
できる限り薄く!(これは一番最初の生地だったので、あんまり薄く伸ばせてません)

⑥幅3センチ×10センチくらいに切って真ん中に切り込みを入れて、片方の端を通してねじります。
12633320_10207826059705310_2121083988_o.jpg

12630986_10207826059225298_136997764_o.jpg
お煮しめの手綱こんにゃくを作る要領です

⑦175℃に熱した油で揚げていきます。
12655962_10207826058905290_859636665_o.jpg
今回私はサラダオイルとココナッツオイルを混ぜて使いました。
両面こんがりきつね色になるまで揚げます。2分くらいでしょうか。油はねにご注意!

⑧しっかり油が切れて、荒熱がとれたところに粉砂糖を振りかけてデコレーションして、完成!
12637122_10207826058545281_872718916_o.jpg
生地自体にほとんど砂糖が入っていないので、かなりたっぷりかけるのがおすすめです。
粉砂糖のほかにシナモンシュガーバージョンも作ってみました。

12632992_10207826371473104_657934033_o.jpg

友達の家と、モティカ家と、自宅用とで全部で120本ほどのファボルキが出来上がりました~。大量!
(と思ったのですが、このあと自宅用に40本ほど残して、チビを連れて友達の家に遊びに行って夕方戻ってきたら
なんと5本しか残ってませんでした…ひとりで一気に30本くらい食べたA!)

ファボルキ、肝心のお味のほうは…
クッキーとドーナツの中間の素朴な揚げ菓子、という印象でしょうか。もっとさくさくを期待していた(パイ生地のような)
のですが、考えてみればバターも入っていませんしね…揚げ餃子のように生地がぷくぷく膨らんでさくさくなのが
大成功のファボルキなのでしょうが、私が今回作ったのはまあまあの膨らみ具合でした。やっぱり、生地を捏ねる時点での
空気の含ませ具合が成功のカギを握るようです。チビと一緒にのんびり捏ねていたからかな~ひとりで集中してやったら
もっと膨らんだかもしれません。でも楽しかったからよしとしよう。
後はもう少し甘くてもいいかな、と個人的には思いました。お砂糖50gくらい入れてもいいんじゃないかな…。

私はポンチュキかファボルキかと言ったら、ポンチュキ派だなと思いましたが、材料を揃えるのと、自分で作る手間を考えたら
ファボルキのほうがずっと手軽でいいと思います。小さい子供と作るのにもぴったり!
機会があったらお試しください♪

参考レシピは私の大好きなレシピサイト”Moje Wypieki”より→
http://www.mojewypieki.com/przepis/faworki
このレシピを少しアレンジして作りました。(スピリタスかラム酒のところをウォッカに代え、砂糖なしのところを少量加えました)

一度だけ使った揚げ油がもったいなかったので、今日のオビャドには久しぶりに日本風のトンカツにしました。
揚げものって美味しいけど、油の後処理が面倒ですよね~。こっちには「固めるテンプル」みたいなのがないので
どうしようか迷って、実はまだキッチンに油が入ったお鍋放置したままです(笑)

----------------------------------------------------------------

おまけ↓
明日は日本で節分なので、チビと一緒に紙袋で鬼のお面を作りました。
12659579_10153493005373195_612832442_n.jpg
チビはすっかり気に入ってしまって、朝から晩までかぶって鬼ごっこをしています。
なぜか「鬼は外ー」が「鬼はソロー」になってしまうチビ。ソロの鬼かあ(笑)

スポンサーサイト

Kuchnia Polska | trackback(0) | comment(6) |


<<脂の木曜日 2016 | TOP | ゾロ目です>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ファボルキ 

私の義両親も 周りの人もファボルキを食べてなくて、ポーランド人と結婚して8年、最近初めて、その存在を知りました南西部では人気ないのかな? 明日は子供の学校後、両親宅でポンチェック食べてくるつもりです。

2016/02/03 16:49 | YURATA [ 編集 ]


 

とってもおいしそうです~
手伝ってる息子さんがかわゆすぎる♪♪♪
ファボルキ、ほんとーにおいしいですよね♪私はファボルキ派かもです~(って、ポンチュキ食べたことないですが、、、、)
ファボルキ、めんどくさくて作ったことないんですけど、オーストラリアには普通に店で売ってるのに、田舎国には売ってないんですよね!
店に売ってたら絶対買うのに~
我が家は揚げ物大好き家族なので、月2,3回は揚げ物しますけど、いつもフライパンに油を多めにいれて、揚げ物してます。
なので、そんなに油を使わないので、料理後はティッシュを1,2枚フライパンに入れて吸い取らして普通にゴミ箱に捨ててます。
そういえば、子供のころ、実家の母が揚げ物をしたときは、カンの入れ物?みたいなのに、残り油をいれて保管してました。
でも、今思うと、油って酸化するし、やっぱり毎回新しいの使った方がいいかな、、って思うので、今のところ、から揚げも、トンカツも、全部フライパンでやってますけど、問題なく揚げ物できてます。
ポーランドのほかの家庭では、油どうやって処理してるんでしょうか?
そういえば、田舎国は揚げ物大好き国民で、家にフライヤーっていう揚げ物専用機械がある家もあるみたいだけど、みんな油の処理どうしてるんだろう、、、気になります、、、

2016/02/03 19:03 | JJ [ 編集 ]


 

随分前に予防接種について質問させて頂いたふくろうです。今月から旦那が一足先にポーランド入りしましたが、油の木曜日をしらなかった旦那は、職場にポンチュキが溢れていて驚いていました(笑)。本当にポンチュキだらけな日なんですね。私も早く食べてみたいです。

2016/02/05 21:17 | ふくろう [ 編集 ]


 

> YURATAさん
YURATAさん、ファボルキご存じなかったのですね!南西部ではなんだか人気がないようですね~。
かく言う私も断然ポンチュキ派です!
今年はポンチュキ、いくつ召し上がりましたか?私達も両親宅でポンチュキ食べ比べしました:)
これはポーランドのこの時期の毎年の楽しみですよね♪

2016/02/07 11:59 | ogrod [ 編集 ]


 

> JJさん
ファボルキ、オーストラリアには普通に売ってるんですね!ポーランド人も多いからかしら?
ファボルキは作るのがそんなに大変ではないので、お嬢さんたちと一緒に作ってみても楽しいかもしれません。
ポンチュキも美味しいですよ~!機会があればぜひ♪

我が家でもたまにする揚げもの(から揚げ、天ぷら)はフライパンに数センチ油を入れてする「揚げ焼き」なのですが、
今回はケチらずたっぷり使ってみました。
油の処理はほんと、みんなどうしてるんでしょうね…新聞紙に吸わせてから捨ててるのかな…(今回私もそうしました)
気になりますね。

2016/02/07 12:03 | ogrod [ 編集 ]


 

> ふくろうさん
こんにちは。旦那さま、無事にポーランド入りされたのですね。
脂の木曜日をご存じなかったら驚くでしょうね~!ポンチュキ、とっても美味しいのでいらしたらぜひ召し上がってみてください。
大きな街だったら、きっと有名なポンチュキやさんがありますよ♪(毎年大都市では「美味しいポンチュキランキング」が
新聞やネットにのるみたいです!)

2016/02/07 12:06 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/430-975bbe5e

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。