--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/12/04 (Fri) 塩漬けキャベツのワザンキ-Łazanki z kapustą kiszoną-

お料理関係で書きたいことが溜まっていますが、日々の生活に追われてなかなか更新できないでいます。

最近は夜9時ごろチビを寝かしつけて一緒に寝落ち→Aが床に就く深夜1時過ぎに目が覚めて
そこから起きだして台所の片づけや次の日の仕事の準備、というパターンが続いています。
このブログを書いているのも午前3時半です…

さて、2週間前の土曜日の午後、近所のカフェ(絵本読み聞かせ会をしているカフェ)で
ヴィーガンフードイベントがあったのでチビと出かけてきました。
参加者はそれぞれ何かヴィーガンフード(肉・魚・乳製品・蜂蜜を使わない食べ物)を一品持ち寄って
それをみんなで食べてレシピや意見を交換するというアットホームな雰囲気のイベント、
私は今回で4回目の参加でした。
私はヴィーガンではないですが食べることが大好きなので、新しい食べ物と出会ったり、それについて
色々な人と話せるのが楽しくてタイミングが合う限り足を運ぶようにしています。

12239897_908553322566149_6991072829173341870_n.jpg
10人くらいの人が集まりました。

12272560_10153357240398195_227157396_n.jpg
私は今回、白玉粉&薄力粉&抹茶を水で練った生地にあんこをいれて焼いた
抹茶お焼きを作って持っていきました。

この日の収穫は生栗を茹でてブレンダーにかけ、少しの豆乳(ヴィーガンフードなので)とブラウンシュガーを
加えて煮たマロンペーストと、塩漬けキャベツを使ったマカロニ料理、”Łazanki”(ワザンキ)のレシピを
もらえたこと。

ワザンキとは正確にはパスタの種類の名称で小さくて薄い四角のパスタのことですが、
一般的にはそれを使ったマカロニ料理のことを指すことが多いです。
lubella-makaron-lazanki-500g-Full.jpg
これがワザンキ

この日はヴィーガン仕様ということで塩漬けキャベツと玉ねぎ、マッシュルームのワザンキを
イベントの主催者であるビオショップオーナーのお母さんが作って持ってきていました。
塩漬けキャベツがあまり好きではなく、普段は出しても食べないチビも美味しい!と食べていたので
これは作らなくちゃ!ちょうど冷蔵庫に発酵が進んだ酸っぱい塩漬けキャベツが少し残っていたのを
思い出して、レシピを聞いて次の日さっそく作ってみました。

塩漬けキャベツのワザンキ(Łazanki z kapustą kiszoną・ワザンキ ズ カプストン キショノン)
≪材料≫二人分
・マカロニ 200g (なんでもOK 私はこの日余っていたショートパスタを二種類混ぜました)
・豚ひき肉 100g
・塩漬けキャベツ 適量
・玉ねぎ 1/2個
・マッシュルーム 4個
・コンソメキューブ 1/2個
・塩コショウ
・サラダ油またはオリーブオイル

≪作り方≫
①塩漬けキャベツは塩気・酸味が強い場合は少し水に少しさらしてからざく切りにし、
お鍋に入れて少量の水とコンソメを加えて中火~弱火で20分ほど煮込む

12277262_10207355341697654_1851250520_n (1)

②マカロニを茹でる
③フライパンに油をしいて薄切りにしたマッシュルーム、玉ねぎ、ひき肉を炒め、塩コショウで味付けする
※ポイント:あとでマカロニとキャベツと合わせるので
この時点で少し濃いめの味付けにするといいです

④煮込んで柔らかくなった塩漬けキャベツとマカロニを軽く水切りして、③のフライパンに加え、
少量のオリーブオイルも加えてざっと混ぜ合わせ、必要であれば塩コショウで味をととのえる
⑤お皿に盛り、お好みでとろけるチーズを上にかけて

Smacznego!めしあがれ!

12309180_10207372232759920_799011672_n.jpg
マカロニを二種類混ぜたのと、ケータイで撮った写真であんまり美味しそうに見えませんが(笑)
家族には好評でした。

ひき肉をベーコンや薄く切ったソーセージに替えてもいいですし、肉なしでキャベツの塩漬けと玉ねぎと
マッシュルームのみでも美味しくできます。今回の私のように、発酵が進んで酸味がで強くなってしまった
塩漬けキャベツをもてあましているときに作るといい消費になります。
火を通すとまろやかになって食べやすくなるんですよね。

以前、紹介した塩漬けキャベツを使ったレシピはこちら↓
その①
その②

おまけ
チビの得意なお手伝い
IMG_20151129_175143_201512041206145b1.jpg
玉ねぎの皮むき。ニンニクも同じ要領で剥いてくれます。
結構助かるんです、散らかりますけどね…

スポンサーサイト

Kuchnia Polska | trackback(0) | comment(6) |


<<イベントもりだくさんなのに。 | TOP | クリスマスクッキー”Pierniczki”レシピ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ヴィーガンは、日本では精進料理? 

何かと気忙しい12月に入りました。レシピ3連ちゃん、拝見。大変お忙しい毎日をお過ごしのようですが、その中でも本当にお料理がお好きな様子が伝わって来ます。
(^O^)
「ヴィーガン」というのは、かなり厳格な菜食主義のようですね。勉強になりました。ogrodさんお手製の「抹茶お焼き」、確かに「ヴィーガン」ですね。中に餡が入って、焼き立てがとても美味しそう!酢漬けのキャベツ(ザワークラウト)も、私は大好物です。
「ヴィーガン」は、日本で言うとさしずめ「精進料理」のイメージでしょうか?お茶の席でいただく懐石も、元は精進料理から来ていますので、味噌や味噌汁、豆腐、湯葉など、よく使います。
12月、仕舞い稽古の日には、お豆腐をご飯で埋め、その上から白味噌仕立ての汁をかけた「埋み豆腐(うずみどうふ)」をいただく慣わしが今でも残っています。お家元では、大晦日、炭火を灰に埋め、元旦、それを種火にして火をおこします。これを「埋み火(うずみび)」と言いますので、恐らく、この習慣から「埋み豆腐」と名付けられたのではないでしょうか。
寒い季節、温かい「埋み豆腐」をいただくと、白味噌の優しいお味がお腹にじわーっと沁み渡り、1年のお稽古を無事に終えることが出来たことに、ホッと安堵するのです。是非一度、お試し下さい。

お手伝するおチビちゃん、可愛いですね。
(^O^)

追伸) 11月28日にアップされた「プレゼント選びに頭を悩ます」というブログに、ちょっと長めのコメントさせていただきましたので、こちらもお目通しいただけるとうれしいです。m(_ _)m

2015/12/05 11:16 | TED [ 編集 ]


Tedさん 

TEDさん、
ちょっとネットストーカーぽくないですか?
自分のコメントに対して,管理人さんに返事を強要してるようで、、
管理人さんも困っていると思いますよ。
管理人さんの気を引こうと一生懸命コメントを
書いてらっしゃるのはお察ししますが相手の気持ちも
考えましょうね。
私も以前、同じような事があってブログを閉鎖した事が
あったので。


2015/12/11 04:35 | 通りすがり [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/14 07:40 | [ 編集 ]


Re: ヴィーガンは、日本では精進料理? 

> TEDさん
そうですね、ヴィーガンは日本で言うと精進料理、薬膳料理になるとおもいます。実家の母が月に一度、お寺で開かれる
薬膳料理教室に行っていて、そのレシピなど聞くのを楽しみにしているのですが、こちらのヴィーガンと近いものがあると
感じています。私はお肉もお魚も好きなので、菜食主義になることはこの先もないと思うのですが…。
「埋み豆腐」の存在、初めて知りました。優しい味がするのでしょうね~こちらでは美味しい豆腐を手に入れることが
できないのが残念です。そしてポーランドの人は豆腐は味がしないから苦手!という人が結構いるんです(我が家の主人も
その一人)。豆の味がするでしょ!といっても「うーーん?よくわからない」と言われて落ち込みます(笑)

2015/12/14 23:41 | ogrod [ 編集 ]


 

> 通りすがりさん
こんにちは。コメント、そしてご心配ありがとうございます。
私は、TEDさんをはじめブログを読んでくださっている方々から頂くコメントの数々を読むのが
楽しみですし、ブログを続ける励みにもなっています:) 
特に海外に住んでいるというのもあってなかなか日本のことを知ったり、日本人とお付き合いする機会が限られてしまうので、
このブログは私にとってそういう意味でもありがたいツールだなあと感じています。
インターネット上のお付き合いなので、誤解が生じたり難しいこともあるでしょうが、
今後もこのブログを通じて色々な方と交流を計れたら嬉しいと考えています。

2015/12/14 23:57 | ogrod [ 編集 ]


温かいコメントに感謝‼️ 

ogrodさんの心のこもった、温かいコメントを拝読し、大変うれしく、また安堵もいたしました。
同時に、「通りすがり」さんからの指摘のようなことが決してないよう、これからも十分気をつけながら、ブログを通した交流を続けていきたいものだと自戒いたした次第です。m(_ _)m

一つ、うれしいご報告があります。(^O^)
12月13日、池袋の護国寺で行われた「慈善茶会」に行って来たのですが、7席あったお席のうち、遠州流の薄茶席で、以前ogrodさんのブログで教えていただいたポーランドのボレスワヴィエツ陶器が、数ある抹茶碗の一つとして出されました❗️茶席で拝見するのは勿論初めてのことでしたが、全く違和感を感じず、茶席に運び出された瞬間、それとわかる鮮やかな手描きの絵付けが、お抹茶の緑によく映えていました。
さすが武家茶道ながら、「綺麗さび」という独自の美を追求する遠州流のお席ならではと、感心いたしました。そして、私も是非1碗入手したいものだと、改めて思いました。(^O^)

2015/12/15 11:56 | TED [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/419-c044f6bd

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。