--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/11/08 (Sun) ショッキングな事実

先週の木曜日のこと。
夜8時半すぎに帰宅したA、顔の下半分をストールでぐるぐる巻きにして家に入るなり
「苦しい、息ができない!」と言うではありませんか。
一体どうしたのかと聞いてみると、家の外の空気があまりにも悪くてまともに息を吸うことができなかったとのこと。
「街中煙で真っ白になってるし、臭いし、本当に酷い状態だよ。明日もこんなだったら外には出ないほうがいい」
「チビのことを考えたら、ここに住んでるのは身の危険を感じる」とまで言うので、私も驚いてしまいました。

その空気の悪さの原因はどうやら、「家々の煙突から出る煙(有害ガス)」。
寒さが日に日に増すこの時期、もう暖房は欠かせないのですが、給湯器(ボイラー)で沸かした温水を各部屋に
設置されている熱源装置に巡らせて部屋を暖めるセントラルヒーティングを使っている家もあれば、
昔ながらの方法で薪・石炭を暖炉で燃やして暖めている家もあります。

f-kfa-g500f-1-elem.jpg
これがセントラルヒーティングシステムの熱源装置↑
ポーランド語ではGrzejniki(グジェイニキ)といいます

問題なのはこの暖炉を使っている家。薪や石炭、紙などを燃やすぶんにはいいのですが、燃料費がもったいないからと
家庭ごみを燃やす人がいるのです。百歩譲って可燃ごみを燃やすのはいいとしても、プラスチックなどの
不燃ごみを平気で燃やす人…そんな人たちの家の煙突から出る煙のせいで、外を歩けないほど街の空気が汚染されて
いるというわけです。確かに、黄土色や紫色といった変な色で、ものすごい匂いの煙を出している煙突を時々見かけます。
これは違法で、通報されると罰金が科されるそうなのですが、なかなかきちんと取り締まるのは難しいと聞きます。
特に私の住む街は発電所、炭鉱などの工場が立ち並んでいるうえ、古くて小さなアパートがたくさんあって、
セントラルヒーティングを取り入れていない家庭が多く、この「ウチだけなら大丈夫でしょ」という住民の意識の低さが
空気汚染を招く大きな原因となっているようです。

FBの「スモッグアラーム」コミュニティのページより
10390029_925803204128888_1531224984577749868_n.jpg

12079553_1005890639453477_3065242093836410136_n.jpg

12193787_756532954476457_1107457096481381130_n.jpg

Aがあまりにも「必要な時以外はチビを連れて外に出るな」と念を押すので、本当にそんなに酷いのかしら?と
前に学生さんのひとりが教えてくれた「リアルタイムで大気汚染の値を表すサイト」のことをふと思い出し、
ページを開いて街の名前を入力してみると…
木曜日の夜11時時点の私の住む街の空気中の汚染物質(硫黄酸化物?)の値、
なんと849
"Hazardous(危険)"の文字が!ウィキペディアの大気汚染注意報のページを見たところ、
基準:0.500ppm以上の状態が3時間継続で「重大緊急警報」が出されるそうです。
重大緊急警報500のところ、849って…。この事実に大きなショックを受けてしまいました。
さらにポーランド全土で見てみると、工場地帯がある私の住む街の隣街が値895でポーランド中で
一番汚染がひどいと表示されていました。(895も849も深刻さは変わらないですね…)

キャプチャ

ちなみに炭鉱がたくさんある最寄りの大都市カトヴィツェのこの時間の値は200台でした。
カトヴィツェのほうが空気が汚れているというイメージがあったので意外でしたが、これはやっぱり
炭鉱や工場からの煙でなく家々の煙突から出る有害ガスのせいでしょうか。

意外なのですが、実はポーランドで一番空気汚染がひどいと言われているのは、炭鉱が集中するここシレジア地方ではなく、
ポーランドの古都と言われ、世界中からの観光客でにぎわうクラクフなのです…。
実際、この大気汚染度チェックサイトを教えてくれた学生さんはシレジア出身で大学進学のためクラクフに引っ越した子で
「クラクフの空気はあまりにも悪い」とこぼしていて、サイトのリンクを送ってくれたのでした。
(私が値を調べた木曜日の夜のクラクフの値は100台で"Unhealthy(不健康)"と区分されていましたが)

そのクラクフは2年後の2017年までにすべての家庭で暖炉を廃止し、セントラルヒーティングに切り替えるように
という市の方針が打ち出されています。そして私の住むシレジア地方は2020年まで。
でも「セントラルヒーティングに切り替えるお金なんてあるわけない!」という人も多く、実現するのかに
懐疑的な意見が大多数のようです。
とはいえ、健康に関わる重大なことなので、各家庭に補助金を出すなりして実現させてほしいものです…。

ポーランドのシレジア地方にやってきて5年、この街に住んで1年、こじんまりしているこの街が好きなので
安心して住める街であってほしいなと願ってやみません。
とりあえず冬の間は大気汚染注意報をチェックしつつ、あまりに値が酷い日にはチビを連れての外出は
控えなくては、と思っているところです。

---------------------------------
私がチェックした大気汚染の値が表示されるサイトはこちらです
”Air Pollution in World: Real-time Air Quality Index Visual Map”
世界中の大気汚染の状態をチェックすることができます。
ちなみに、私の日本の実家付近の値は「3」(Good)…冬の間だけでも日本に行きたくなってしまいます(泣)

スポンサーサイト

ポーランド | trackback(0) | comment(11) |


<<本格キムチ作り | TOP | こどもの咳・鼻づまりに-Aromactiv plastry z olejkami eterycznymi->>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ひぇ~~!それは驚愕事実だね。
何となくカトヴィツェが一番空気が良くないという
イメージが私もあったわ。
クラクフの空気が汚いというのも初耳
そうかーそんな事情が・・・!知らなかった!!
このサイト便利だね。早速ちょっと調べてみたら
クラクフは今値163(unhealthy)だ。
喘息持ちの私が住んだら悪化しそう・・・
せっかく綺麗な古都なのに勿体ないね。
何とか数年後 全家庭セントラルヒーティングになって
通常値になるといいよね。

ちなみに今現在ogrodちゃんの住む町の値を見たら
27でGoodになってたよ!
木曜日は何かあったのかな・・・

私の故郷は、調べてみたら値は34でGood
今住んでいるグダンスクは値14で良し、
ソポットなどは値4で非常に優秀。
ogrodちゃんちの実家並みだ~

2015/11/09 17:53 | 食いしんぼ万歳 [ 編集 ]


 

えー!それはヒドイです!
家庭ごみを燃やすなんて、考えられません!有害物質が出るのに!
そういえば、もう何年も前から、今住んでる町は、暖炉禁止になったんですよ(一部の地方や南島ではまだ使用してるみたいですが)
住んで11年ですが、煙突から煙があがってる家を見たことないです。
禁止された理由は大気汚染を防ぐため、、なんですが、NZなんて、大気全然汚染されてないし、人口も少ないし、空気めちゃきれいだと思うんですけど、それでも禁止されてるとこみると、そうとう煙がすごいのかなーって思います。見たことないからどんな感じなのか想像できないんですけど、、、
ヨーロッパには、せっかくセントラルヒーティングっていうすばらしいシステムがあるんだから、各家庭に整備すべきです!
寒いNZに住む者からしたら、憧れのシステムなのに!
市役所などに相談とかできないんでしょうか?
早く手をうたないと、冬の間だけ、中国の大気汚染みたいになってしまいそうです、、、、

2015/11/09 18:55 | JJ [ 編集 ]


今更ながら、日本の環境技術に感謝 

かなり深刻な大気汚染の様子、お察しします。
ことは、国の環境行政に関わる問題であり、また、環境と経済を調和させて、いわゆる「持続可能な社会」をいかに実現させるかという問題でもありますので、官も民も力を合わせ、国を挙げて取り組む必要がありますね。

日本も深刻なスモッグ、公害、大気汚染に直面し、国は世界でも最も厳しい環境規制を導入することで、問題を解決して来ました。企業は、この規制をクリアするために積極的な技術開発を行い、今や世界をリードする環境技術先進国となりました。また、お陰で日本の企業の国際競争力も高まりました。

東京の空は、1970年代以降、目を見張るばかりに綺麗になり、富士山が都心からもクリアに眺めることの出来る日が、飛躍的に増えました‼️

この日本の経験を、世界各国の環境改善に活用することが期待されています。

ポーランドの環境改善、何とかならないものでしょうか⁉️

2015/11/09 19:09 | TED [ 編集 ]


 

> 食いしんぼ万歳ちゃん
びっくりでしょう~!私も最初にクラクフがポーランド中で最悪、って聞いた時に
まさかー?!って思ったもの。でもシレジア地方より早くセントラルヒーティングに切り替えを義務付けていると
いうことからも、きっと相当深刻な状況なんだろうなと思う。本当に、ヨーロッパでも有数の美しい古都だから
なんとか改善してほしいものだね。
さすが海沿いは空気がいいね!バケーションに選ぶ人が多いのも納得。私たちも来年また美味しい空気を吸いに行くわ!

2015/11/10 00:15 | ogrod [ 編集 ]


 

> JJさん
NZのお住まいの街では暖炉禁止なのですね!ポーランドはやはり経済的に貧しいので、なかなかすんなりと
セントラルヒーティング全面設置とはいかないようです…。
今の時期から4月までは毎日のように白い煙、黒い煙があちこちの煙突から立ち上っています(泣)
ポーランドでは「煙突掃除屋さん」もまだまだいますしね!(煙突掃除屋さんを見るとラッキーなこと
が起こる、なんてジンクスもあるんですよ)
私の住んでいる地方は炭鉱を始めとするポーランド一の工業地帯なので、一年中大気汚染が深刻です。
少し車を走らせて山沿いに行くと、なんて空気が美味しいんだ!って思うくらいです…。
こどもがいる身としては本当に心配になってしまいます。

2015/11/10 00:20 | ogrod [ 編集 ]


 

> TEDさん
日本も昭和2、30年代の高度経済成長期には大気汚染が深刻だったのですよね。
国が豊かになったことで環境にきちんと配慮する余裕が生まれ、人々の意識も変わってきたのでしょうか…
ここポーランドは残念ながら国自体が貧しいため、国を挙げてしっかり環境改善に取り組もうという姿勢が
ないようです。「2017/2020年までに暖炉廃止」を謳ってはいるものの、実際にセントラルヒーティングへの切り替えに伴う
費用を一部援助するなどの政策もないようですし…(これについては私が無知なだけかもしれません、のちほど
きちんと調べてみようと思います)。
一時的な経済発展だけに目を向けるのではなく、次世代に繋いでいける国づくりをしてほしいものです。

2015/11/10 00:28 | ogrod [ 編集 ]


 

ガーンなんとも衝撃的な…最近、日本も中国からの影響で大気汚染が、ってニュースになってたけど、ポーランドの値は中国なみだね~あのニュース映像が他人事じゃないと思うと、かなりショックだわ~。クラクフのここ最近のドヨーンとした空模様は単なる霧だけじゃなかったんだ。確かに窓あけると何か燃やしてる匂いがするけど、まさか暖炉で家庭ゴミを燃やすとは!発想自体が信じられないわ~せめて、森で枯れ木でも拾ってきておくれよ~。最近はクラクフの街中でも、マスクつけて歩いてる人がでてきてるみたい…ポーランドはまだまだ国全体が、街中の衛生面とか環境に配慮するっていった余裕がない感じがあるよね。お互い、体調管理に気をつけようね~。

2015/11/10 18:22 | AZUSA [ 編集 ]


 

>AZUSAさん
そう、衝撃的でしょう…でも哀しいかな、クラクフの空気の悪さはポーランド中の周知の
事実のよう…。特にこどもがいると余計に気になるところですね(泣)
ポーランドでマスクをつけてるとびっくりされることが多いようだけど、この状態だと、マスク着用が当たり前の光景になるかもしれませんね。
ああ、どうかできるだけ早く国を挙げての対策を願いたいものです!

2015/11/12 00:11 | ogrod [ 編集 ]


 

わたしがすんでいる郊外も、昔ながらの地域で古い一軒家がおおく、(私は古いアパートに住んでいます)このにおいはダメなやつ燃やしてるやん~っていうことが冬ではあたりまえにあります。
うっかり洗濯物なんて外に干してると、選択した意味がない、残念なにおいになります。
ほんといやですよね、それにしても、ogrodさんのところ凄い数値なんですね!うちもチェックしてみよう。
死活問題ですよね・・・・

2015/11/16 01:12 | [ 編集 ]


 

私が住んでいる。。。のくだりから始まるコメントは私です、すみません、名前入れ忘れてました!キムチについてのコメントで夫がバックパックの中でキムチが爆発して空港で洗うはめになったというのもわたしです、ごめんなさい!!

2015/11/16 05:16 | Pumpkinsmama [ 編集 ]


 

> Pumpkinsmamaさん
「これはダメなもの燃やしてる臭い…!」ってすぐにわかりますよね。
この時期洗濯物は朝早く干して、午後暗くなる前に取り入れています。完全には乾かないけれど
仕方なし…まだ冬は始まったばかりですが、すでに暖房要らずの春が待ち遠しいです~!

2015/11/17 08:52 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/412-264d4887

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。