--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/09/14 (Mon) こどもにも大人にもおすすめ!ポーランドの絵本『MAPY』

先日、以前からずっと気になっていたポーランドの絵本
『MAPY(地図)』を購入しました。

IMG_20150911_142657.jpg

こちらは前に記事にした『Miasteczko Mamoko(MAMOKOタウン)』の作者、ミジェリンスキ夫妻の絵本で
2012年に発行されてから世界中で話題になり、日本語版も徳間書店から『マップス 新・世界図絵』という
タイトルで発行されています。『マップス 新・世界図絵』絵本ナビのページ

IMG_20150911_142836.jpg

ちょっと古ぼけた色合いでところどころ虫食いのようなしみがあったり、しわ加工が施されていたりして
屋根裏に眠っていた宝の地図みたいな印象。
最初みたときは、新品なのに汚れがある?!とびっくりしちゃいました。

IMG_20150911_142726.jpg

世界の六大陸、42か国の国々を一国ごとに見開き一ページ、フルカラーで紹介しています。
首都、言語、人口、面積などの基本データから、各地方の特産物、食べ物、そこに住む生き物、
はたまたその国で人気のあるこどもの名前まで網羅。
フルカラーでありながら抑えた色遣いとユニークなイラストがいい味を出しています。

IMG_20150911_142754.jpg
ポーランドのページ
私の住むポーランド南西部の特産品は…製鉄所と炭坑、そのとおり!
ポーランドにのみ生息するヨーロッパバイソン(Żubrジュブル)や私の大好きなポーランド料理
発酵ライ麦のスープ(Żurekジュレック)も載っています。

IMG_20150911_120402.jpg
日本のページ
相撲、野球、歌舞伎、マンガ、ガンダム、ゴジラ、着物、芸者、女子高生、まねきねこ、ニホンザル、
沖縄のサンゴ礁、鶴、さらには奄美大島の固有種、アマミノクロウサギまでも。
広島あたりをチビが指さしているのは「新幹線」!やはり電車好きなだけあります。目ざとい。

ちなみに日本で人気のある名前は「アキラ」と「ミサキ」となっています。
そうかなあ?ミサキちゃんって可愛い名前だとは思うけれど。

この本は対象が3歳からのこども向け、となっている絵本ですが、2012年にはワルシャワで毎年行われる
優れた地図とガイドブックに贈られる「マゼラン賞」を受賞したという実績もあるとおり、
世界地図としてのクオリティも高く、こどもから大人まで楽しめる一冊です。
実際、チビとページをめくりながら私のほうが夢中になってしまうほど。
それぞれの国の特色がイラストとともに短い文章で紹介されているので、ポーランド語の勉強にもなります。

ただちょっとネックなのが、値段がお高めなのと、かなりの大判だということ!
ポーランドでは約1800円(日本では3200円+税!)、大きさは37センチ×27.2センチ。
今回チビ用にと、来月ポーランド外にお引っ越しをする友達の娘さん用にと購入したのですが、
届いてみてその大きさと重さにびっくり、引っ越しの荷物になってしまいそう…と渡すのを躊躇してしまいました。

絵本としては値段もするしかさばりますが、幅広い年齢層に楽しんでもらえるという意味では
こどものいる家庭へのプレゼントにぴったりの一冊かと思います。
書店で見かけたらぜひ手に取ってみてください!

このMAPYやMAMOKOタウンを出版しているdwiesiostry(ふたりの姉妹、という意味)出版社は
ほかにもユニークでデザイン性の高い本をたくさん出版していて、HPをみるだけでも楽しいです。
HP→dwiesiostry
最新刊として『BANZAI』という日本を紹介する本も出しています。

pobrane_20150914230451582.jpg
日本好きの友達が購入予定だと言っていたので、読み終わったら貸してもらおうかしらん。

スポンサーサイト

ポーランド | trackback(0) | comment(5) |


<<チビ、幼稚園へ。 | TOP | ブルガリア流カッテージチーズ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


素敵な絵本地図 

素敵な地図を紹介いただき、有難うございました❗️大人の絵本としても立派に通用しますね。ポーランドの作家の作品なんですね!存知あげませんでした。日本紹介の本も気になります。
今や、インターネットの検索機能で、情報入手は容易になりましたが、本がもっている感触や、五感を刺激し想像力をかき立ててくれる不思議な力は、いつまでも大事にしたいものです。

2015/09/15 07:06 | TETSUO [ 編集 ]


 

あ~!これ、持ってます!
紹介していただいたMAMOKO、シドニーの紀伊国屋でヤツが買ってきたんですけど、そのときに一緒にこれも買ってきてました。
しかし、MAMOKOの本より大きいので、
重たいのか、次女はまったく見ません(汗)
長女は、7歳になったので、地理に興味がでてきたのか、ときどき見てますが、、、(汗)
MAMOKOは、好きで、よく見てるんですけどねー。4歳にはちょっと早いかなぁ。。

2015/09/17 20:46 | JJ [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/19 05:22 | [ 編集 ]


 

>TETSUOさん
インターネットでも買うことができますが、大きな書店では取り扱いがあると思います。
機会があったらぜひ手にとって見てください :)
TETSUOさんのおっしゃる通り、本をめくる感触っていいですよね。オンライン書籍にはない魅力だと思います。

2015/09/21 03:04 | ogrod [ 編集 ]


 

> JJさん
おお、お持ちなのですね!MAMOKO、シドニーの紀伊国屋にありましたか!さすがです。
たしかにこの本は幼児~幼稚園の子には早いですよね。息子は絵を指さして楽しんでいますが、
本格的に楽しめるのはもっと大きくなってからだろうなあと思っています。
今は私のほうがたのしんでいるかも ;)

2015/09/21 03:07 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/399-99713ad0

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。