--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/06 (Mon) Mikołajki-サンタクロースの日-

今日12月6日は「聖ミコワイの日(Mikołajki)」
サンタクロースのモデルとなった聖人を祝う日です。
ちなみに、ポーランドではサンタクロースのことを「ミコワイ」といいます。

さて、この12月6日がどんな日かというと、子供たちがミコワイからプレゼントをもらえる日。
クリスマスイブにもプレゼント交換をするので、ポーランドでは子供たちは
2度クリスマスプレゼントをもらえるのです!
(この習慣は他のヨーロッパ諸国にもあるようです)

イブの日はクリスマスツリーの下にプレゼントを置いて、
晩餐のあとみんなで開けるのに対して、この聖ミコワイの日は朝起きた子供たちが
枕元にミコワイからのプレゼントを発見できるようにするという違いがあって、
どちらかというと日本の子供たちへのクリスマスプレゼントの渡しかたは
この聖ミコワイの日に近いように感じます。


そういえば私たち兄妹は、ずいぶん長いことサンタさんの存在を信じていたっけ。
ツリーの下にサンタさんへの手紙とココアを置いたりして。
真夜中に、プレゼントを持ってきた父を目撃して大ショックを受けたのが、
たしか小6のクリスマスイブ。
次の日の朝、兄に告げたら「そんなはずはない!サンタさんはいるんだ!」って
半泣きで反論されてそれ以上何も言えなかったのを覚えています。
どんだけ純粋なんだ、12歳男子。
今の小学生もサンタさんを信じているのでしょうか。




さて今日は学校に行くと、ミコワイからのささやかなプレゼント、と
先生から生徒ひとりひとりにチョコレートが配られました。
そのあと、クラスで自国のサンタクロースについて話し合いました。

サンタクロースも国によって呼び名が変わります。
ポーランドでは先に書いたように「ミコワイ」、お隣の国ドイツでは「ニコラウス」。
イタリアでは「バブー」、スペインでは「パパ・ノエル」。

呼び名は違えど、サンタの風貌はどこの国も似たような(たっぷりした髭に全身赤白)
ものかと思いきや、モンゴル出身のクラスメイトが
「私たちの国では、サンタは全身白できめて、青いマントを羽織っている」
と言うではありませんか。
名前はなんだかものすごく発音しづらくて忘れてしまいましたが、
所変われば品変わる、なんだなあと妙に感心してしまいました。



ポーランドも12月に入ってだんだんとクリスマスムードが高まってきました。
スーパーのチラシに、クリスマス料理に欠かせない鯉や生のもみの木が載ったり、
街の広場でちいさなクリスマスマーケットが開かれたりしています。


私も今日、文具屋でクリスマスカードを手に入れたので、
これから日本の家族や友人たちに宛ててぼちぼち書きはじめようと思います。

スポンサーサイト

ポーランド | trackback(0) | comment(0) |


<<よい子は早めにお家へ帰るべし | TOP | 便り>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/37-4ce16fa1

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。