--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/02/23 (Mon) 馬そりに乗って白銀の世界を駆け抜けよう-Jedziemy na kulig!-

ここ最近、日中気温10度近くまで上がる暖かい日が続いているポーランド南西部。
毎日のようにお日様が出て、ちょっと前に降った雪もすっかり溶けて、もう春はすぐそこ
といったかんじです。本当にこのまま春になったら、この冬はだいぶ穏やかなものだったと
言えそうです。

さて、もう先々週の週末のことになるのですが、初めて「馬そり」に乗ってきました!
私の住むポーランド南西部は、山岳地帯まで車で一時間ほどと気軽にレジャーに出かけるのに
なかなかいいところです。そのぶん、海までは600キロ以上と遠いのですけどね…
今の時期はスキーを楽しむのにぴったり。私はチビを妊娠する前に一度行ったきりになってしまって
いるのですが、Aは毎年冬ごとに同僚や甥っ子と平日の仕事前に数時間滑りに出かけています。

さて、今回初体験の馬そり。これは先日バレンタインの時に、モティカ母が近所のおばちゃまたちと
夜の馬そりツアーに出かけると聞いたのがきっかけで、私たちも行ってみよう!という話になりました。
Aのバンド仲間の家族2組と甥っ子家族の4家族合同、大人7人・こども3人・幼児3人の計13人で
午後3時半馬そりを一台予約しました。

今回は車で一時間半ほどのIstebna(イステブナ)という場所に行きました。モティカ母はもう少し近い、
Wisła(ヴィスワ)で乗ってきたそうです。 Wisłaはポーランドを代表するスキージャンプ選手アダム・マリシュの
出身地として知られています。

s-1_2015022311362336f.jpg
Istebna
地図をご覧いただければわかるように、チェコ国境ぎりぎりのところにあります。

これが馬そり。
11005599_10152793854358195_719705794_n.jpg
私たちを引っ張ってくれる馬、KubaとZusia
足腰がどっしりとしていて強そう!

10956342_10152793855428195_1783879295_n.jpg
出発前にぱちり。

始めは車道を走るので、こうして車とすれ違います。

11015413_10152793856388195_749960862_n.jpg
馬使いのおじさんはポーランド語でも英語でもない独特の言葉を使って
馬に合図を出して巧みにそりを操ります。

しばらく走ると雪深い森の中へ・・・

11005681_10152793856808195_1965729404_n.jpg
そりはスピードを上げてアップダウンのある雪道を走り抜けます。
結構なスピードでなかなかスリリング!
私は一番前に座っていたのですが、風がびゅんびゅんと顔に当たって寒い寒い!
こどもはしっかり毛布などでくるむか、真ん中あたりに乗せるのがおすすめです。

11016517_10152793856723195_2059669711_n.jpg
この日はよく晴れて、そりの上から見る景色は素晴らしいものでした。

30分ほど走ったところで、休憩。
森の中の開けたところに火が起こしてあって、温かい飲み物にパン、グリル用のソーセージが
用意してありました。
11008911_10152793857038195_135938603_n.jpg

火を囲みながらみんなでグリルタイム。

11008885_10152793857288195_1082729552_n.jpg
ソーセージを鉄の串刺して火にあぶります。

11004953_10152793857638195_1324194949_n.jpg
出発前に売店で買った山岳地帯の名産品、ヤギのチーズ、オシチペックもグリルしました。
あぶりたてのオシチペックは絶品です。このチーズ、かなり塩がきいているのですが、
チビも半分くらいぺろりと食べていました。

これまでグリルといえば夏のものというイメージがありましたが、白銀の世界の中するグリルもいいものでした。
こういう冬の楽しみ方があったとは。ポーランドに来て5回目の冬で初めて知りました。

一時間ほど休憩したら、また来た道を帰ります。
馬たちも休憩して元気を取り戻し、帰り道も順調に走りきってくれました。

馬そりを楽しんだ後は、近くのレストランで冷えた身体を温めて・・・
11004899_10152793857773195_154227110_n.jpg
かわいらしい内装のレストラン。オレンジ入りのホットワインがとても美味しかったです!

日曜日でさらに冬休み最終日とあって、ものすごい大渋滞が予想されたので
帰りはチェコまで出て、別ルートで帰宅。
チェコのほうは道がガラガラで、すんなりと家に着くことができました。


この馬そりツアーは所要時間約2時間半、馬そりと食べ物飲み物、グリル用品すべて込みで
一台200pln(約6500円)。人数は最大14人までです。
今回は13人だったので、ひとりあたり15pln(500円弱)、そりとグリル、白銀の森をたっぷり楽しめて
この値段はかなりお得だといえると思います。

今回だれよりも楽しんでいたのは、4歳の甥っ子。
そりに乗っている間じゅう大興奮、休憩地では馬使いのおじさんを質問攻めにしていました。
家に帰ってからもいかに楽しかったかを延々と語っていたそうで、この日風邪気味で家でお留守番していた
モティカ姉が「何度も何度も聞かされて、まるで私も行ったかのように感じるわ」と
苦笑していたほどでした。
チビも楽しんでいたように見えましたが、馬を怖がって近づきたがらず、帰りのそりの上では
半分以上爆睡(笑)。ちゃんと楽しめるようになるにはもう少し時間が必要かなーと感じました。
私自身、この初めての馬そり体験がすごく楽しかったので(甥っ子の次に楽しんでいたのは
私かも)、また来年の冬にもぜひ行きたい!と思っています。来年にはチビももっと楽しめることでしょう。

馬そりツアー、冬のポーランドのレジャーとしてオススメです♪

スポンサーサイト

ポーランド | trackback(0) | comment(7) |


<<日本料理ワークショップ再開します | TOP | 30過ぎたら身体のメンテナンスには時間とお金をかけるべし>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちは

いつも記事を楽しみにしています。

馬そりすごいですね。
なんかおとぎ話の世界みたいです。
ポーランドの田園風景って童話の挿絵の風景と
イメージが重なります。
って私の勝手なイメージですが。

2015/02/25 11:09 | sayuri [ 編集 ]


 

sayuriさん
ありがとうございます。

馬そりに乗って森の中を駆け抜けたら、私も童話の中に入り込んだような気分になりました。ポーランドののどかな風景、絵になりますよね。私もsayuriさんのように絵が描けたらいいな~と思うのですが、絵心がないのが残念です。

2015/02/25 20:11 | ogrod [ 編集 ]


 

日本料理ワークショップ楽しみですね。

絵はどなたでも描けると思います。
お料理作るのと同じ感覚だと思うのですが・・・。

2015/02/27 23:37 | sayuri [ 編集 ]


 

めっちゃたのしそう(≧∇≦)
是非参加してみたいです!
このツアーは、ポーランドのどの地方でもやっているのでしょうか?
彼がBiałystokにいて(実家はSokółka)、まだだいぶ先ですが来年の2,3月にポーランドへ彼に会いに行こうと考えています。もし、どの地域でもあるのでしたらその時に是非参加してみたいなと思っております(*^^*)
ポーランドは本当に綺麗な癒される自然いっぱいな国なんですね!出来ることなら1日でも早くポーランドに行ってみたいです!(*゚▽゚*)

2015/02/28 02:59 | Jessica 11 [ 編集 ]


 

> sayuriさん
お料理と同じ…誰でも描けるけど、センスが必要、というところでしょうか。いつもこどもに描いてやりながら、「いつか、「お母さん、これ何?全然わからない!」って言われる日が来るんだろうなー」と思っています(笑)

2015/02/28 09:48 | ogrod [ 編集 ]


 

>Jessica 11さん
馬そりは山岳地帯特有のレジャーかもしれません。だとすると南部以外は難しいかも?でもBiałystokならジュブルがいる森があったり、湖があったり、たっくさん見どころがありそうですね!
約1年後のポーランド訪問、楽しみですね~♪

2015/02/28 09:53 | ogrod [ 編集 ]


 

そうですか。南部なんですね!
せっかく行くので、時間を作って、南部とかも巡ってみたいと思います!
まだ先ですが、本当に楽しみ❤️

2015/03/01 16:32 | Jessica11 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/345-10541e3e

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。