--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/02/11 (Wed) リメイククッキング-マシュマロクッキーと和風ラスク-

断乳について書いている最中ですが、ここでちょっと別の話を。

断乳の際、グミ作戦が功を奏したと書きましたが、チビの気をひくアイテムとして断乳前日に
スーパーでグミのほかにマシュマロも購入しました。

みなさん、マシュマロお好きですか?私はなんだか捉えどころない食感と薄ぼんやりした甘さをもつ
お菓子、という感じで特に惹かれないのですが…。
とりあえず買ったものの、チビもグミほど好きではないようで口に入れては出して遊び始めて
手がべたべたになってしまうので、こりゃ買って失敗したなあと困っていました。
コーヒーに入れて溶かして飲んだりしたものの、他に何かアレンジできないものか、、、
とインターネットで検索したら、ありましたありました。

”マシュマロクッキー”。
材料がマシュマロのみ、ということと「簡単で美味しい焼き菓子♪まるで高級クッキーみたい!」
との謳い文句にひかれて早速作ってみました。

作り方は本当に簡単です!
マシュマロを140℃のオーブンで1時間弱焼く。以上!

009_20150211104847bbc.jpg
うちのマシュマロは大きめサイズだったので、はさみで半分に切って天板に並べました。
ちょっとしたアレンジで、15分ほど焼いてマシュマロが柔らかくなってきたところで
胡桃のかけらを上に乗せて(埋め込む感じ)みました。

焼きあがり。
013_201502111048501b2.jpg
見た目はくるみクッキー、食感はメレンゲ菓子、味はなんといったらいいか、
やっぱりマシュマロのような薄ぼんやりした甘さ(笑)。
でも、サクサクとした食感がなかなかおもしろくて、次の日モティカ家に遊びに行ったときに
コーヒータイム用に持っていったらみんなに好評でした。だれもマシュマロだとは気がつかず、
言ったら驚いていました。
チビも喜んで食べていたし、わざわざマシュマロを買ってきてまで作るほどでもないけど、
また機会があれば作ってもいいかな、と思える焼き菓子でした。
マシュマロが家にあって余ってるという方、いちどおためしあれ!

我が家でいつも余ってしまう食べ物と言えば、パン。
こちらではどっしりとしたパン(パンドカンパーニュというのでしょうか?)が主流で、
パン屋さんで丸々ひとつか、半分にしてもらって買います。
Aは朝寝坊で朝ご飯と昼ご飯が一緒になることが多いし、私はご飯派なので
ひとつだと確実に余ってしまうため、いつも半分サイズを買うのですが、それでも食べきれずに
硬くなってしまうことが多々あります。
ポーランドではパンは捨ててはいけない、とされていて、ゴミ置き場でも普通ごみとは
別の袋に入れてぶら下げておいて置くのをみかけます。(おそらく、ホームレスの人が持っていけるように)
幸い、モティカ家には鶏がいて硬くなったパンは飼料として使えるので、余ったら持っていくのですが
毎回毎回だとなんだかすごくもったいないことをしている気がして申し訳なくて…
で、今回マシュマロクッキーを作った際に、そうだ、ラスクを作ってみよう!と思い立ちました。

140℃のオーブンで15分焼いて水分を飛ばしてから
溶かしバターと蜂蜜に日本から持ってきた黒ゴマきなこを混ぜたペーストを塗ってさらに15分。
010_20150211104848d03.jpg
カリカリの和風ラスクのできあがり。ちょっと小腹がすいた時のコーヒーのお伴にぴったり。
パンそのままだと1枚でお腹いっぱいになってしまうけれど、ラスクにすると3枚くらいは
軽く食べられてしまいます。

パンと言えば、2月5日は「聖アガタの記念日」でした。
この日教会で人々は水と塩、パンをお清めしてもらいます。
そのパンは家を火災や事故から守るお守りとして大事にとっておくのが習わしです。
先日モティカ母がお清めしてもらったパンを少しわけてくれました。

016_20150211104851128.jpg
これはラスクにしてはいけないいけない。

021_2015021111531587b.jpg
家用と、車用、ふたつに分けてワックスペーパーで包みました。
(このムーミンのワックスペーパーは日本から親戚が持ってきてくれたもので
普段サンドイッチを包むのにはもったいなくて使えないので、こういうときに活躍させるのです。)

これで家と車、そして厄年の私を守ってもらえますように。

スポンサーサイト

つれづれ | trackback(0) | comment(6) |


<<Tłusty Czwartek 2015 | TOP | 離乳、完了!その2・レモンパイ作戦>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちは!

いやぁ、どこの国でも食べ物を捨ててはいけないですね。
実は日本では様々ケースあるんですね。
ポーランドで硬いパンは鳥たちにやります。
けど日本でそんなことをしてはいけません。
特にカラスが多くて、危ないですね。

とにかくご飯をお茶碗やお皿に残してはいけません。
「勿体無いお化けが来る」からね!

カトリックの考えとして守るのはお祈りです。
神父様はお祈りを捧げて、聖水でパンなどを振りかけます。
パンなどはシンボルだけですね。
あのパンを食べたほうがいい!

ところで、ラスクもマシュマロクッキーも美味しそうです!
さて、良い建国記念日を!
明日はやっとTłusty Czwartek!

「Powiedział nam Bartek, że dziś Tłusty Czwartek!」

2015/02/11 15:08 | リトルミイ先生 [ 編集 ]


 

> リトルミイ先生さん
このパンは食べたほうがいいんですか!義母からは取っておくのよ、と教わりました。
イースターの時にバスケットに入れてお清めしてもらったパンはいつも翌朝の朝食で食べていますが、
どうなのでしょう?家庭によっても違うのかもしれませんね。
ところで、Tłusty Czwartek、リトルミイ先生はいくつポンチュキを食べましたか?私は全部で8個!食べすぎました~。

2015/02/14 06:31 | ogrod [ 編集 ]


 

Ogrodさん、お返事ありがとうございます。
もちろん人によって様々な考え方がありますね。
私にとってあのパンを置くと、いつか捨てなければならないですね・・
それなら、食べたほうがいいんじゃないかなと思いました。
置くのは聖水です。
カトリックの「kolęda」の「神父様の訪問」時に使います。
聖水は家の「お守り」ということです。

いやぁ、私は今年の「Tłusty Czwartek」ポンチキを食べませんでした。
ある理由で甘いものはしばらく駄目なんです。
しばらくですね。
来年お楽しみにしています!
Ogrodさんはすごいですね!
ドーナッツは美味しかったですか?
中身はバラのジャムだったのか?
チェリーだったのか?

2015/02/14 20:18 | リトルミイ先生 [ 編集 ]


 

はじめまして:)偶然通りかかったカナといいます。マシュマロクッキーとてもかわいいです。しかも簡単そうですね♪ ogrodさんはもう五年目ポーランドにいらっしゃるのですか? わが家は今年クラフトの方に赴任が決まりまして^^;なので検索していたらogrodさんのブログに辿り着いたのです。また遊びに来てもいいですか?

2015/02/14 21:48 | カナ [ 編集 ]


 

>リトルミイ先生さん
確かに、パンはいつか捨てることになるんでしょうね…そう考えると食べてしまったほうが
いいですね!日本の神社でお守りをお焚き上げをしてくれるように、教会で一斉に一年前の
パンを返納できるような方法があればいいのになーなんて思いました。

2015/02/16 06:22 | ogrod [ 編集 ]


 

> カナさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
そうなのです、私はポーランド滞在5年目に入ったところです。
クラクフにご赴任が決まったのですね、クラクフはポーランドの中でも
歴史のあるとても素敵な街なので、きっと楽しい生活を送ることができると思いますよ♪
またぜひのぞきにいらしてください!

2015/02/16 08:30 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/338-6357e17a

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。