--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/01 (Wed) ロンドン♪ミュージカル♪

先週木曜~週末にかけて、イギリスはロンドンに行ってきました。

私にとって初めてのロンドン!
旅の相棒も、9年前にオーケストラ演奏のために数日行っただけ、
土地勘も何もないということで、
「むこうで何をするか決めていかなきゃね」、「しっかりリサーチしていかなきゃね」と
ずいぶん前から言いつつ、結局地図もガイドブックも持たずに
出発の日を迎えてしまいました。

ちなみに今回の旅、ハンガリーの格安航空会社Wizz airで飛んで、
ポーランドのカトヴィツェからロンドンまでフライト時間は約2時間・
航空券代はふたりで400zł(日本円にして約1万2千円)。
外国へ行くのに、東京から新幹線で京都に行くよりも早くて安いのだから驚きです。




木曜日、早朝のフライトでロンドンへ。
まずは、今回の旅行中の滞在先を提供してくれた友人Nちゃんの家でお茶をしてから、
ロンドン名物のバス・赤いダブルデッカーにゆられてロンドン中心部に向かいました。
バスの二階の窓から見えるロンドンの街並みは、クリスマスシーズンということもあってか
とにかくカラフル!
この数ヶ月、ポーランドのグレーな街を見慣れていた私の目にはなにもかもが眩しく映って、
あっちこっちキョロキョロして完全におのぼりさん状態でした。

さて、ほぼ無計画で臨んだこの旅で、唯一「ロンドンでこれだけは絶対したい!」と
心に決めていたのがウエストエンドでのミュージカル鑑賞。
tktsという、当日券が半額で手に入るブースでお目当てのチケットを探します。

たくさんの演目が並ぶ中、私たちが選んだのは

005_20101202010945.jpg
BILLY ELLIOT!

日本でも『リトルダンサー』の邦題で大ヒットしたイギリス映画のミュージカル版です。
いかにもミュージカル!の『オペラ座の怪人』にも惹かれたのですが、『BILLY~』は
ここイギリスが舞台だし、この日はちょうどマチネ(昼公演)があったので、
カジュアルな格好をした私たちでも気後れせずに入れる、ということでこちらを選びました。


024_20101202010945.jpg


023_20101202010944.jpg


256.jpg
劇場内の様子。比較的こじんまりした劇場ですが、クラシックな内装で雰囲気がありました。
平日のマチネでも、超満員!主人公ビリーと同い年くらいの学生一行も観に来ていました。


『BILLY ELLIOT』の舞台は1980年代イギリス北部の炭坑の町。
炭坑夫の父と兄、年老いた祖母との貧しい暮らしを送る少年ビリーが、バレエに目覚め、
ロンドンの名門・ロイヤルバレエ学校を目指すまでの情熱と周囲との葛藤を描いた
物語です。

自分の語学力不足に加えて、せりふがイギリス北部の訛りが強くてさらに聞き取りづらく、
まわりの観客が大笑いしているのに「???」っていう状況も多々あったけれど、
それよりなにより、とにかく歌とダンスシーンが素晴らしかったです。
映画もこれまでに3回見たほど好きなのですが、お父さんも同僚の炭坑夫たちも歌う、
踊るのミュージカルならではの楽しさもいいものでした。
特にビリーがクリスマスの夜、未来の自分と踊る白鳥の湖には鳥肌が立ちっぱなし!
ここは、それまでバレエに大反対だったお父さんがビリーのダンスを目の当たりにして、
どうにか息子の夢をかなえてやりたい、と思うようになる大事なシーン。
映画ではお父さん(と友人のマイケル)が観ているのを承知で
「僕は踊ることが好きなんだ!」というのを表現する激しいダンスなのにひきかえ、
舞台では、見られていることに気付かずに
とにかく踊ることの楽しみを味わっているビリーが幻想的に演出されていて、感動的でした。

それと、ロイヤルバレエ学校の試験の際、最後に試験官に
「踊っている時、どんな気持ちか」と聞かれるシーンのダンスも秀逸。





観終わって充足した気分で劇場を出たら、外はすっかり真っ暗、
クリスマスのイルミネーションがまばゆいばかりに輝いていました。

休憩時間をはさんでたっぷり3時間、ミュージカルの世界を堪能したロンドン一日目でした。



映画・予告編




映画のラストシーン。 このシーン、大好き。


ああ、また映画も観たくなってきちゃったな。


…ロンドン旅行記、続きます→

スポンサーサイト

旅行 | trackback(0) | comment(2) |


<<ロンドン・マーケット-Camden Town- | TOP | SQUASH!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

お久しぶりです。ギリギリUKの雪によるパニックに巻き込まれなかったみたいですね。現在、各地で交通機関は止まるは、学校は閉まるは、そして空港閉鎖…と大変なことになっています。ポーランドでは屁みたいな雪なのに(失礼!)
私たちもWizz airで飛びましたよ。安いですよね。ポーランド人アテンダントの英語の早さ(ポー語と同じテンポ)にビックリしましたが…
ロンドン、私たちも一度観劇に行きたい場所。昔一度だけ同じようにミューイカルを見たけど、そのときは「王様と私」を見ました。続けて、ロンドンレポ読みますね~。

2010/12/03 01:34 | kojiczuk [ 編集 ]


 

コメントありがとうございます。
ロンドンは私たちが帰った翌日から大変なことになってたみたいですねー!
ポーランドに帰りついたら、こちらは吹雪いていて、既に雪がたくさん積ってましたよ。
それでもバスも車も走る走る!たくましいですよね。。。私も早くこの寒さになれたいものです。

2010/12/03 05:43 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/31-b34443ac

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。