--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/04/28 (Mon) 列聖式にて思うこと

今日(4月27日)、バチカン市国の聖ペトロ広場で、ヨハネ23世とヨハネパウロ2世の
列聖式が行われました。
今週はこの話題でポーランド中が沸いていて、この週末は私の住んでいる村でも
モティカ家を含めほとんどの家が、バチカン市国の国旗カラーである白と黄色のフラッグや
リボンに赤白のポーランドの国旗、そしてヨハネパウロ2世の写真を窓際に飾る光景がみられました。
このミサよってポーランド人が"Papa(パパ)"と呼び、敬愛してやまないヨハネパウロ2世が聖人として
宣言されるということで、ミサに参加するべくたくさんのポーランド人が現地にかけつけたようで、
ミサのテレビ生中継では国旗を掲げた大勢のポーランド人が映し出されていました。
教会離れが進んでいる、といわれている若者たちの姿も多くありました。
こういうとき、ヨハネパウロ二世への愛、ポーランドの人々の信仰の深さを改めて感じます。

列聖式については詳しくはこちらのページでどうぞ→バチカン放送局

私は2年前のポーランドの教会での結婚式の時に、Aの地元教会とのやりとりが非常にややこしくて
いやな思い出として残ってしまって(結婚式を挙げた教会はとてもすてきなところだったんですけどね)、
それ以降教会には足が向かなくなってしまったのですが、モティカ家メンバーは週末も仕事で忙しいA以外は
みんな必ず日曜日は教会に行っています。
チビはまだ幼児洗礼を受けていませんが、私たちは教会式を挙げる際に
「子供ができたらその子はキリスト教信者になること」という約束を教会と交わしているので、
いずれは受けることになります。
ここまでAがあまりに仕事が忙しくて(といいつつ、A自身がそれほど重要視していないので
ずるずるとここまで来てしまったというのが本当のところ)のびのびになっていますが、
せめて夏の1歳の誕生日までには受けさせなくちゃね、と話しています。
たとえ洗礼を受けてクリスチャンになったとしても、今後引っ越して家族三人だけの生活が始まると
教会に行く時間のないAにクリスチャンではない私という親に囲まれた環境で、
チビはどんなふうな宗教感に育つのかなあと興味深いです。
ポーランド(のとくにこんな田舎)で育つ上では、やはりキリスト教とは切っても切れない繋がりを
生活のいたるところで実感する場面が多いはず。
チビはキリスト教信者であっても、ほかの宗教感も尊重できる賢さと柔軟性を備えてくれればいいな、と思います。
私は私で、キリスト教自体と信者の人に対する敬意は払いつつ、日本の行事(七五三や端午の節句など)も
大事にして、チビに日本の文化のひとつとしてしっかり伝えていけるのが理想かな。


そう、もうすぐチビ初めての端午の節句がやってきます。
5日はちょうど上の甥っ子の重要な節目のキリスト教行事(実はまだ詳しく理解できてないのですが…)
と重なるので、一緒にお祝いできたらなあと思っています。
先日日本旅行から帰ってきた友人二人が、私の母に託されて柏の葉を持って帰って来てくれたので
それを使って柏餅以外で何ができるかな~と考え中。

そして明日は月イチ恒例の日本料理ワークショップ!
今回のテーマはと言うと…

079_20140424005630243.jpg
写真からおわかりいただけるかと思います、
そう、「お花見弁当」♪
もう日本では東北地方以外は桜は散ってしまったでしょうけどポーランドはこれからが一番いい時期!
ピクニックに日本風のお弁当を持っていってもらえるきっかけになればなあと;)
デザートには春ならではの桜餅を作る予定です。

明日は頭に巻く手ぬぐいもお花見仕様でいくつもりです♪
003_201404272136547b3.jpg
年明けに帰国した時に大学の友人からプレゼントしてもらいました!
色合いがとっても素敵。

今回は何人が参加してくれるかな、みんなの反応はどうかな、楽しみです。

スポンサーサイト

つれづれ | trackback(0) | comment(4) |


<<お弁当の思い出 ‐第8回日本料理ワークショップ‐ | TOP | Happy Easter!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちは。

今、ワルシャワに来ています。
日曜日に旧市街近くでバチカンの中継をしていて
たくさんの人が集まっていました。

ポーランドは今、新緑がきれいな季節ですね。
東京から季節か違和感が無く感じられました。

日本料理ワークショップの様子楽しみにしています。

2014/04/29 16:12 | sayuri [ 編集 ]


うちは 

7月の終わりにイギリスでさゆりの洗礼式をするよ^^私たちはイギリスに住んでるからポーランドほどカトリックが暮らしのベースにはなってないけど、だからこそかな、私にとってはカトリックはポーランドの一部として娘達にしっかり伝えて行きたい事の1つなんだよね。日曜の朝は皆で教会行ってその後カフェでお茶をして帰って来る事から一日が始まるよ^^ポーランド人の親戚から、「マーチンの為に洗礼に同意したんだよね?」って聞かれたけど、全然そんな事ないんだよね。マーチンからポーランドを、私から日本をできるだけ伝えて行けたら良いなーと思ってるから、Ogrodちゃんの気持ち共感する^^マーチンも彼の家族もポーランドの中でも敬虔なクリスチャンの方に入ると思うけど、皆、異教徒の私や日本文化を受け入れてくれてて、何かを避けると言うよりいろんな物をそれぞれしっかり取り込んで子育てさせてもらえてるなーと感謝してるよ^^だからカトリックも避けるつもりはないんだー。私たちの母国で暮らしてる訳じゃないから、その文化の中で大きくなる訳じゃないけど、少しでも多く、伝えて行けたらいいなー。

今回も、お花見料理教室たのしそうだねー^^また目でも楽しめるお料理の数々、楽しみにしてるよー!

2014/04/29 18:50 | ともみ [ 編集 ]


 

>Sayuriさん
一年でいちばんいい時期にポーランドにご旅行ですね、
連日いいお天気で楽しんでらっしゃることでしょう。
今回の列聖式はポーランド中が喜びムードで、新聞でもテレビでもヨハネパウロ二世特集が大々的に組まれていました。ヨハネパウロ二世のことを語るポーランドの人々をみると、ポーランド人の中で本当に大事な存在なんだと感じます。

ワークショップ、今回も楽しくできました。近々様子をアップします!

2014/05/02 02:31 | [ 編集 ]


 

>ともみちゃん
うんうん、どちらからも離れているからこそ、どちらも大事にしたいっていう
ともみちゃん家族の考えは理想的だし、バランスも上手にとれるんだろうね。
私たちはポーランドで暮らしているから、チビがこれからキリスト教寄りになるのは
仕方ないかなと思っているの。宗教は”信仰”というより”生活”だな、と
ここに暮らしてみて感じているから。
だから私は私で神道や仏教を”日本の文化の一部”として伝えていけたらいいなあと
考えているところです。

私も、モティカ家はみんなかなり敬虔なキリスト教徒だけど、それを押し付けたり、日本文化を排除しようとしたりしないで大らかに受け入れてくれてるよ。
だからこそ私もキリスト教に対してきちんと敬意を払おう、と思えるんだよね、ありがたいことです!

2014/05/03 03:48 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/293-3fe7afda

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。