--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/03/31 (Mon) ドアが来た!・・・がしかし・・・

サマータイムが始まりました。夜7時でもまだ外が明るいのは嬉しい!
日本は各地で桜が咲き始めたようですね。今年の4月の入社式、入学式はちょうど
桜が満開のころになるでしょうか。

春は始まりの季節、ということで現在私たちはイースター前の引っ越しを目指して
アパートのリフォームに奮闘中なわけですが、

なんとなんと、その予定が怪しくなってきました~:(

というのも、昨日(土曜日)注文して取り寄せにひと月待ったドアの設置作業が
行われたのですが、4つのドアのうち、1つのパーツサイズを業者が測り間違えていて
設置完了できなかったのです。
で、最悪の場合、そのパーツが届くまでもうひと月待たなくてはいけない可能性も
あるとのこと。リフォーム中の現在も、毎月の管理費は発生しているし、
チビがいるので、すべてきちんと完了した状態になってから引っ越したい私たちとしては
これは痛い。
プロの業者が測ったのに間違い(3センチもの誤差!)があったのにもがっかりですが
なによりがっかり&腹が立つのが、
「業者から謝罪&今後の予定を知らせる電話の一本もなかったこと」!

土曜日にドアのパーツを持ってきたのはドア業者のオーナー男性(この人がひと月前に
サイズを測りにきて注文した責任者)と設置担当の大工さん二人。
オーナーはパーツを搬入した後「じゃ、あとは大工さんに任せますんで。」といって去っていき、
サイズが合わないとわかったのは大工さんの作業がだいぶ進んだ約4時間後。
私たちは作業の間、その様子を見たり、アパート周辺を散歩したりして時間をつぶしました。
大工さんは帰り際に「サイズ間違いのことはオーナーに連絡しておきます」と言っていたので、
私たちは当然「すぐに謝罪の連絡がオーナーから来るだろう」と思っていたわけです。
が、結局土曜日の間に連絡は来ず。今日日曜日、まずは大工さんにオーナーに伝えたかの
確認の電話をしてから、苦情の電話をオーナーにかけました。

Aが「昨日、そちらのミスで作業が完了できなかったことについて、何か連絡があるかと思ったのですが
音沙汰なしだったのでどうなっているのかと思って電話しました」といったら
オーナーは「電話したところで状況が変わるわけではないので、週明けに連絡すればいいと思って
いたんです」
とのこと。。。いやいや、違うでしょ、アナタ・・・。
「まずはそちらの手違いに対する謝罪と説明の電話をすぐにかけるのが、プロの仕事として
当り前のことなのでは?ドアの設置が完了してからでないと廊下の壁の色塗りや
コンセント差し込み口の設置ができないこちらとしては、今後どういう予定になるのかが
気になるし・・・」と伝えると、なんとオーナー逆切れ!
「ゆっくりしたい日曜日を台無しにされました」と捨て台詞まで!
頭に血が上りやすいAはカンカンになって
「またひと月待たなくてはいけないなら、私たちはあなたにそのひと月を台無しにされることになります」
と言い返していましたが・・・
結局、明日(月曜日)にオーナーから再度今後の予定についての連絡がくる、ということになったものの、
もーーーありえん!

これまで3年住んでいてこんなことばっかりではないですが、
全体的に物事に対する手際の悪さ、いい加減さ、
そしてそれを「ポーランドだから仕方ないじゃん」と開き直ってしまうところ、
ポーランド(のサービス)のそういうところ、はっきり言って嫌いです。


どうかどうかまたひと月待つ、ってことになりませんように・・・。
はああ、ポーランドのリフォーム、想像していた以上に大変です。

ドアの様子↓
002_201403310627502bb.jpg
設置前

013_20140331062816e75.jpg
設置後

017_201403310627494f1.jpg
サイズ間違えで中途半端な状態のドア(手前)

スポンサーサイト

ポーランドでリフォーム | trackback(0) | comment(8) |


<<引っ越したい理由。 | TOP | 近況あれこれ、お料理三昧>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おーー、かわいそうに><発火するわよ!って感じのムカつき度、わかるわかるー。ポーランドで結婚式の準備してた時を思い出したわ。。。(参考までに、リンクはこちら^^http://tomotomarcin.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_139d.html

イギリスでも同じ様な事、あるある!謝らないよね、ほんとに^^;「そのミスをしたのは私じゃない」とか「それ以上の事は自分では分からない」とか会社で働いてても、そこは個人営業みたいになってるしね^^;逆切れもあるよねー。ほんといい加減にしてほしいよね。それにそのオーナーは自分で採寸したんだから、完全に自分に責任あるのにね。ほんと人間不信になるよね。まだポーランド人のパートナーが一緒に怒ってくれるから救われる物の、もし自分一人で住んでたらもう国中まとめて嫌いになるよね!

でもスタイリッシュで素敵なドア!^^目隠しにはなるけど光は入って来て、いい感じだねー^^こっちのリフォームは、夏中に終わる気がしないよ。。。ほほほ。私は子供連れて、ポーランド(4月9日から1ヶ月行くよ^^)、日本(6月)、またポーランド(たぶん8月)と産休の最後をフル活用する為に外出しまくるから、リフォームはマーチンにかかっている。。。子供連れ出してあげてる間に、しっかり終わらせてもらいたい物だわ。。。

取りあえず、7月にさゆりの洗礼式をイギリスでするのにマーチンの家族やゴッドマザーになってくれる親友家族に泊まってもらいたいから、内装が終わってない2寝室のうちの1つは絶対に終わらせないといけないんだよねー。あー、時間があっという間に過ぎて行くわ^^;

2014/03/31 17:51 | ともみ [ 編集 ]


 

ogrodさん、こんにちは。
そうだね~、この国でのレモントは本当に時間と手間がかかってね、大変なのよね。私はもう2度としたくないです。
我々のレモントも半年かかったかなぁ~。そういえば最後まで揃わなかったのがドアと窓だったなと記事を読んで思い出しました。
日本での暮らしやサービスに慣れてしまってその感覚をそのままこっちにもってくると、キレルことが多くて嫌になるよね。
特に若いogrodさんたちの世代は質のよい日本のサービスが当たり前の時代を生きてきたので余計にそう思うでしょう。
謝罪や連絡なしで事を進めるって結構この国では普通にあるよね。ポーランド人は仕方ないと諦めているのかもしれないけど、こういうところから変わっていって欲しいな、ポーランドと思うわ。

2014/04/02 23:54 | くま [ 編集 ]


 

>ともみちゃん
この結婚式の記事、前にも読んだよ!その時「ポーランドならあり得る・・・」と思ったわ(笑)
全部をひとくくりにしちゃいけないいけない、と思いつつも最近いろいろあって、
本当に「国中まとめて嫌いになりそう」。。。早く引っ越して気分すっきり春を楽しみたいものです。
ともみちゃん達は春から夏にかけて移動続きなのね!忙しいだろうけど、レモントも少しずつ頑張って~。
ポーランドにひと月も来るんなら会いたいけど、遠いのが残念!

2014/04/06 06:00 | ogrod [ 編集 ]


 

>くまさん
くまさんもレモントに半年でしたか…私たちも結局完璧にすべてが揃うまでにはそれくらいかかりそうです。
何事もいいかげんなポーランドのレモント事情も問題ですが、時間のある私がポーランド語でてきぱき手配できないので、忙しい夫に負担がかかってしまうのが申し訳ないやら情けないやらで、本当に歯がゆいです。
この国で愚痴をこぼしつつ、自分の力のなさに落ち込みつつこのまま暮らしていくのは嫌だなあーーーと思う日々です。
・・・ってこれはまたレモントとはちょっと別の話ですね(笑)
とにかく、早く終わりますようにー!と祈っています。また進捗状況を書きたいと思います。

2014/04/06 06:12 | ogrod [ 編集 ]


こんにちは。 

ogrodさん、こんにちは!
ご無沙汰しております。
ドアの件、災難でしたね(;_;)
実は身近で似たようなことがあったんです...
現在、義姉夫婦がバスルームのリフォームをしています。三つのドアを注文し内一つがスライドドアなのですが、このスライドドア、注文したことと違うもので予定が進んでいることに気がつきました。
義姉夫婦は枠のないスライドドアが欲しかったのですが、大工さんは枠を作ってしまい気づいた時には、時すでに遅し...
間違えて発注したのは業者さんで、全く謝る気はなく今からチェンジすることは出来ないとのこと。
もう最悪です(x_x)
この話を聞いただけでムカムカ〜って感じでした!
何で謝れないんですかね?
一日でも早くogrodさんのドア、届きますように>_<

P.S.カトヴィツェの電気工事士でしたら良い人知っているのですが(笑)

2014/04/07 00:16 | あかね [ 編集 ]


 

> あかねさん
こんにちは!お久しぶりです。お元気ですか?ポーランドも暖かくなってきましたね~♪

お義姉さんもトラブルに遭われたんですね…先方のミスなのにチェンジすることもできないなんて!
残念ながらポーランドではこの手の話は日常茶飯事みたいですね。
義母によると「ポーランドで腕のいい職人はみんな海外に働きに出ちゃってるから、
いい職人を見つけるのはほんとに難しいのよ」だそうです・・・。
今回、発注ミスしたことよりも、そのあとの対応に誠意が見られなかったことががっかりです。
未だにドアは届かないし、取り付け済みのものにもいろいろ問題がみつかったので、
まだしばらくこの業者とのやり取りは続きそうです>_<

2014/04/08 04:31 | ogrod [ 編集 ]


気の長くなーるレモント。 

お疲れさまです、こっちでのレモント皆さんが仰るようにすんなり行かないのが常のようで...ご主人が忙しいわ小さい子供がいる状態では困ること多々だと思います。かく言う私も先日職人さんから資材が足りないから買ってきて!って頼まれる羽目になり現場監督がいるじゃんって思いつつ買いに走りました、幼稚園の迎えに行く途中に。おかげで無事作業が終了しましたが材料の手配ぐらいしっかり事前にしといてよって、現場監督いてもその方の都合が合わないと行程通りに進んでくれないようです。

2014/04/09 16:31 | kimmie [ 編集 ]


 

> kimmieさん
資材の調達はドアの設置の際も、キッチン設置の際も何度も車を走らせてます…どうして事前に大工さんが用意してないんだろう?!って本当に不思議になります。。。現場監督もいないので、今回のドアの時は私たちが、キッチンの時は朝から義母が現場監督として立ち会いました。本当にすんなりいきませんね~!はああ。ひと月後には笑ってるはず、と信じてもうすこし頑張ります。

2014/04/12 04:43 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/287-89576aeb

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。