--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/10/25 (Fri) お母さん?それともママ?

チビがお腹の中にいる頃、「お腹に向かっての話しかけ」というのをあまりしませんでした。
とくに理由があったわけではなく、ただ私がものぐさだっただけ。。。
正直なところ、チビに対してまだそれほど愛情(自分の子供だという実感)がなかったのも原因だと思います。
チビが生まれてから、こんなに可愛いんだったらもっともっと話しかけたのに~!と後悔し、
今は朝から晩までこれでもか!っていうくらいのマシンガントークをかましてます。

チビへの話しかけは、私は日本語、Aはポーランド語、
モティカ父母はシロンスク方言でそれぞれ話しかけています。
ちなみに私とAの会話は現在英語とポーランド語が半々くらいの割合。
いろんな言葉が混ざっててチビの頭の中がこんがらがるのでは?
という心配もないわけではないですが、 
私が参考にしている語りかけ育児の本『0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児』によると
”ふたつ以上の言語を聞くこどもは、混乱して言葉が遅れると考える親が多いが、
親がひとつの文に両方の言葉をかなり混ぜ合わせたり、こどもに親の母国語でない言葉で
話しかけたりしなければ大丈夫”
とのことなので、それを信じてみます。

ここで育つチビの母国語は、ポーランド語になるわけですが、
母である私はどこにいたって日本人。やっぱりチビには日本語も習得してほしい。
一緒に日本語でおしゃべりしたいし、日本のじいじばあば(両親)やおじちゃん(兄)、
私の友人たちとコミニケーションがとれるようになってほしい、というのが私の願いです。
周りのポーランド人に「チビは日本語を話せるようになるのかねえ?」と言われたり、
日本の友達に「日本語が話せるようになるか否かはogrodにかかってるよ!」
と言われるとちょっとプレッシャーを感じるのだれど、
Aが私と同じスタンスでいてくれて、さらに肩に力が入りがちな私の横で
「ogrodがいつも日本語で話しかけてれば大丈夫だよ、あんまり考えすぎないで~」と
言ってくれるので(実際はそう簡単にはいかないとしても)助かります。
チビへの語りかけの中で、日本語のオノマトペの豊富さに改めて驚いたり
わらべ唄の歌詞や語呂のよさに感動したりと、これまで以上に日本語って面白いなあ、と
思う機会が増えているこの頃。
こうやってなるべく私自身が楽しみながらチビに日本語を教える方法を
模索していければいいなと思います。


・・・とこんなかんじで毎日チビに日本語のシャワーを浴びせているのですが、
最近ふとある疑問が。
「自分のことをお母さんというべき?それともママというべき?」
私は母のことをママと呼んだことはないし、母が自分のことをママと言っているのを
聞いたことも一度もありません。常に「お母さん」、大人になってからは「母さん」。
だからチビにも自分のことを「お母さん」と呼んで話しかけている(「お母さん、ちょっと
手を洗ってくるね」、など)のですが、
ポーランドの家族はみんな私のことを「ママ」あるいは
「マムーシャ(「ママ」の赤ちゃん言葉)」と呼ぶのです。
もしポーランド語で「お母さん」が全く違う言葉だったら気にならないんでしょうけど、
日本語でも人によっては「ママ」と自分を呼んだり、子供に呼ばせたりする人もいますよね。
日本語とポーランド語で共通する言葉があるのなら、チビの混乱を最小限にするためにも
もしかして「ママ」で統一したほうがいいのかなあ・・・?と考えだした次第です。
二カ国語で子育てをしていらっしゃるお母さんたちはどうしているんでしょうか。
気になるところです。

ちなみに「お父さん」はポーランド語で「タタ」、「タトゥーシャ」。
こちらは日本語の「パパ」とは違うのです。私は今のところAのことを「お父さん」と
呼んでいます。もし「お母さん」を「ママ」に変更するのなら「お父さん」も
「タタ」に変えるべきなのか…
みなさーん、アドバイスあったらぜひお願いします!


------------------------------------------------
今日でチビは満3か月。
ありがたいことによく寝る子なので母は案外時間があります。
高校の同級生がプレゼントしてくれた手芸キットを使って
あひるのガラガラを作ってみました。
オーガニックコットンでやさしい肌ざわりの一品です。

126_20131025060427e18.jpg
チビ、まだあんまり興味がないみたい…(笑)
せっかく作ったから、これからもめげずにアピールしていきます!

スポンサーサイト

ポーランドで妊娠・出産 | trackback(0) | comment(15) |


<<おさんぽおさんぽうれしいな | TOP | 抱っこひもいろいろ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

うちは「お父さん、お母さん」だよ。私自身、パパ、ママって使った事ないし、子供にはお母さんって呼んでほしかったから。私の経験からだと、私がいつも日本語でしゃべってるから、それだけでみゆきは日本語で会話ができる様になってるよ。子供って頭良いから、2歳くらいになったら、もう大体どれがどっちの言語に属するのか理解できてるみたい。うちは夫婦間は英語だけど、3カ国語間で混乱する事は全くなかったよ。ただ、混ぜて使うと子供は一番使いやすい得意な言語しか使わなくなると思う。今、ポーランド語がそうで、マーチンが、みゆきが英語で返事をするのを容認してたら、ポーランド語で全部理解できるけど、返事は簡単な(彼女にとっては英語が母国語みたい)英語でするようになっちゃったからね。そこはコツコツ「ポーランド語では何て言うの?00って言うのよ。お父さんにはちゃんとポーランド語で言おうね」って言い聞かせてるけど、どれくらい追いつくかって感じだね。現地の言葉は絶対に強くなるから、ポーランド語は気にせず、今は日本語だけしゃべれればいいよん^^って気持ちで普通に話しかけてれば良いと思う。みゆきがいろいろ理解できる様になってからは難しい言葉も、わざと避けたりせずに会話に入れてる。そうやって覚えて行くんだよね、子供って。ogrodさんは他言語を覚えるからって心配せずに、日本で日本の子供を育てるのと同じ様に話しかければ良いと思うよ^^何か、気になる事があったら、いつでもメッセージしてね。私の経験で良ければ、いつでも相談に乗るから^^

2013/10/26 07:11 | ともみ [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/26 07:58 | [ 編集 ]


 

そう、それについては私も悩んで、結局今のところ、ママになっちゃってるかな。もうちょっと大きくなったら、「お母さん」に直そうかな?って思っているんだけど、上手くいくかなあ・・・
私も小さい頃は母のことをママと呼んでいたらしいけど、3-4歳ぐらいにはお母さん、と呼び出したみたい(幼稚園入る頃かな)
ママと呼ぶ利点は、ポーランド人の家族と過ごす時間が結構長いから、「ママ」と呼ばれたり、話題が「ママ」の話になると、すぐ周りの家族が気付くことかな。おもしろいことに、トメックのことは「タタ」でもあるけど「トメック」でもあるってことを知っていて、風呂上りに大声で「トメックウ!パジャマちょうだい!」って何故か大声で叫ぶ(笑)私の名前のことは分かってないみたい。旦那が私のことあまり名前で呼ばないからかねえ。コハニェとかが多いからか?!

2013/10/26 15:29 | ゆっきーまうす [ 編集 ]


 

うちはご存知の通り、私は「お父さん」「お母さん」、夫は「ママ」「タタ」。そのちゃんが、お母さん、お父さんで呼ばせたいなら、変えなくてもいいと思うよ。これから先二ヶ国語育児をしていくことになるんだし、モノには2つの呼び方があるんだって、一番最初に気づくのが「お母さん」「ママ」になるんじゃないかな。

うちのもうすぐ一歳時は、ちゃんと「お母さん」「ママ」・「お父さん」・「タタ」が同一人物だってわかってるよ。大体認識したなぁって思ったのは半年を過ぎたくらいからかな。
でも、「お母さん」ってやっぱり言いづらいから、きっと最初の言葉にはならないだろうねぇ・・

あと、お母さんっていうのは、一番美しい日本語の一つだと私は思っているよ。だから、やっぱりうちはお母さん。

2013/10/26 19:10 | SLOWART [ 編集 ]


 

>ともみさん
「日本で日本の子供を育てるのと同じ様に話しかければいい」
そっかあ、外国だからって気負わなくていいんですね。
チビを信じて、もうちょっと肩の力を抜いてみよう~。
日本語をしっかりマスターできているみゆきちゃんを育ててらっしゃるともみさんの体験談やアドバイス、いつもすごくありがたいです。これからもよろしくお願いします!

2013/10/27 05:29 | ogrod [ 編集 ]


 

>ゆっきーまうすちゃん
そっか、Sくんは今のところ「ママ」なんだね。ゆっきーまうすちゃんの言う「利点」、そうなのそうなの、周りが私がチビに話しかけていることがわからないから、
「ママ」と呼ぶようにしたらせめて何の話題かを察してもらえていいかな、というのもあって悩んでいるところなのです。
でも考えてみたら、バプチャ、ジャデックのことは「おばあちゃん、おじいちゃん」って呼んでいるけど、モティカ父母はこの頃この日本語を覚えてくれたみたいだから、「お母さん」もそのうち覚えてくれるかな。

「トメックウ、パジャマちょうだい!」、これゆっきーまうすちゃんじゃなくてS君のセリフなんだね。可愛いなあ~思わず笑っちゃったよ。一度生で聞いてみたい!

2013/10/27 05:40 | ogrod [ 編集 ]


 

〉SLOWARTちゃん
そうだね、SLOWARTちゃんのところは最初から「お母さん」だって言ってたね。
私自身はどうやって呼ばれたいか、って考えたら「お母さん」って呼んでもらいたいし、それが私にとって自然だと思ったから、やっぱりこれからもこのままでいこうと考えなおしたよ。
物にはいくつも呼び名がある、っていうのを自然と認識できるようになるんだよねえ、子供ってすごいね!(今度しばらくぶりにLちゃんに会って成長ぶりをみられるのをチョチャとヴイェックは楽しみにしております。)

2013/10/27 05:56 | ogrod [ 編集 ]


今更だけど… 

家族と母国語以外で話すことって、不思議だなぁー

日本人同士だと、細かなニュアンス伝わりやすいけど、違う言葉のほーが、たくさん考えながら話す、のかなぁー

言葉って、深いね(*´°`*)

2013/10/29 01:03 | しょう [ 編集 ]


 

〉しょうくん
自由に操れない外国語で話すのは細かいところまでうまく伝えられなくてイライラしたり、諦めたりすることも結構あるよ~。時々、ポーランド語を聞くのも話すのも嫌になることすらある!!!
そんな時は「ポーランド語に疲れたよー」って正直に伝えて、
ひとりで日本語でぶつぶつ言ってる(笑)。
滞在が長くなるにつれ、こういうジレンマも減ってくるといいのだけどね。

そんなこともあって、自分の子供とは日本語で話したいなあ、私の思いをしっかり言葉で伝えたい!って思いがあるよ。
チビがそれを理解できるだけの日本語能力をつけていけるかが問題だけど…
頑張りすぎずに頑張ります!

2013/10/29 05:18 | ogrod [ 編集 ]


 

こんにちは。
ogrodさんには、是非日本語で子育てして欲しいです♪
やはり一番自然に口から出る言葉でしょうから、子供ちゃんとのコミュニケーションも日本語で上手くいくと思います。
それに…私がおばあちゃん(ogrodさんの母)の立場なら、遠くポーランドに住む孫と日本語で話せたらなんて嬉しいかしらと思います。

娘の話になりますが…
ポーランドの彼氏は、一年間の留学期間を終え先月帰国しました。
遠距離になると。。。と心配しましたが、毎日スカイプで話しています。
今って、便利な時代ですね。

2013/10/29 18:14 | ( ̄◇ ̄)カァ~さん [ 編集 ]


 

>( ̄◇ ̄)カァ~さん さん
そうですね、私が普通に話せる言葉で子育てするのが自然ですよね。
(もうすぐ3歳の甥っ子と話すときにもポーランド語で何ていうのか、いちいち考えつつの日々なので、ポーランド語で子育てしていく自分が想像できません~。)
私の両親も、息子とは日本語で話したい!と思っているとおもうので、
最大限の努力をするつもりです。

( ̄◇ ̄)カァ~さんさんの娘さん、遠距離が始まったのですね!スカイプ、本当に便利ですよね;)私もどれだけ助けられたか。今も日本の家族・友人と連絡をとるのに大活躍しています。
いくら離れていても、縁があれば必ず続くと思います。
娘さんカップルの今後を、ポーランドから応援しています♪

2013/10/30 05:24 | ogrod [ 編集 ]


 

いい加減なことは言えないけど、きっとお母さんの一番の味方になってくれるはず!と期待せずに期待(⌒▽⌒)
こっち来た時は、日本語で話そう(笑)

2013/10/31 09:19 | しょう [ 編集 ]


 

お母さんかママかどちらで呼ばそう?という発想自体が新鮮でした。というのも私はママパパ家庭だったのでお母さんお父さんと呼んだことがないのです。だから、お母さんお父さんと呼ぶほうがこそばゆい感じ。色々なかたのコメントがどれも参考になりました。Slowartさんのお母さんと言う言葉が一番美しい日本語の一つだと思うという言葉がとっても響きました。そして小学生の時に歌った「おかあさんの顔」という歌を思い出しました。今調べてみたら、やなせたかし作詞でした。

2013/10/31 17:35 | miyu [ 編集 ]


 

>しょうくん
そうだね、実は私も期待してる(笑)
ありがとう!日本に行った時は日本語漬けで♪

2013/11/01 05:07 | ogrod [ 編集 ]


 

>miyuさん
miyuさんのお家はママパパ、なんですね。自分が育った家庭の呼び方が自然と感じるのが当然ですよね。そう考えるとやっぱり私はお母さん、かな。
「お母さんの顔」、やさしい歌詞ですね。
先日お亡くなりになったやなせさんの作詞なんですね。
私はお母さんを題材にした歌といえば、西條八十作詞の「おかあさん」という歌が
一番に思い浮かびます。祖母がよく歌ってくれたのが記憶に残っていて、
チビにもよく歌っています:)

2013/11/01 06:31 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/265-8ea7661e

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。