--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/10/20 (Sun) 抱っこひもいろいろ

わが子の重みは幸せの重み、と言いたいところですが
現在チビの体重は6キロを超え、さすがに重くなってきました。
特に腕の中で熟睡して完全に力が抜けた状態だととたんにずっしり、
まるで米俵を抱えているような気分になることもしばしば。

そんなチビを抱っこするときに活躍しているのが抱っこひも。
今、家には3種類の抱っこひもがあります。

ひとつは、トルンのお友達Iちゃんから貸してもらっている
ベビービョルンの抱っこひも↓

pobrane (2)
肩で支えるタイプ。
メッシュ素材で比較的本体が軽いのが特徴です。
装着もそれほど難しくない。
一番最初に使い始めたのがこの抱っこひもで、暑い夏のうちは重宝しました。
チビは最初のうちはおとなしく中におさまってぐうぐう寝ていましたが、
だんだん重くなってきた今は、肩のみで支えるのは私がけっこうきついのと、
チビが「中に入っている」というより「ぶら下がっている」という感じで
チビ本人も苦しそうになってきました。
自分の身体の重みで腕の付け根が圧迫されて手が紫色になっているのを
発見してからは、残念ながらお蔵入りに。


続いては、プチベリー(ファムベリー)のベビースリング。
これは公私共に仲良くしてもらっているMさんからお借りしたものです。

019_20131017210230e31.jpg

チビは最初に入った瞬間からこのスリングが気に入ったようす。
お腹が痛んで泣き喚くときも、眠たくてぐずっているときも
これに入れるとぴたっと泣き止んで、そのうちすやすや寝はじめます。
おじさんみたいにイビキをかくときもあるほど(笑)
これまで私がチビを直に横抱きにすると、どうも安定感がなくて
チビの居心地が悪そうだったのですが、これを使うと頭から足までしっかり支えられるので
安心するみたいです。
布一枚にリングがついているシンプルなつくりで、つけはずしがとにかく簡単、
抱っこする人の身体に合わせてのサイズ調整もサッとできます。
そしてなによりも、抱っこしながらチビの顔がしっかり見られるのがいい!
抱っこしながら目が合って、チビが嬉しそうににっこり笑ったり
安心しきった顔で眠りに落ちるのを見届けられるのが、このスリングの一番の魅力です。
ただ、片方の肩で支えるタイプなので、チビが重くなってくると
これも長時間の使用は厳しいのが現実。

3つ目は最近ネットで購入し、母に日本から送ってもらった抱っこひも
「ボバキャリア3G」。

images (1)
チビが今後大きくなっても長く使えるように、と肩と腰両方で支えるタイプのものを
選びました。

images (2)
柄はたくさんあってシンプルなものと迷ったけど、トゥイートという鳥柄のにしました。
赤ちゃん用だから少しくらい派手でもいいかしら、と思って。

日本で大人気の「エルゴ」という抱っこひもとつくりはよく似ているようなのですが、
このあいだ従姉妹が「今日本は右を向いても左を向いてもエルゴだよ」
と言っていたので、ちょっと違うものを、とネットでいろいろ探して決めたのがこれ。

ベビービョルンとプチベリーの抱っこ紐と比べると断然身体が楽!
これなら長時間の使用にも、今後チビがさらに大きくなってからの使用にもよさそうです。
おんぶもできるし、幼児の抱っこには足がぶらつかないよう着け外しできる足置きがあるのもいい。
ただ、このボバキャリアの問題は、まだ私自身が装着に慣れていないせいか
チビの居心地があまりよくなさそうなこと。7キロまでは足をかえるのように折りたたんで
生地の中にすっぽり入れる「新生児抱っこ」ができる、というのがこの抱っこ紐の
ウリのひとつなのですが、どうにもこうにも窮屈そうで、、、

FxCam_1382017854099.jpg
結局、7キロ以上用のふつうの縦抱きで使っています。
まだ小さいので手足が同じところから出てます。

FxCam_1382017960159.jpg
頭の出具合もこんなかんじ。

いずれはこんなふうになるはず↓
pobrane (1)

説明書には20キロまでOK、と書いてあるけど、実際のところどうかなあ。
近々、14キロの甥っ子で試してみようと思います。

3つの抱っこ紐のうち、今のところ一番活躍しているのは
プチベリーのスリング。Aも私も、そしてチビもいちばん気に入っています。
気が早いけど、将来二人目ができたら一本購入しようかなあ、と考えているほどです。

今後、ボバキャリアを使い込んでいって意見が変わったら、
またここでボバキャリアのおすすめポイントなど書いてみようと思います。

------------------------------------------
ちなみに、ポーランドでは抱っこ紐は普及していないようで
お出かけ時に使っていると「いったい何を抱えてるの?!」と
好奇の目で見られることが多々あります。
どうして普及していないんだろうかと考えてみたら、
ポーランドの気候が関係しているのでは、と気づきました。
雪の日に抱っこ紐を使って外を歩いていてツルッと滑って転倒!ってなったら
危険極まりないですもんね。
これからどんどん寒くなって路面凍結、雪の日が増えると抱っこ紐を使っての
お出かけは難しいので、今のうちにたくさん使って慣れておかなくちゃ!
と思っているところです。

スポンサーサイト

ポーランドで妊娠・出産 | trackback(0) | comment(4) |


<<お母さん?それともママ? | TOP | 母乳にいいビール?-ポーランド流・助産婦さんのアドバイス->>

comment











管理人のみ閲覧OK


お久しぶりです♪ 

ogrodさん、こんにちは。
抱っこひもの使い具合の感想を書いてくださってありがとう。
私の肩が耐えられる限りスリング、その後は肩と腰両方で支えるタイプ、と思っていたので、使い心地を知れて嬉しいです♪
ogrodさんが使われたリングの付いているフレアーテイルタイプの他にチューブタイプとかモンキーなんとかって名前の付いたのとかいろいろあって迷っていたのですが、ogrodさんの記事を読んで決意が固まりました^^
確かにポーランドではあんまり見ませんよね。ベビーカーだと楽だろうけど赤ちゃんが遠くてお互いに不安になりそうで、可能な限り抱っこ紐で出かけたいんです。
またいろいろな情報をおしえてくださいね♪

2013/10/28 02:15 | sobocinska [ 編集 ]


 

〉sobocinskaさん
スリングも抱っこひもも安いものではないから迷いますよね~。
プチベリーのスリング、おすすめです!!!サイズ調整が簡単にできて、だれとでも共用できるのがいいし(チューブタイプはできないみたいですね)
色も優しい色合いのラインナップ&しじら織りがちょっと和風でもあり、素敵です。
どの色にするか迷うのもまた楽しいですよね♪
赤ちゃんをスリングで抱っこしながら歌ったり話しかけているときに目が合って、にっこり笑ってくれるとああー幸せだなあ~ってしみじみ感じます;)

sobocinskaさんのマタニティライフがこれからも健やかで楽しいものでありますよう、お祈りしています!またブログのぞきにいらしてくださいね。

2013/10/28 05:58 | ogrod [ 編集 ]


 

私もベビービョルン使ってたよ~!
息子も大きかったから、肩が痛くなったなぁ。
ベビービョルンが簡単すぎて、
もういっこおんぶも出来るタイプを買ったけど、
あんまり使わなかった。。

小さい頃はスリングも良さそう♪

6~8ヶ月くらいで腰がすわってくると、
体重が増えても不思議とラクに感じたよ。
さらに1歳過ぎて、子のほうも抱っこされるんだって
感じが出てくると、また抱いた感じが変わったかな。

2歳14キロ、まさにいまそうなんだけど、
抱っこは厳しい…
なるべく歩いてもらって、甘えられたら
素手だっこかおんぶを少し…

乗る子はベビーカーを使っているみたい。
うちはもう乗りたがらないから、
親が舵をとれる自転車を買ったよ~

私も次の子が出来たら腰ベルトつきにしようかと!
使用感教えてね♪
ほんと、日本はあっちもエルゴ!こっちもエルゴだよ!
(ひと昔前はベビービョルンばかりだったんだって)

2013/10/29 17:01 | さおり [ 編集 ]


 

>さおり
さおりもベビービョルン使ってたのね!重くなってくると肩だけでなく腰(背中)も
けっこう辛いよね・・・。
月齢によって使用感が変わってくるって言うの、面白い!今はまだぐにゃぐにゃしてるから余計に抱っこしづらいんだろうね。

二人目だと、上の子のことも見ながら、ってなるだろうから
両手が空いてがっしりした肩腰両方で支えるタイプが重宝しそう。
ボバキャリアは毎日ちょっとずつ使って慣らしてて、
中で寝るようにもなってきたんだけど、今のところスリングの心地よさには
勝てないみたいだよ。
また報告するね~。

2013/10/30 04:14 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/264-d80462c6

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。