--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/08/09 (Fri) ポーランドで出産-出産編・1 前期破水?!-

チビが産まれてから今日で2週間が経ちました。

実は今日がもともとの出産予定日だったのです。
臨月に入ってから「なんとなく早く出てきそう~」と想像はしていたものの
それが2週間も早まるとは思いもよりませんでした。
最後の最後まで、もうちょっと自分の時間を楽しみたいからなるべくゆっくり来てくれるといいな、
なんて利己的な考えで、母親になるという覚悟がきちんとできていなかったのですが
実際にチビがやってきたら、とにかく可愛くて可愛くて「早く会えてよかった!!!」と
思う日々です。

030_20130810055737d29.jpg
Aもメロメロ、甥っ子もすっかりお兄ちゃん気分になってます;)

私の体調も出産から2週間、だいぶ落ち着いてきました。
そんなわけで、少しずつポーランドでの出産のようすを書いていこうと思います。


私の初めてのお産は、帝王切開での出産となりました。
正直に言うと、「自分が帝王切開になるとは思ってもいなかった」のです、私。
妊娠発覚から正産期に入るまで、つわりも大きなトラブルもなく順調にきたのもあって
なんとなく自分は安産タイプだろうな、みんなが死ぬほど痛いという陣痛も
案外へっちゃらで乗り越えて、するんっと産めるんじゃないか、と傲慢にも思っていたのです。

出産予定日2週間前の7月24日、その日は午後、Aの大学の同級生夫婦を招いての
グリル(BBQ)を予定していて、朝からグリル用の肉や野菜の下ごしらえをしたり、
ケーキを焼いたりと忙しくしていました。
お昼を過ぎたころ、ケーキ用のヨーグルトクリームを作っている最中に
脚の間から生暖かい液体がサッと流れ出るのを感じました。
量はそんなに多くなくて、下着が濡れる程度。
妊娠後期に多いと言われる尿漏れかな?と思ったけれど、これまで経験がなかったので
違いそうだなあ、でもおりものにしてはずいぶん水っぽいし…もしかして破水???
前にインターネットで、破水はキッチンワイドハイターみたいなツーンとした臭いがするから
すぐわかる、と読んでいたのでにおいを嗅いでみるものの、ムムム…無臭。

PCで映画を見ていたAに報告、一応かかりつけのお医者さんに電話することに。
「おりものじゃないかな?もう少し様子を見てみて、それでも止まらなければ
焦らず荷造りして病院に向かってください」とお医者さん。
実はその前日、ちょうど最後の妊娠検診に行ってきて、
「今の推定体重2500g、まだ赤ちゃん小さいし、子宮口も閉まっているからまだまだだねー
もしかしたら8月半ばになるかもしれないね」と言われたばかりだったので、
「きっとちがうだろうから、3時くらいまで待ってからにしよう」とのんびり構えているA。
おりものじゃないとも言い切れないけど、もし破水だったら肺炎や髄膜炎など
赤ちゃんへの感染症の心配もあると本やインターネットで読んでいたので気が気じゃない私。

引き続きヨーグルトクリームを作り続ける間にも、脚の間からは少しずつ液体が…。
出来上がったクリームを型に流し入れた時点で、
やっぱり間違いでもいいから病院に行こう!と思い、Aに言うも
「えー、もう少し待ってもいいんじゃない、とりあえずシャワーでも浴びてきたら」との返事。
「あのね、もしこれが本当に破水だったらシャワー浴びちゃいけないの、
ここで感染症にかかっちゃったらチビに大きな影響が出るの!
知らないんだったらネットで調べてみて!」という私の半ギレぶりに驚いて
ネットで「破水 感染症」を検索したA、情報を読み進めるうちにみるみる顔色が変わって
「早く早く!今すぐ病院!!!」と慌て始めました。
逆に私がそんなに焦らなくてもいいから、となだめる始末(笑)

そんなこんなで破水らしきものを確認してから約1時間半後、
隣街の公立総合病院の産婦人科に到着しました。
(妊娠していた間中、プライベートクリニックに検診に通っていた私ですが、
出産は、診てくれていたお医者さんが非常勤で勤める公立病院でしました)

病院では、まず小さな部屋に通されて看護師さんによる血圧チェック、
腹囲計測などを受けてからチビの心音を聞き、生年月日や手術経験、
これまでした病気の有無などを問診表に記入。
日本では、出た水が羊水かどうか、リトマス試験紙のようなものを使って調べるようですが、
ポーランドでは(この病院では)調べずに私の話を聞いて「あ、破水でしょうね」ということで
そのまま陣痛・分娩室がある病棟へ。
ここから先はAは入れないので、いったんお別れです。
本格的な陣痛が始まって分娩が近くなったら電話するので、
それまで自宅待機するように、と言われて帰宅しました。

病棟には助産婦さんが2人いて、チビの心拍、胎動、陣痛の波をチェックする機械を
私のお腹に巻きつけて、30分間横になってモニタリング(ノンストレストテスト・NST)。
その後、やってきた当直のお医者さんによる内診、子宮口は指一本分開いているとのこと。
このまま自然に陣痛が始まるのを待ちましょう、となりました。

この日は暇な日だったらしく、陣痛分娩室にいるのは私ひとりだけ。
Aが病院の売店で買ってきてくれたピエロギ(ポーランドの餃子)をほおばりながら
友達に「破水して今病院にいるよー、早ければ今日中には産まれるかも」というメールを送ったり、
メモ帳にここまでのいきさつなどをメモしたりとのんびーり過ごしていました。
このときは、このあとここに丸一日以上いることになるとは、
帝王切開になるとは、夢にも思っていませんでした…


出産体験記、思いのほか長くなりそうです!
興味のある方、ひきつづきお付き合いくださいませ。
続く…→

スポンサーサイト

ポーランドで妊娠・出産 | trackback(0) | comment(8) |


<<ポーランドで出産-出産編・2 陣痛待ち- | TOP | こんにちは、赤ちゃん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

なんだかAの様子の変化がありありと浮かびます(^^)
甥っ子くんのお兄ちゃんぷりも今後楽しみだね☆

2013/08/10 11:16 | あさだぁみ [ 編集 ]


おめでとう!! 

出産おめでとうございます!!
30時間、それは大変でしたね・・・お疲れ様でした。
出産体験記も楽しみにしています☆

私も長男をチョロっとの破水から出産しましたが、特に検査はされず、内診ですぐ「あー、破水ですね」って感じで進められましたよ~
(もう10年以上前の話しだから医療の進歩の差だったり!?)

2013/08/10 16:03 | いずみ [ 編集 ]


 

あ~続きが気になりますわ!
破水にも色々あって、ちょろっとタイプとどばっとタイプが
あるんだねえ→初めて知った!

2013/08/10 16:37 | ゆっきーまうす [ 編集 ]


 

〉あさだぁみさん
Aの変化ぶり、目に浮かぶでしょ?
もともと子供好きだから、まわりのみんな予想してたことだけど、
それにしてもすごいのよ(笑)
甥っ子、触りたくて仕方なくて、でも加減がわからなくて、叱られて泣いたりしてるよ。
そのうち一緒に遊べる日が来るのが楽しみ!

2013/08/10 23:49 | ogrod [ 編集 ]


 

〉いずみさん
ありがとうございます!
上の息子さん、前期破水からの出産だったんですね。
羊水かどうか検査しなかったのは、ポーランドの病院は日本よりだいぶ遅れているから、、、やっぱり医療の進歩の差もあるのかもしれません。
更新、ぼちぼちしていきます♪

2013/08/11 01:00 | ogrod [ 編集 ]


 

〉ゆっきーまうすちゃん
ゆっきーまうすちゃんはドバッと派だったんだよね。
私の場合は、「高位破水」という子宮口から離れた子宮の上の方で卵膜が破れて
破水するタイプだったみたい。だからチョロチョロ、としか出てこなかったんだ。
高位破水だと人によっては気付かずにそのまま2,3日…ってこともあるようだよ。
感染症のことを考えるとコワイよね…。

2013/08/11 01:04 | ogrod [ 編集 ]


ご無沙汰しております。 

遅ればせながら、ご出産おめでとうございます!!
ogrodさんもベビちゃんも、お元気そうで何よりです。
ポーランドの出産事情かなり興味あります!!
出産体験記、楽しみにしております^_^

2013/08/12 00:56 | あかね [ 編集 ]


 

> あかねさん
こんにちは!ありがとうございます。
ここのところ暑い日が続いていましたが、お元気ですか?
出産体験記、時間を見つけてアップしていくので、気長にお付き合いくださいね。

2013/08/12 15:36 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/245-d3c7ce07

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。