--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/05/11 (Sat) マイケル・ボルトンコンサートとポーランド音楽

マイケル・ボルトンのコンサートに行ってきました!

コンサートが行われたのは、私の住む町から車で40分ほど行った、ザブジェという街。
ポーランドではワルシャワ以外にはここでしか開かれなかったというから、
どうしてこんな小さな何もない小さな街で?と周りのみんなは不思議がっていましたが、
インターネットサイトAllegro(ポーランドの楽天やヤフオクのようなもの)で購入したチケットを
手に、Aと彼のバンドメンバーとの4人で意気揚々としゅっぱーつ!

でも、実は私、音楽にさほど興味がないので
最初Aから「マイケル・ボルトンのコンサート、行きたい?」と聞かれたとき
恥ずかしながら「だれ、それ?」と反応し、Aとまわりを呆れさせてしまいました・・・
でも、Aが「この曲を歌ってる人だよ」と歌い始めたらすぐに「あ!知ってる知ってる!
(ただアーティスト名を知らなかっただけよー)」となりました。
もしこのブログを読んでいるかたで「はて、マイケル・ボルトン?」と思った方は
このyoutube動画をご覧あれ!↓



ね、知っているでしょう?

コンサートは約2時間、マイケル・ボルトン自身の曲だけでなく、
いろいろなカバー曲、オペラに至るまで幅広いレパートリーを聴くことができました。
「ジャンルを問わず何でも歌える人」ってこういうアーティストのことを言うのだなあ、と感嘆。
マイケルボルトンが先ほどの動画↑の曲「When a man loves a woman」を歌いつつ
客席に登場した時は、握手してもらおうと周りに女性が殺到していました。(まさしく動画と同じ状態)
コンサート中、Aは大興奮、お腹の赤ちゃんは予想外に静かでしたが
(私に似て音楽に興味がない子か?!)、いい胎教になったと思います。

さてここで、私が最近車で移動中にラジオで流れてきて
気に入っているポーランドの曲をふたつほどご紹介。

LemON - Napraw

Napraw=修復
LemONというバンドが歌う失恋ソングで、哀愁漂うボーカルの声がいい!

もうひとつはMyslovitz -Trzy sny o tym samym

このバンドは、Mysłowiceという、カトヴィツェの隣街出身のメンバーで構成されています。
(バンド名「ミスロヴィツ」はこの町の名前「ミソヴィツェ」もじっているらしい)
歌のタイトルはTrzy sny o tym samym=同じことについての3つの夢(3つの同じ夢)。

この歌は、私が大学時代によく聴いていた
くるりやサニーデイ・サービスといったバンドを思い出させて、
懐かしい気持ちになるので気に入っています。


サニーデイ・サービス「スロウライダー」

音楽に興味の薄い私も、自分で車を運転するようになって
ラジオを聴く機会が増えてからポーランドのヒットチャートを耳にする機会が増えました。
日本の音楽事情にはまったくついていけていませんが・・・
今後もポーランドの曲で気に入ったものがあれば紹介します;)

スポンサーサイト

イベント | trackback(0) | comment(2) |


<<記念日とお城ホテル | TOP | 第1回 日本料理ワークショップ >>

comment











管理人のみ閲覧OK


あら、いいわね~ 

ogrodさん、こんにちは。
マイケルボルトンのコンサートに行ったのね、いいわね~。
最近、ポーランドではアメリカ人アーティストのコンサートやりますね。
ザブジェというとXFactorの撮影をしているところですよね。
だからそこでコンサートしたのかしら?

マイケルボルトンというと長い髪のイメージだったのでアップしてくれた動画を見たらキレイなショートカットだったのでちょっとびっくり。
彼はいつまでも若い人だなぁ~、ぜんぜん年をとらないイメージです。

私が好きな彼の歌は「How am I supposed to live without you」なんだけど、この曲も歌いましたか?
曲のタイトル聞いただけでも”甘い”ですよね。

しばらく誰のコンサートにも行っていないので行きたいですが、日本もポーランドもコンサート代金、高いですよね。
値段と開催地の関係でなかなか思うようにコンサートを楽しめなくて残念だわ。
ogrodさんたちは十分楽しめたようでなによりです。

2013/05/13 20:51 | くま [ 編集 ]


 

>くまさん
こんにちは。
はい、「How am I supposed to live without you」はコンサートのオープニングナンバーでしたよ♪
「キャー!!!」って黄色い声があちこちから上がっていました;)
ボルトン、御年60歳ですって!信じられないくらい若いですよね。

面白かったのは、コンサートは「写真、ビデオ禁止」だったのにみんな構わず撮っていたところ。
とくに注意するスタッフもおらず。
「When a man loves a woman」の時なんて、ボルトン本人もすすんで写真に写っていました。
日本でもこんなものでしょうかね?

こちらのコンサート代、それほど有名でないアーティストなら20-50PLNでチケットが買えるものの、
外国の有名アーティストはやっぱり高いですね。今回は250PLN/1枚でした。
(アレグロで半額で買えたので行けましたが、二人で500PLNは厳しいです!)
そのせいもあってか、3000人入るホールの半分ほどしか埋まっていませんでした。
もうすこし手頃な値段なら、もっと頻繁にコンサートに足を運びたいものですが・・・難しいですね。

2013/05/13 23:17 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/226-e25446e3

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。