--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/04/15 (Mon) プルーンのクランブルケーキ-Ciasto ze śliwkami z kruszonką-

週末からぐぐっと気温が上がり、残っていた雪がすっかり溶けたポーランド。
ここ3日間、毎日のように気持ちのいい晴れ間がのぞいています。
やっとやっと本格的な春がやってきたようです!!!
昨日は薄いスプリングコートを羽織るだけで十分過ごせるくらいの陽気でした。
これでようやくダウンジャケットをクリーニングに出せる♪

さて、ここのところ週1回のペースでお菓子作りをしています。(要は暇なんです)
前にこちらのお友達、ちぇこらどかさんに教えてもらって以来はまっていた
米がゆのクッキーは、残念なことに最近米がゆパウダーがぐぐっと値上がりしたので、
この頃は作らなくなってしまいました。
かわりによく作っているのが、プルーンケーキ。

s-002.jpg

去年の夏にモティカ母と大量に収穫したプルーン(ポーランド語でシリフキ、といいます)を
瓶詰めにして保存していたものを使ったケーキです。

201_20130415202457.jpg
去年は10瓶作りました。
プルーンを生のまま冷凍したものも何袋か作りましたが,
瓶詰があとで加工するのにいちばん楽で美味しいとわかったので、
今年の秋もたくさん作る予定です。

レシピはインターネットで検索してポーランドのウェブサイトからひいたものを
砂糖の分量を変えたりしてアレンジしました。

では早速レシピを。
《材料 35×25cmの長方形のケーキ型》
●ケーキ生地●
・薄力粉-ポではtyp450- ・・・2,5カップ(1カップ200ml)
・砂糖 ・・・3/4カップ
・バニラシュガー(なくても可) ・・・10gのもの1袋
・ベーキングパウダー ・・・ティースプーン3杯
・卵 ・・・3つ
・マシランカ ・・・1カップ
・サラダ油 ・・・1/2カップ
・プルーン ・・・適量

●上にのせるクランブル●
(この分量だとかなり大量にできるので、材料を適宜減らすか、
余った分は冷凍して、後日アップルクランブルなどに使うといいと思います)
・バターまたはマーガリン …200g
・薄力粉 ・・・220g
・砂糖 ・・・180g

《作り方》
※オーブンを175℃に熱しておく
①粉類をボウルにいれよく混ぜる(ふるう必要はなし)

②卵、マシランカ、サラダ油を①にいれ、生地に粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる

③オイルを薄く塗ってパン粉をはたくか、クッキングペーパーを敷くかした型に
生地を均等に流し込み、20cmくらいの高さから3、4回落として生地の空気を抜く

④プルーンを皮を下(皮が生地に接するように)にして上に並べていく

195_20130415202454.jpg

⑤クランブルを作る
・薄力粉と砂糖をボウルに入れて混ぜておき、そこにサイコロ型に切ったバターまたは
マーガリンを入れて手で混ぜる。バターがある程度粉類に混ざり、ポロポロとしてきたら完成。

⑥⑤で作ったクランブルを④の上に散らす

196_20130415202456.jpg


⑦175℃のオーブンで約40分焼く

クランブルがほんのり色づいて、竹串を生地にさして何もついてこなければ
できあがり!

s-002_20130415202412.jpg
これはもう少しクランブルが色づくまで待ってもよかったかも・・・。
一日置かなくても、生地はしっとりしていて美味しいです。
生地のしっとり控えめな甘さと、甘酸っぱいプルーン、そして上にのっているクランブルの
カリカリとした食感のバランスがいいケーキです。

生地がしっとりしているのは、材料に「マシランカ」という、飲むヨーグルトのような
乳製品を使っているからかなと思います。
日本では手に入りづらいと思うので、無糖の飲むヨーグルトで(無糖がなければそのぶん
砂糖の量を減らして)代用できそうです。
ポーランド在住の方は、マシランカがなければケフィル(一時期日本でも流行ったヨーグルトきのこという
やつです。こっちでは一般的な乳飲料として親しまれています)でも美味しいですよ!

ちなみに一番上の写真(カフェラテと一緒に写ってるもの)は
生地とクランブルにココアパウダーを混ぜて作りました。
ココアの量は生地にカレースプーン2杯、クランブルに1杯と、適当に入れたけど
なんとかなりました。

こういう、材料はグラム単位ではなくカップ単位で、粉類をふるう必要なし、
生地を混ぜて焼くだけ、っていう焼きっぱなしの素朴なものが
ポーランドのケーキには多いように思います。
大雑把な私にはぴったり。

上にのせる果物はプルーンの他に、いちごやリンゴ、キウイなどでも
美味しくできるのではないかとおもいます。
ぜひお試しあれ!

203_20130415202456.jpg
瓶詰めのプルーンは、種をのぞいた生のプルーンと砂糖を瓶に入れて
煮沸消毒をしただけのもの簡単な保存食ですが、ジュースがたっぷり出るので、
炭酸水と割ってプルーンジュースにすると美味しいです;)

スポンサーサイト

Kuchnia Polska | trackback(0) | comment(3) |


<<ポーランドの妊娠検診・母子手帳 | TOP | Kochasz mnie?(私のこと、好き?)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/17 12:47 | [ 編集 ]


 

もう菓子職人だね。
さすが本場仕込み!!「ヨーロッパ田舎の食卓」とか本出せるよ。結局お菓子作りは性に合わない&バターと砂糖の量に引いて、出来たもの買ってしまう(いや、買ったらもっとすごいんだけどさw)
クランブル大好きな私としてはこの上にバニラアイスだね♡

2013/04/18 08:41 | おじゅん。 [ 編集 ]


 

>おじゅん。さん
アツアツのクランブルにバニラアイス、最強の組み合わせですよね!カロリー的にもきっと最強(笑)
日本に帰るまで、せっかくだからハワイのケーキetc楽しんじゃってください♪

2013/04/19 05:32 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/219-c737825b

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。