--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/11/10 (Sat) 上を向いて歩こう

ポーランドで日本語を教え始めてからそろそろ1年半が経とうとしています。

ゼロから始めた学生さんたちは今ではひらがな、カタカナをマスターし、
漢字もいくつか読み書きできるようになりました。
日本という遠い国に興味を持ってくれてありがたいなと感じるとともに、
熱心に勉強する彼らの姿を見ると、私もポーランド語頑張らなきゃーと
思わされます。
思うだけでなかなか進まないのですけどね…

私が教えているいくつかのグループで、リスニングとリーディング練習を兼ねて
9月から「毎月の歌」というのを決め、日本の歌を歌っています。
学生からの希望を聞きつつ、歌詞が簡単でメロディも覚えやすい歌を
選曲しているのですが、今月あるグループから、故・坂本九の『上を向いて歩こう』
を歌いたいというリクエストがありました。
どうやらジブリアニメの最新作『コクリコ坂から』に挿入歌として流れるのが
印象に残っていたようです。

そんなわけで『上を向いて歩こう』を何年ぶりかに聞きました。
すんなり心に届く歌詞に誰もが口ずさみやすいシンプルなメロディ、
こういうのを時代を超えて歌い継がれる名曲というのだなと思いました。
歌詞自体は悲しいのに、不思議と勇気づけられます。




今週のレッスンで初めて聴いた学生たちも気に入っていました。
みんなで曲を聴いて、歌詞の穴埋め・意味確認をして
さあいよいよみんなで歌いましょう!というときに
「坂本九は、お母さんの訃報をコンサートが始まる直前に知らされて、
それでも病院に駆けつけずに大勢の観衆の前でこの『上を向いて歩こう』を歌った」
というエピソードを紹介したら、いつも冗談を言ってみんなを笑わせている
ヤツェックさんが急に下を向いてしまいました。
「ヤツェックさん?」と声をかけた瞬間に、
あ、しまった!スルーするべきだった、と思ったのですが、時すでに遅し。
目に涙をためたヤツェックさんの顔が目の前にあって、それを見て
私も思わずもらい泣き…
そのあとの合唱では私とヤツェックさんはまさに『上を向いて歩こう』状態に(笑)



ここには書かなかったのですが、実は先日、大好きな母方の祖母を亡くしました。
九月半ばに危篤との知らせを受けて私も一週間、緊急帰国しました。
祖母は容体を一時持ち直したものの、私がポーランドに戻る前日に
再び昏睡状態になり、
私が帰りの飛行機に乗ってロシア上空を飛んでいる頃に帰らぬ人となりました。
今日は、祖母の四十九日法要でした。

そんなことがあったから余計に心に響くのでしょうか。
10月にリクエストを受けて以来、この曲を繰り返し聴いては
坂本九さんの声に勇気づけられています。
久しぶりに聴くきっかけを与えてくれた学生さんに感謝、
こうやって異国にいて日本語を教えることで、日本のよさを再認識させてもらえる
環境に感謝しなくちゃですね。

祖母を最期まで見送れなかったことは心残りだったのですが、
「ポーランドで頑張りなさい、幸せになりなさい」と
逆に祖母に見送ってもらったのだと、
私はここでしっかり生きていこう!と思っています。




----------------------------------------------------
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ
にほんブログ村

上を向いて歩こうの動画を探していたら、こんな動画を見つけました。



東日本大震災のあと、日本の著名な芸能人たちが歌ったサントリーのCMが話題になったそうですが
(私は今回yourubeで見るまで知らなかったのですが…)、
東北の街の人たちが歌うこの歌も心がこもっていてすごくいいです。


スポンサーサイト

日本語 | trackback(0) | comment(8) |


<<ポーランド結婚式 -ダンスと音楽と- | TOP | 冬のおとずれサイン>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

いろいろ感じるものがありました。
たくさん伝えたいことはありますが手短に。ogrodさんをそっと応援しています。

2012/11/12 23:42 | エム子 [ 編集 ]


 

>エム子さん
コメントありがとうございます。
日本にポーランド、そしてこうやってブログを通しても
応援してくださる人たちがいて本当にありがたいです。ありがとうございます!


2012/11/13 06:02 | ogrod [ 編集 ]


 

ogrodさん、こんにちは。
ダメだ、youtube見たら去年いっぱい泣いたはずなのにまた涙出てきた。
うちの近くが映っていたよ。帰りたい。

2012/11/14 22:33 | くま [ 編集 ]


 

>くまさん
私もこのビデオを見るたび、何度もじーんときていますが、東北ご出身のくまさんはなおさらでしょうか…。
帰りたい時にすぐに帰れないのが異国暮らしのつらいところですよね。
どこでもドアがあったらいいのに、といつも考えます。

2012/11/15 17:52 | ogrod [ 編集 ]


私もありがとう! 

ogrodさん、坂本九さんの歌とともに、今回の記事、とても心に響きました。おばあ様の四十九日だったのですね。
日本語を教えていることで、日本の良さを再認識させてもらえる環境に感謝、そうですね、貴重で恵まれた環境だということ、レッスン準備に追われて忘れてしまっていました。
ヤツェックさんの涙とogrodさんの涙、日本の歌を通して気持ちを共有して、上を向いて歩く元気をもらえたのではないでしょうか。
「見上げてごらん夜の星を」もいいですよね!

2012/11/16 09:46 | ちぇこらどか [ 編集 ]


 

>ちぇこらどかさん
私もついついレッスン準備に追われて、ルーティンワークになりがちです。
今回、学生さんにハッ!と気づかせてもらいました。

坂本九さんの曲はどれもいいものばかりですね。
東京グループは今月『明日があるさ』を歌っていますが、テンポもよく歌詞も面白いのでこちらも好評です♪

2012/11/16 19:38 | ogrod [ 編集 ]


 

こんばんは!
海外に住んでいると直ぐに行けないのが辛いですよね。

私はまだ前を向いて進む気持ちになりません…
たぶん母は望んでないとわかっていても
まだ私には無理です…

2012/11/20 22:10 | りくなも [ 編集 ]


 

>りくなもさん
このたびは本当にお辛かったことと思います…。
失った悲しみに効くのは日にち薬しかないんですよね。
無理して前を向こうとしなくていいのだと思います。
いつかきっと、また笑える日が来るはずです…!

2012/11/21 01:00 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/174-77f57f19

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。