--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/09/30 (Sun) カロリーは気になるけれど。-De Volaille z masłem czosnkowo(ガーリックバター詰めチキンカツレツ)-

ここポーランドの片田舎で、私のコミュニティは片手で数えられる範囲です。
モティカ家でしょ、働いている日本語学校関係でしょ、
近郊に住む日本人友達でしょ…ふむ。そのくらいだわ。

こんな狭い範囲で日々の生活を送っているので、
ともすればひきこもりがちになります。
特に仕事のない日は、常にPCをオンにしてぼーっとしていることも。
これじゃいけない!と思っても、なにせ田舎なので、ひとりでふらっとお散歩に、
とかウインドーショッピングにというのができないのが悲しいところです。

そんな私を頻繁に外へと連れ出してくれるのは、いつもモティカ母。
車でのちょこっとお買いものだったり、友達のおばちゃんたちとの集まりだったり。
最近は近所のおばちゃんたちも私のことを覚えてくれて、
誰かの家でお茶会があったりしてモティカ母ひとりで行くと、
「あれ、今日はogrodは一緒じゃないの?」と行ってくれるらしい。
このママ友ならぬ“ばば友コミュニティ”、気さくなおばちゃんたちばかりで
行くたびにいろいろ学ばせてもらうことも多いので、誘ってくれたらなるべく
参加させてもらうようにしています。

先日書いた「ミートフェスティバル」のため、
前日に肉料理の仕込みにモティカ母と一緒に手伝ってきました。
その時に美味しい肉料理を教えてもらったので、紹介したいと思います。

その前に、仕込みの様子をちらりと。
みんな主婦歴ウン十年のおばちゃんたち。さすがに手際がいいです。
6人+私(お手伝い&記録係)、3時間ほどで11種類もの肉料理ができました。

m.jpg


そのうちの一品、シロンスク地方の郷土料理、ロラダ。

IMG_5633_20120930225127.jpg
黄金色に輝いております。

作った後はもちろん、試食会!

IMG_5636.jpg

IMG_5638.jpg
マッシュポテトと自家製ブラキ(赤カブ)のサラダを添えて。

-----------------------------------
さて、話を戻し、教えてもらった肉料理について。

その肉料理はなまえを"De Volaille z masłem czosnkowo"
といいます。
De Volailleはフランス語で「鶏料理」の意。
z masłem czosnkowo はポーランド語で「with ガーリックバター」。
なんだか長ったらしい料理名ですが、簡単に言うと、
「ガーリックバター詰めチキンカツレツ」です。
作り方はいたって簡単。

【材料(4人分)】・鶏胸肉 …2枚
○詰め物○
・バター 200g 
・チーズ(とろけるタイプのものをおろし金でおろしておく)…適量
・にんにく…3-4片 ※量はお好みで調節を!
・ピェトルシュカ(葉の部分。ポーランドのパセリです)※日本のパセリでもいいはず
 …適量
・ベゲタ(野菜コンソメのパウダー)
 ※固形コンソメを細かく砕いて混ぜこんでもたぶんOK …ティースプーン1-2杯
・塩コショウ …適量
○衣○
・卵 …1個
・パン粉 …適量
・コーンフレーク …適量
・パプリカパウダー(ostre,辛口のもの)…適量 ※なくてもOK

【作り方】
①鶏胸肉は肉たたき棒(なければビール瓶など固いもの)でたたき、
薄くのばしておきます。たたくのは片面だけです。

②常温に戻したバターをあとで混ぜやすいように適当な大きさにスライスします。
そこに刻んだピェトルシュカ、みじん切りにしたにんにく、
ベゲタをティースプーン1-2杯加えて

IMG_5579.jpg

③よーく混ぜ合わせ、ガーリックバターを作ります。

IMG_5585.jpg

④味をみて、塩コショウを加えます。
バターとベゲタに結構塩が効いているので、塩は入れなくてもOKです。お好みで。

⑤よく混ざったら、おろしたチーズを加えてさらによく混ぜます。

⑥①で薄く伸ばした鶏胸肉のたたいた面を上にして、
その上にできあがったガーリックバターをこんもりのせます。

IMG_5587.jpg

⑦胸肉を二つ折りにします。
ガーリックバターが溢れないように、気を付けてくださいね。

⑧衣づくり。ここで登場するのは、コーンフレーク。
砂糖などの入っていないプレーンなものです。
IMG_5596.jpg

IMG_5603.jpg
適量をお皿に出し、粗めに手で砕きます。
そこにパン粉とパプリカパウダー(適量)を加えてよく混ぜ合わせます。

⑨ガーリックバターの詰まった鶏胸肉を溶き卵にくぐらせた後、
衣をつけます。ぎゅぎゅっとお皿に胸肉を押し付けるようにして
しっかり衣をまとわせてください。

IMG_5606.jpg

⑩フライパンにたっぷりサラダオイルを入れて加熱し、
鶏胸肉を投入して揚げ焼きにします。
鶏肉は比較的早く火が通りますが、中につめたバターとチーズにまで
しっかり温まるよう、ときおりひっくり返しながら大体10分くらいは
焼いてください。

IMG_5630.jpg
こんがり濃いめの黄金色になったら出来上がり~!

IMG_5703.jpg

出来たてにナイフを入れると、にんにくのきいた熱々のバターとチーズが
トロッと溶けだして絶品なのはもちろん、冷めても充分美味しいのです。
レタスと一緒にパンに挟んで、ソースかケチャップを少しかければ
ランチにぴったりの美味しいチキンカツサンドになります。
ビールのおつまみとしてもいいんじゃないでしょうか。

バター&チーズのダブル攻撃で、さぞかし脂っこいだろうと思いきや、
そうでもないのです。脂身少なめの胸肉を使っているのと、
バターに混ぜ込んだピェトルシュカが口をさっぱりさせてくれるからでしょうかね。
気になるのはカロリーですが…どうかそこはあまり気にせずに。
たまにはカロリーたっぷりのポーランド風チキンカツで体力をつけよう!
ということで(笑)
とても簡単なので、ぜひお試しを!


----------------------------------------------------
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Kuchnia Polska | trackback(0) | comment(2) |


<<意外な組み合わせ -ズッキーニのケーキ Ciasto z cukinii- | TOP | 肉好きにはたまらない!-Świętomięs(Meat festival)->>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

日本人からすると、巻物の中身はしそと梅干しと・・とか行きたいとことを、ロラダもそうだけど、カロリーインカロリーの躊躇のなさはやっぱりポーランドだよね。。でも揚げたて美味しそう!スープはあっさりトマトスープで笑(自分のブログ宣伝してゴメン・・)

2012/10/01 23:21 | SLOWART [ 編集 ]


 

>SLOW ARTちゃん
コメントありがとう。
そうそう、ポーランド人はカロリー爆弾メニューが好きよね(笑)

うちではトマトスープは手抜きの日のメイン料理にもなりうる、
意外とこってり系スープのひとつかも。
ロスウもいいけど、トマトスープはクリーミーでコクあってが美味しいよね!

このコメント欄をのぞいてくださってる方、
ポーランド流トマトスープが気になったら、ぜひSLOW ARTちゃんのブログにとんでみてください~;)

2012/10/02 04:51 | ogrod [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://slowrider0126.blog104.fc2.com/tb.php/161-c19fb21a

| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。