--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/04/30 (Sat) ポーランド郵便局の新事実

昨日のこと。家にあるチビのサイズアウトした洋服を整理して、3月に出産した友人に使ってもらおうと箱に詰めて郵便局へ出しに行きました。
そこで、驚きの事実が判明!

洋服を詰めたダンボールは、大きさがちょうど良かったので家にあった、スーパー「ビエドロンカ」のオリジナルおむつ"Dada"の箱を使ったのですが、窓口で差し出すと職員の人に「メーカー名の記載がある入れ物の受付はできないんです。郵便局は国営のため、特定のメーカーの宣伝をすることが禁じられているので」と言われました。これには私も、重いダンボール箱を運ぶため一緒に行ってくれたモティカ父もびっくり!そんなルールがあるとは初耳でした。確かに、ダンボールには頬ずりをするお母さんと、おむつをした赤ちゃんの写真+"Dada"のロゴがでかでかと書いてあります。対策として、上に紙を貼ってメーカー名を隠すようにと郵便局に売っているロール紙とガムテープの購入を勧められましたが、初めてのことに戸惑っている私を見た職員さんが「ちょっと待ってね、上司に一応確認してくるわね」と言って一旦奥に引っ込み、再び戻ってきた時には「今回はいいことにしましょう。昔はすごく厳しかったんだけど。今度は気をつけてね。」とそのまま荷物を受けつけてもらえました。

ポーランド在住の皆さん、この事実をご存知でしたか?もしかしたら古いルールで、今は良くなっているのかもしれませんが(受付をしていたのは年配の女性職員でした)、気をつけるにこしたことはなさそうです!
ポーランドに住み始めて6年目、郵便局は頻繁に利用していますが、まだまだ知らないことがあるんだなあと驚いた一件でした。

スポンサーサイト

ポーランド | trackback(0) | comment(6) |


| TOP | next >>

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。