--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/10/20 (Mon) 洗礼式

10644215_823340931031334_9145044313200299320_o.jpg


先週の月曜日、ついにチビの幼児洗礼式を行いました。


幼児洗礼は日本の神道で言う「お宮参り」のようなもの、
一般的には生まれてひと月前後に行うものですが、チビは現在1歳2カ月。
ここまで待ったのは引っ越した街の教会で洗礼を受けさせたい、
さらにゴッドファーザー(後見人)を台湾に住む私の双子の兄になってもらいたい、
という思いからでした。

幼児洗礼にはゴッドマザーとゴッドファーザーを一人ずつ立てます。
彼らは洗礼の証人として、そして今後、幼児の父母に万が一のことがあったときのための
後見人としての役割を担うことになります。父母の兄弟や親せき、近しい友人から選ぶのがふつうです。

チビのゴッドマザー、ゴッドファーザーは誰になってもらおうかとAと話した時に
ゴッドマザーはモティカ姉に、ゴッドファーザーは私の兄に、と迷うことなく意見が一致しました。
チビの洗礼は新しく引っ越した街で受けさせるのがいいというモティカ母の助言もあり、
引っ越したらにしようといっていたらリフォームが思った以上に長引いてしまったこと、
そして兄の仕事のスケジュールを調整できるのがこの夏以降ということで、洗礼式は10月に決定。
ただ、ここで問題が。

兄は私同様、クリスチャンではない、ということ。
教会に確認したところ、ゴッドマザー、ゴッドファーザーのどちらか一方がクリスチャンではなくても
いいとの返答。それじゃあ、大丈夫だね、と安心したのもつかの間…
離婚している人はクリスチャンであっても、ゴッドマザーにはなれないらしい!
実はモティカ姉は離婚経験者。モティカ姉をゴッドマザーに、兄をゴッドファーザーにすると
どちらも正式な後見人として認められないので、それはさすがにまずいとのこと。
うーん、どうしよう…。それならばゴッドファーザーはだれかAの友人にでもなってもらうか?という
話もいったん出たものの、Aの「形式だけ整えるんじゃなくて、きちんとチビのことを大事に想ってくれる
人に後見人になってもらいたい」という強い希望で、やはり身内に頼もうと決まりました。

そこで最終的に私たちが下した決断は
ゴッドマザーは兄の奥さん(義姉)に、ゴッドファーザーは上の甥っ子(モティカ姉の長男)に
なってもらう、でした。
ポーランド人と日本人のハーフの幼児が、台湾人クリスチャン(プロテスタント系)の女性と
成人洗礼を今年受けたばかりの若い男の子を後見人として洗礼を受ける、という
なんとも変わったパターンに教会側も最初は驚いたようです。
それでも大聖堂の責任者の神父さん、洗礼式を担当する若い神父さん共に
快く受け入れてくださり、当日はスムーズに洗礼式が執り行われました。


まずはお昼、モティカ家でのディナーからスタート。
014_20141020074437971.jpg

ご飯のあとはお決まりのデザートタイム!
今回は街のケーキ屋さんに3種類オーダーしました。

026_20141020080143bed.jpg

029_201410200801458d4.jpg
シロンスク地方の代表的なデザート、kopa(コパ)

021_20141020074353b9d.jpg
この日のために特別にオーダーしたケーキ。
詳しく指定はしなかったのですが、素敵にデコレーションしてくれました。

夕方6時、大聖堂でのミサに参加するためみんなで車で移動。

031_20141020055452806.jpg

034_20141020055448735.jpg

洗礼式はミサの後に行われました。
このとき時間は午後7時。
ふだんはもうシャワーを浴びて寝ている時間のチビ、眠たさとおっぱいほしさで
ぐずりまくりで大変でしたが…神父さんが式で使う道具を触らせてくれたりと
あやしてくださったおかげでなんとか乗り切ることができました。

1926675_823341417697952_6851988095650263326_n.jpg

10304969_823341944364566_2303109727669805644_n.jpg


10584064_823342361031191_4490090210543399179_n.jpg
最後にみんなで集合写真をパチリ。

今回の洗礼式の様子をAの知り合いのカメラマンにお願いして撮ってもらいました。
一歳記念にスタジオで3人で写真を撮ろうと思っていたのですが、結局しなかったので
その代わりに。大事な儀式を家族みんなで揃って撮ってもらえて結果的に
こちらのほうがよかったと思います。
チビはほとんどの写真が涙目で写っているけれど、これもいい思い出になるでしょう。


クリスチャンでない私がチビに洗礼を受けさせることに対して、正直なところ少し複雑な思いも
あったのですが、洗礼式を無事に終えた今、ホッとしている私がいます。
ポーランドに住む以上、これからの生活もキリスト教とは切っても切れない関係なのは確実。
チビはクリスチャンであっても、モティカ家のみんなのように他の宗教や考え方にも寛容で
柔軟なものの見方ができる人になってほしいというのが、非クリスチャンである母の願いです。

IMG_6088.jpg

スポンサーサイト

イベント | trackback(0) | comment(7) |


| TOP | next >>

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。