--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/25 (Fri) 金曜夜のコンサート-Poluzjanci-

いつ雪が降ってもおかしくないくらい寒い日が続いています、ポーランド。
朝晩はマイナス気温、日中も太陽が全く見えない~!
日照時間ゼロというのは精神衛生上、非常によろしくないですね。
先週から授業の数が増えたので、日・月以外は外に出て人と話す機会があるから
まだ救われているのかも。
これでまったく誰とも話さない日が続いたらちょっとおかしくなるかもしれないなあ
なんて思います。

今日は授業のあと、住んでいる町の文化会館で行われたコンサートに
行ってきました。
"Poluzjanci"というバンドで、ポーランドの音楽好きの人なら知っているかも、
くらいの知名度のジャズバンド。
実はこのバンドが、私が聴いた初めてのポーランドミュージシャンです。



きっと誰にでも「耳にしたらその瞬間ふにゃーっとなってしまう声」
ってあると思うのですが、(あ、わかりづらいでしょうか?なんというのかな、
猫のまたたびみたいな感じで、聴こえてきたら思わず体中の力が抜けて
「いいなあ~」と反応してしまういい声という意味です)
この"Poluzjanci"のボーカリストの声が私にとってまさにそんな声なのです。
5年前に初めて耳にした時から、いろんなポーランド人アーティストの歌を
聴きはじめた今でも変わらず彼の歌声に夢中です。



今回のコンサートは、5年前にそのCDをくれたAが仕事で行けないということ
だったので、行こうか行くまいか躊躇したのですが、
やっぱり生であの声を聴いてみたい~という思いがまさり
ひとりでも行ってやろうじゃないか!と決意したところに
学校の生徒さんがふたり、一緒に行くといってくれたので、
意気揚々と出かけました。


結果、やっぱり行ってよかった!
さいしょに彼らがステージに出てきたとき、みんな服装がものすごいカジュアルで
拍子抜けしたのですが(だって、よれよれのTシャツにジーンズ、色あせた赤ポロに
チノパンetc...と全員ラフ&バンド内に共通点がない恰好で
日曜日の午後、家でテレビ見ながらポテトチップス食べてそうな
ただのおっさん達、って感じだったんです!)
ボーカリストの声はやっぱりまたたび声だったし、
ジャズバンドらしく即興演奏もすばらしくて、あっという間の2時間でした。

歌の上手な人が歌っているのを聴くと、人間の体もピアノやバイオリンのように、
楽器になりうるんだなあとうっとりしてしまいます。
私自身は歌をうたうことも楽器の演奏も満足にできない人間なので、
ただただぼーっと口をあけてふにゃーとなっているしかできないのが残念です。
次にまた人間に生まれ変われるとしたら、歌を唄えるか、楽器が演奏できるか、
ダンスの踊れる人間として生まれてきたいなあと本気で願っているくらい。

事前知識の全くないまま一緒に来てくれた生徒さんと彼らの友人も楽しめたようで、
なかなか素敵な金曜の夜を過ごすことができました。

おまけ:
コンサートが終わって、パブで軽く一杯飲んでから町の広場を抜けて
家路につく途中にみつけました。
もう11月も終盤、ポーランドでも徐々にクリスマスムードが高まってきそうです。

FxCam_1320861101181.jpg

といっても、まだライトアップはされていないんですけどね。



スポンサーサイト

ポーランド | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。