--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/10/16 (Tue) ポーランド人はロマンチストなのか

ヨーロッパ人男性ロマンチック、情熱的
というイメージをもっている人も多いと思います。
実際のところ、ポーランド人ってどうなんでしょう。
究極の結論は「人による」なんでしょうが、そういってしまうと身も蓋もないので、
ちょっと考えてみたいと思います。


私の周りのポーランド人男性をみてみると…
花を贈るのが好きな傾向はあるものの、日本人と比べて飛びぬけてロマンチック
ってわけでもなさそうです。
ただ、日本人男性とちょっと違うのは「褒め言葉を惜しまない」ことでしょうか。
または「リアクション上手」と言い換えてもいいのかも。
着飾った時に「いつもきれいだけど、今日はさらにきれいだよ」とか
「そのネックレス、君によく似合ってる!」とか
「ネイルの色が今日の服にばっちりだね」とか、女性が褒めてほしいときに
リアクションするのが上手。そして照れずに言えちゃう。
恋人や妻にだけじゃなくて女友達、お母さんおばあちゃんをも
さらりと褒めているのをよく耳にします。
あとは日本人の美徳である「謙遜」というのをあまりしないので
「うちの奥さんの料理は美味しくてさー」などと身内のこともよく褒めます。
私はどちらかというと「褒めて伸びる」タイプなので、ポーランド式は嬉しいです(笑)


あとは恋人や妻への「呼びかけ」
(いわゆる、英語の"ダーリン"、"ハニー"というやつ)、
このポーランド語がバリエーション豊かなのには驚かされます。

ドラマや映画でもよく出てくる一番ポピュラーな呼びかけが"kochanie(コハニェ)" 。
日本語にすると「愛しい人」って感じでしょうか。
これはAもよく言っているし、友人夫婦もこうやって呼びあっているのを聞きます。
他にはsłońce(スウォンツェ・太陽)
pszczółko(プシチュウコ・みつばちちゃん)
miśku(ミシク・クマちゃん)
aniołku(アニョウク・天使ちゃん)
kotku(コトゥク・子猫ちゃん)
skarbie(スカルビェ・宝物)
motylku(モティルク・蝶々ちゃん)
kruszynko(クルシンコ・クランブルちゃん) などなど…。

日本語でこんなふうに呼びかけられたら気恥ずかしいけど、
ポーランド語なら案外平気なものです。私にとっては外国語だからなんでしょう。
でもポーランド人同士が照れなどなく使っているのは不思議だなあと思います。
やっぱり感覚の違いかなあ。
ちなみに、モティカ父からは時々"aniołku"ってよばれています、私。
ただ、もうすぐ2歳の甥っ子も同じように呼ばれてる(笑)
甥っ子はほんとに天使のような可愛さだけど、私は30歳目前の天使ちゃん…
むむむ、ちょっと無理がありますね(笑)

そうそう、上記の呼びかけは恋人、配偶者だけじゃなくて赤ちゃんにも使われます。
というよりも、赤ちゃんに使っているのを聞くことのほうが多いかも。
モティカ家ではmiśku(くまちゃん)、kotku(子猫ちゃん)なんかを
よく耳にします。

そんなわけで「言葉」から判断するならば、
ポーランド人は日本人よりロマンチックで情熱的だと言えそうです。

ちなみに、たいていの日本人女性が感激する西洋人の"レディファースト"。
ドアを開けてくれたり、重い荷物をサッと持ってくれたり。
実はあれは「他人への思いやり」や「マナーの良さ」とは別物なのじゃないか?
とポーランドに暮らし始めてから感じるようになりました。
バスの押し合いへし合いぶりやごみのポイ捨てなんかを目にしていると、
ポーランド人男性のレディーファーストは小さいころから"訓練されてる"から
身についているだけなのではないかと…そう思わざるを得ないのですよねー。

それでも「レディーファーストしてもらう」と単純にうれしいものですけどね。



----------------------------------------------------
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ポーランド語 | trackback(0) | comment(10) |


2012/02/29 (Wed) 豚はフルゥムフルゥム、カエルはクゥムクゥム?

2月ももう終わり。
今日は関東地方でたくさん雪が降ったようですね。
ポーランドは、相変わらず朝晩は寒いし雪は降るものの、
マイナスまで気温が下がることは滅多になくなってきて
日中は気持ちのいい青空も広がるようになってきました。
今週のこの先の天気予報では、連日最高気温が10度以上、とのこと!
ポーランドも少しずつ春に向かっているようです。


最近の私の近況は…

①ポーランドでも婚姻届が受諾され、滞在許可証の手続きに入りました。
(このプロセスについては、またいずれ改めて書きたいと思います)

②働いている日本語学校では今年に入ってから生徒が増えて
来月から担当クラスが増えることになりました。
1年前、2クラスの担当から始まったのが、8クラスに!ありがたや。


さて、その日本語の授業での話。
先日、動物のなまえを学習しそれぞれの動物はどう鳴くでしょう?という
アクティビティをしました。
対象にした生き物は
犬、猫、牛、馬、羊、山羊、ニワトリ、豚、ねずみ、そしてカエル。

日本だとワンワンと鳴く犬はポーランドでは「ハウハウ」、
ニャーニャー鳴く猫は「ミャウミャウ」。
牛、馬、ヒツジ、ヤギはそれぞれ、「ムーゥ」、「イーハー」、「ベー」、「メェー」。

ニワトリの鳴き声、といえば私たち日本人は迷わず「コケコッコ~」と
答えると思いますが、ポーランド人はまず「めんどりの場合は…」、
「おんどりの場合は…」と分けて答えてくれます。
この傾向はアクティビティをしたクラスの生徒さんたちに限らず
ポーランド人に共通しているようです。
ポーランド人にとってニワトリは犬猫に次いで身近な家畜だからなのでしょうか。
そのニワトリ、ポーランド人の耳にはめんどりは「コココココ…」、
おんどりは「クックリク~!」と聞こえるそうです。
ここまでは私たちにもなんとなく納得できますが
(馬の「イーハー!」はどっちかというと乗り手の掛け声じゃないの?とも思うけど)、
あとの生き物の鳴き声は、一体どんな耳を持ってしたらそう聞こえるの?と
不思議に思ってしまいます。

ポーランド人には豚は「フルゥムフルゥム」
ねずみは「ピーピー」、カエルは「クゥムクゥム」
と聞こえるそうな…。

生徒さんたちがまじめに鳴きまねをするのを聞いて
思わず笑ってしまったのですが、みんなからしたら
豚がブーブー、ねずみがチューチュー、カエルケロケロというのが
相当奇妙なようです。
どうして同じ動物でも国によって鳴き声が違うんでしょうか?
聴覚の違いかな?不思議です。

今朝、モティカ家で飼っているおんどりの鳴き声を注意して聞いてみましたが、
私には何度聞いてもやっぱり「コケコッコ~」と聞こえました…。


おまけ↓

生徒さんの一人が、「このTシャツ、職場の同僚がプレゼントしてくれて
その場で「訳して!」と言われたんだけど、わかりませんでした。
どういう意味ですか?」と聞いてきました。

FxCam_1330022189811.jpg
…たまに見ます、こういうよくわからない日本語。
なんとなく形がイケてるでしょ、って感覚なんでしょうね~。

ポーランド語 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。