--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/04/04 (Mon) Easter in Zakopane 観光・お土産編

Easter in Zakopane、忘れないうちに書いちゃおうと思います。
最後は観光&お土産編です。

滞在二日目の土曜日はあいにくの雨模様。でもこの日はポーランドのイースターにとっては大事な日です。
イースターバスケットを持って教会へ行き、聖水をかけてお清めしてもらうのです。幸いにも滞在ホテルから100メートル程のところに小さな教会があったので、ミサの時間に合わせてバスケット持参で行ってきました。

ホテル側が用意してくれたバスケット。イースターのパウンドケーキバプカやソーセージ、ゆで卵に塩、西洋ワサビなど必要なものは全て揃っていました。ここに家から持ってきたイースター前にチビと焼いたクッキーとチビの大好物、ミルキーも入れてオリジナルバスケットの完成。

無事にお清めしてもらった後はその足で、1キロ程のところにあるザコパネのメインストリート・
「クルプフキ通り」まで行ってきました。


普通、イースターの週末はお店やレストランは閉まるのですが、さすがポーランドの一大観光地ザコパネ。
どこも営業していてたくさんの人で賑わっていました。

ザコパネ名物の馬車
浅草の俥屋さんみたいなものですね

12895293_10153624650543195_1308295817_n.jpg
新鮮な山の空気が気持ちよかったのか、チビは散歩中ずっと爆睡 :)

雨がひどくなってきたのでメインストリートをさっと眺めて、お土産にポストカードとマグネットを購入してすぐに退散しました。
クルプフキ通りからそう遠くないところに、ザコパネ市街が見渡せるグバウフカ山の展望台に登れるロープウェイ乗り場も
あるのですが、それはいつかまた来た時のお楽しみにしておくことに。
船で働いていていろんな土地を回っていた時、お客様に「旅先はね、ああ観たいもの全部観られなかったなあ、っていうのもいいものよ。また来ようって思えるでしょ」と言われたのが印象に残っていて、旅をする際はあんまり欲張りすぎずに
その時できるペースでまわることをモットーにしています。
ザコパネにはいつかモティカ家+日本の家族とみんなでワイワイ来られたらいいなあと思っています。
その際は世界遺産のタトラ国立公園にある湖モルスキェ・オコにも行ってみたい!

次の日、日曜日は最初に書いた通り朝食後にホテル裏の森を少し散策したくらい、月曜日はチェックアウトギリギリまでホテルでのんびりしてそこから家に直帰したので、今回の旅行では観光らしい観光はしなかったというのが本当のところ。
お土産も土曜日に買ったポストカードとマグネット、そしてザコパネ名物・羊のスモークチーズ「オシチペック」のみでした。

12939429_10153655721183195_2026502042_n.jpg
船に乗っていた時に各寄港地で買い集めていたご当地マグネットにザコパネのも仲間入り♪

オシチペックは金曜日、ホテルに行くまでの道で専門店を見つけたのでそこで購入しました。
チーズとワインの専門店

店内にはザコパネで作られたチーズとワイン(蜂蜜酒)がずらり

羊のチーズ

こちらは山羊のチーズ
ヨーグルトもありました

お土産に購入したオシチペック
ちょっと火で炙って食べると絶品です!ザコパネにいらした際は絶対に絶対に絶対に試してみてください!
…と、つい力が入ってしまいました(笑)でも本当に美味しいんですよ〜。

月曜日、帰りの車の中から外を眺めていたら、野原が紫色に染まっているのを発見。
クロッカスの花が咲き始めていました!金曜日に来るときには咲いていなかったのに…
イースターの週末で一気に開花したようです。ポーランドの春の訪れを感じて嬉しくなりました。
12899649_10153632440798195_1177050301_n_20160405204614bf8.jpg


イースターホリデーレポートはこれにて終了です。
これでもうしばらくは旅行に行けなさそうですが、今回の楽しい思い出を胸に夏の出産を乗り切ろうと思います。

スポンサーサイト

旅行 | trackback(0) | comment(6) |


2016/04/01 (Fri) Easter in Zakopane イベント編

ザコパネでのイースターホリデー、ホテル編に続き、イベント編です。

今回の旅行で重視したのは「宿泊施設内だけで充分楽しめるか」「チビのためのキッズイベントが充実しているか」ということでした。
ザコパネといえば夏はハイキング、冬はウインタースポーツが楽しめるポーランド随一のリゾート地ですが、三月終わりのこの時期では雪はほとんど残っていないしスキーをするにはチビはまだ幼すぎる、そして私は妊婦…しかも安定期に入ったとはいえ基本的に安静生活を指示されている身なので、とにかく滞在先のみでいかに楽しめるかがポイントだったのです。
今回選んだホテルはそんな私達の希望にぴったりでした。

チェックイン時にもらったイベント表
金~月、朝から晩までびっしりです。
ホテル一階にキッズルームが設けられていて、ボールプールやプラスチックのお家などの大型おもちゃからレゴブロックなどの細々したおもちゃがあり、手前のテーブルが並んだスペースでは工作などのイベントが行われていました。(全て無料)ホテルスタッフが何人か常駐していて、小学生以上の子供は預けることができました。


イースターエッグ作り


「キッズ•シェフ」
レストランでピザ作り
ホテルのシェフが用意してくれたピザ生地をこどもたちが伸ばして自由にトッピング、番号をつけて焼いてもらって家族で食べるというイベント。料理好きなチビは大喜びでした。

「イースターエッグ探し」
キッズルームに集合して、ホテル中に隠してある暗号の書いてある封筒を探して、最終的にイースターエッグのありかを見つけるというウォークラリーイベント。
地下のスポーツジムでポーランド風「だるまさんが転んだ」をしたり
踊り場で円座になってクイズをといたり…
一時間ほどホテル中を歩き回って、クタクタになりました。最後には図書館に大きなイースターバスケットが用意してあって、こどもたちはイースターエッグチョコレートをもらえました。

月曜日の朝は春の訪れを祝って水を掛けあうイベント「シミングス•ディングス」がプールで行われました。


チビもAも大はしゃぎ。
朝食前に二時間近くもプールで遊んでお腹ペコペコになっていました。

他にもキッズ映画鑑賞会やザコパネ地方ならではの手芸、イースタースイーツ・マズレック作りなど、連日盛りだくさんのプログラムが用意されていて大満足でした。

どのホテルでも、ホリデー時期はこういうこども向けイベントが充実している宿泊パッケージがあるので、幼稚園生~小学生くらいのお子さんのいる家族にはぴったりの滞在方法だと思います。
もう少しチビが大きくなったら、ザコパネらしい山小屋とか民宿チックなペンションに泊まって、アットホームな滞在を楽しみつつスキー三昧というのもいいなあ〜と思ったり。次回ザコパネに来られるのはいつになるでしょうか。

イースターホリデー in Zakopane、もうちょっと続きます。お次(最後)は観光・お土産編です。
他にも書きたいことがあるので、少し記事が飛ぶかもしれません。カテゴリーは「旅行」にて。

旅行 | trackback(0) | comment(2) |


2016/03/30 (Wed) Easter in Zakopane ホテル編

ポーランドの人々にとって大切な宗教行事の中で、クリスチャンではない私も心浮き立つイベント、イースターが終わりました。

今年は家族三人、ポーランド南部の山岳リゾート地・ザコパネでイースターホリデーを過ごしてきました。
3泊4日、ホテルでのんびりの贅沢な週末になりました。
私はなーんにもせずにひたすらのんびり、チビとAは朝から晩までプールに行ったり
キッズイベントに参加したりと大忙しで親子でべったりの4日間で、
普段仕事でなかなか一緒に過ごせない穴埋めがしっかりできたようです。

今回宿泊したホテルがとても素敵なところだったので、ちょっとご紹介しましょう。
今後ザコパネに旅行を考えている方の参考になれば幸いです。
12903441_10208345160602508_231649270_o.jpg

12915212_10208345730416753_1775071710_o.jpg
Hotel Belvedere Zakopane (ホテル ベルヴェデル ザコパネ)
ザコパネ中心部にある四つ星ホテル。
ザコパネの街のメインストリートまで約1キロ徒歩10分のところに位置しています。
12887352_10208345160922516_709772637_o.jpg
ホテルからは美しい山の景色が広がります。
ホテルのすぐ裏にはウォーキングを楽しめる森があって、私達も滞在三日目の日曜日、
朝食のあとに30分ほどのんびりと散歩に出かけました。

12900154_10208331830109254_1803582762_n.jpg
三月の終わりですが、まだ雪が少し残っていました。
私達は森のほんの入口の散策を楽しんだだけでしたが、本格的なハイキングもできるようで
しっかりと山歩きの装備をした人達も見かけました。

ホテル内はイースターデコレーションでとっても華やか。
12896462_10208345731536781_1226191296_o.jpg

12919490_10208345731136771_400119898_o.jpg

12894472_10208345727456679_680475024_o.jpg

12910868_10153620915648195_826189630_n.jpg
イースターのシンボルのひよこ。生きてます。
狭いところにたくさん入れられてちょっとかわいそうな気もするけれど、こどもたちには大人気でした。

バー&カフェも春らしさ満点
12899462_10208345727936691_843065058_o.jpg

このカフェはガラス張りになっていて、地下にあるプールが見えます。
12903936_10208345100040994_1903017657_o.jpg

私はここでお茶を飲みながら、毎日泳ぎに行ったAとチビをのんびり眺めていました。
12884520_10153624741128195_1933301733_n.jpg

12910577_10153624742868195_488017627_n.jpg
プールからおーい!

このカフェの入り口には水槽があって中に緑ガメや大型の魚が泳いでいて、
チビはこれがすっかり気に入って、朝に晩にと水槽前に貼りついていました。
12911002_10153620916148195_430670369_n.jpg

12884451_10153624922458195_1565025730_n.jpg
プールとこの水槽がチビにとっては今回の滞在で一番楽しかった場所かも(笑)

12919551_10208345727256674_534660274_o.jpg
レストラン前で日本でも人気のボレスワビエツ陶器発見。
この女の子の形のは「チーズレディー」だったかな、チーズを入れてサーブする食器です。
たしか、ひと回り大きいパンケーキレディーもあります。

今回の滞在は、宿泊のほかにレストランでの朝食、ランチ&ディナーがセットになっているイースターパッケージ
でした。
レストランはビュッフェ形式で、毎晩その場でムール貝やエビのパスタ、ザコパネ名物の羊のスモークチーズなどを
シェフが料理をしてくれるコーナーもあって、毎日食べ過ぎて苦しいほどでした。
なんといっても自分たちで調理・片づけしなくていいのが主婦の私にとっては最高の贅沢でした。

12421782_10153629768288195_195561994_n.jpg
最後のディナー時はザコパネ地方の音楽&ダンスのパフォーマンスも。

今回の3泊4日のイースターパッケージは私達にとってはちょっと贅沢過ぎるほどでしたが
おそらくこれが家族3人での最後の旅行、とてもいい思い出ができました。


ザコパネ旅行記、まだ続きます。
チビとともにたっぷり楽しんだ、ホテルで開催されたたくさんのイースターイベントについては次回!

-----------------------------
ご参考までに…
滞在したホテルBelvedereのHP↓
http://www.belvederehotel.pl/

旅行 | trackback(0) | comment(3) |


2015/08/12 (Wed) 夏の家族旅行、いくらかかる?

日本では国内旅行よりも近場の海外(台湾、韓国など)のほうが安上がりだという話をよく聞きますが、
ここポーランドでもそれはよく言われていること。
実際、バルト海リゾートに一週間行ったらどのくらいの費用がかかるのか、ちょっと気になってインターネットで
調べてみました。

”Ile kosztuje tygodniowy wypad nad morze?”という記事によると
夏休みシーズンにバルト海のリゾートに大人二人で一週間滞在(6泊7日)すると

宿泊費: 720zł(この記事ではローシーズンでは480złとなってますがここは夏のハイシーズンで計算。)
交通費(往復1000キロ走った場合ガソリン代): 320 zł
食事や娯楽費: 700 zł
合計: 1740 zł 日本円で言うと約5万7千円なり。


ポーランド人の平均月給や物価は日本と比べると約3分の1なので、日本の感覚だと約17万円といったところでしょうか。
これは大人二人の値段なので、子供がいる家族旅行だとさらに上乗せされて20-25万くらい、と考えたらいいのかも。
この記事のほかに、色々な人が意見を交換するフォーラムという掲示板のようなところでは
国内旅行1週間で家族3人4000 zł(約13万円)使っちゃった!なんて人もいました。

ちなみに私たちの今回のカシューブ地方の家族旅行は4泊5日で約1500 zł(約5万円)使いました。
これは滞在費、食費、ガソリン代、高速代すべて込みの値段です。
私たちの住む南部・シロンスク地方からポーランド北部へは距離にして700キロ近くあり、
行くだけでかなりのガソリン代がかかってしまうのがネックです。ちなみにポーランドの高速道路は
無料のところと有料のところがあり、2015年夏現在ではカトヴィツェからワルシャワへは無料、
カトヴィツェからグダンスクまでは有料となっていて、往復で約60 zł(2000円)程度です。
将来的にはすべての高速道路が有料になるとのことですが、いつになるのやら…なるべく遅くだといいなあと
思っているところです。

今回の宿は60平米のアパートメントで、広めのベッドルーム、ダイニング&キッチン、サウナ付シャワールームがついて
4泊5日580 zł(約2万円)でした。
リゾート地の宿泊施設はホテルにコテージ、アグロツーリズム(民宿のような感じでしょうか、地元の人のお家に
泊まって田舎の暮らしが体験できる)など色々種類がありますが、家族連れには自炊ができて自宅のように気楽に
過ごせるアパートメントタイプが人気があります。

11855902_960710363971559_5217326770099268080_n.jpg

11248340_960711640638098_7998750339030005548_n.jpg

二つの部屋どちらにも大きめのソファーベッドがあって、大人6人までが泊まれる仕様になっていたので
後から合流してくれた船の上司とYちゃん親子と一緒でも快適に過ごすことができました。
このアパートメントは街の中心からは少し離れていて車は必須ですが、
まだ新しく内装も綺麗、自炊できる施設、ジャグジー&プールにこども用遊具、バーベキューができる道具まで
揃っていて家族で過ごすにはとてもいいところだったので、来年もカシューブ地方に行くのならまたここに
泊まりたいね、と話していました。

海外旅行、たとえばエジプトやトルコに1週間滞在のパッケージツアー(航空券、ホテル、ホテル内での飲食すべて込みの
all inclusiveというプランが一番人気)だと、だいたい大人一人あたり2000złくらい(約6万6千円)が予算です。
ポーランドの国内旅行より一概に安いとは言えませんが「いい天気が約束されていて海は透明度が高くてきれい、
海外のバケーション気分を味わえる」となったら、
天気によっては全く楽しめず、海は透明度が悪い&冷たくて泳げない、人でごったがえすバルト海のビーチより
海外に行くほうがお得!という人の意見もうなずけます。
ただ、私は去年のバケーション後にも書いたように、チビが小さいうちはポーランド国内を中心に旅行するのも
いいなと考えているので、来年もカシューブへ!となったら喜んで出かけていくと思います。
私自身もポーランドの魅力を発見できるいい機会になりますしね。

-----------------------------------------
ちなみに、今回の夏の日本帰省(4週間弱、家族3人)でいくら使ったのか?
こちらも気になって、先ほどとっておいたレシートをついに引っ張り出して計算してみました…。

航空券(大人二人)+滞在費もろもろで…
ぶっちゃけてしまいましょう!

約30万円使った計算になりました。

実家にお世話になったので基本的に宿泊費はなし、食費もなし、でこの値段。
今回はいつもより安いチケットで飛べたし、滞在中に旅行にも行っていないし・・・
それでもやっぱり結構かかかるなあ、というのが正直な印象です。
この先チビにも航空券代がかかり、ましてや(まだ予定はないですが)もうひとり子供が増えたりした日には…!
ひゃー、私たちのポーランドでの収入を考えると、日本に行くのは清水の舞台から飛び降りる覚悟が
必要になってきそうです。ああ、仕事に日々の節約がんばらねば。

ちなみに、航空券以外で一番費用を割いたのが、「自分用・ポー家族&友人へのお土産代」、5万円超えでした。
ポーランドじゃ買えない!と思うと余計に色々欲しくなってしまって…この額になりました。
どんなものを買ったのかはまたの機会にちょこっとご紹介します。

日本のみなさん、毎年の夏の家族旅行ではこのくらい使うよ、
海外暮らしのみなさん、日本帰省にうちはこのくらい使うよ~!とぶっちゃけて下さる方いたらぜひお願いします。
各家庭の旅行&帰省事情、興味あります :)

旅行 | trackback(0) | comment(10) |


2015/08/09 (Sun) 長い長い夏休み

日本から帰って来て2週間が過ぎました。

帰ってきてすぐに風邪で寝込み、治ったころに今回日本から一緒に帰ってきてくれた親友を見送りにワルシャワまで行き
(ポーランドの新幹線、ペンドリーノに初めて乗りました!それについてはまたいずれ♪)、
ワルシャワから戻った次の日から再び家族三人でバケーションへ。

私はもう日本での3週間半と親友と過ごした一週間でもう夏休みは充分、という感じだったのですが
日本滞在中梅雨真っ盛りでお日様に当たれなかったAはどうしても夏を満喫したい!ということで
ポーランド北部のカシューブ地方まで出かけてきました。

ちょうど週はじめにAの仕事でポーランド中北部まで出かける用事があったので、そこからさらに足を延ばして
さあどこへ行こう、と決めたのが前の週の週半ば。
去年行ったバルト海のリゾート(その時の様子はこちら→)も魅力的だったのですが、直前ですでに宿はどこもいっぱい。
それならそれなら…とインターネットで色々探したのち、「内陸のカシューブ地方にまだ行ったことがないなあ」という
Aのひと声でポーランド北部のカシューブ地方の湖のほとりに滞在することに決めました。

キャプチャ
ポーランド南西部の我が家からは往復1,700キロの旅!

20150806_154158.jpg

11846291_10206715541343045_1835793620_n.jpg

ポーランド国内のリゾートといえばバルト海、湖水地方マズーレ、山のザコパネが3大人気スポットですが、
カシューブ地方も森に湖にと美しい自然がいっぱい、それなのにそんなに混みあっていなくてまさに穴場の
リゾート地でした。ちょうどこの週はお天気が良かったので、TVでは連日「いかにバルト海のビーチが混んでいるか」の
映像を流していて、その様子はまさに芋の子を洗うよう!
ちょっと地味ではあるけれど、カシューブ地方を選んでよかったねえ、と言い合ったのでした。

チビも自然に囲まれた環境でいつにもまして元気いっぱい!

11830927_10206715545863158_948455790_n.jpg
カヌーに

11824194_10206715548583226_842827801_n.jpg
乗馬にといろいろな新しいことを体験させてやることができました。
最近、チビは何事にも怖がらないで挑戦する性格が顕著になってきたように思います。
怖いもの知らずなところは母譲りかしら・・・。

11823872_10206715549223242_1204489209_n.jpg

今回のバケーションで嬉しかったのは、去年バルト海で会ったグダンスク在住のYちゃん親子と
今年もまた会えたこと!実は私たちの滞在したŁapalice(ワパリツェ)というところはグダンスクから約40キロ、
車で1時間足らずで着くという、グダンスク観光にもぴったりの場所なのです。

滞在4日目の朝、車でYちゃんの住むグダンスク郊外へと向かい、一緒に彼女の家から徒歩15分のビーチへ。

11831694_960719147304014_378864445446688531_n.jpg
こどもたちはYちゃん手作りのあんぱんをビーチで頬張り

11846564_960709463971649_1878737269936669429_n_20150810042924b49.jpg
大人もレストランで海を眺めながらシーフードを堪能しました

湖でのアクティビティを楽しめたうえ、バルト海のビーチでも遊べて大満足!
11805900_10206715544743130_1931312616_n.jpg

その後、Yちゃん親子は私たちが滞在しているアパートメントまで来てくれて一泊しました。

11824056_10206715541063038_239710237_n.jpg

11853976_10206715541103039_163095903_n.jpg

ポーランドの夏恒例のグリルをしたあと、ミニ花火をして、こどもたちを寝かしつけてからは
日付が変わるまでおしゃべり。
さらに今回は休暇中ポーランドを旅行中だった前職の上司も合流してくれて、みんなでワイワイ、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

またポーランドに来るわ!と言ってくれた上司と、来夏はだんなさんも一緒にここで夏過ごせたらいいね、と
言い合ったYちゃんと、みんなでまたの再会を約束して、車を運転すること8時間シロンスク地方へと戻ってきました。

今年の夏は日本行きに親友のポーランド滞在、カシューブ地方へのバケーションと
本当に本当に充実したものになりました。私の中での夏休みはもうおしまい、そろそろしっかり日常へと戻ろうと
思います。来週からはレッスン再開、お料理ワークショップも企画します!

11855426_10206729120162507_1220846104_n.jpg
暑かった今日はモティカ家でグリル。ポーランドも夏まっさかりです!

ポーランド以上に日本は暑い日が続いているようですが、夏バテしないように元気でお過ごしください。
ポーランド在住のみなさんはもう少し続きそうな夏日を思いっきり楽しみましょう♪

旅行 | trackback(0) | comment(3) |


| TOP | next >>

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。