--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/11/21 (Thu) 独占欲についての考察・その②

気がつけば11月ももう後半!今年もあと1か月半ないなんて、
びっくりです(って毎年言っている気がするけど…今年は特に早い気がする)。
去年のブログ記事を読み返していたら、
「11月は何をやってもうまくいかない、気分が落ち込む魔の月」って書いてました、私。
今年は幸い、それほど気分の落ち込みはありません。

来月頭に引き渡し予定のフラットのリフォームの準備を始めているのも
原因のひとつだけれど、やっぱりチビの存在が大きいです。
私は毎日チビの笑顔に幸せと元気をもらっていて、
日々働きづめのAも帰ってきてチビを見ると、どんなに疲れていても
癒されて寛いだ気分になれる、と言います。
小っちゃなチビの存在がこんなにも私たちに力を与えてくれるとは、
生まれてくるまで(聞いてはいても)想像できませんでした。

さて、そのチビ、あと数日で生後4か月。
最近は昼夜の区別がついて生活のリズムが整ってきました。
体重もぐんぐん増え、首もだいぶしっかりしてきて(まだ縦抱きにするとき支えていないと、
時々ぐらっと後ろに反ってイナバウアーになるので要注意ですが)
ふにゃふにゃの新生児のころとは大違いです。
そして、私も母歴4か月。授乳、おむつ替え、お風呂入れに寝かしつけ、
時々不意を突いたおしっこ攻撃にあいつつも、毎日の世話はだいぶ板についてきた感じ。
それとともに、以前に書いたような「独占欲」を少しずつコントロールできるようになってきました。

この心境の変化は

1.毎日の世話を通してすこしずつ母親としての自信がついてきた
2.モティカ家のみんなが私の「私が母親!」という自尊心を認めて
私が自信を持てるようサポートしてくれている
3.自分たちのフラットを購入して、モティカ父母との完全同居から
ほどよい距離をもてることが決まって、気持ちが楽になった
4.前に異様にピリピリしていたのは産後のホルモンの影響だった

といくつかの要因が重なっていると思われます。

1は、特に母乳育児の影響が大きいです。
授乳のたびにチビとのつながりを実感できて、さらに「私がチビがどんどん大きくしてるんだ」
という気持ちになれるのは母乳育児ならではだなあと。
2は、ポーランド家族、Aはもちろんのこと、私がなんとなく勝手にライバル意識のような
ものを持っていたモティカ母がいつも
「チビはいつもogrodのことを目で追ってるよ。こんなに小さくてもママだってわかるんだねえ」
「チビー、ママと一緒がやっぱり嬉しいよね!」と”母としての私”をたてて
自信が持てるような言葉を(厭味でなくさらりと)かけてくれているのです。
これはきっとおそらく私の気持ちを汲んでなんだろうなあ、モティカ母は私よりずっと心が広い…
とありがたく思っています。
3、ほどよい距離、これはやっぱりとっても大事。
4、なんでもかんでもホルモンのせいにはしたくないけれど、
あんなにピリピリしていた気持ちが最近ではすうっと落ち着いてきているので、
ホルモン量の変化も大きな要因のひとつではないかと思うのです。

実は今週の月曜日、産前に開催していた日本料理ワークショップを再開し、
そのために初めてモティカ母にチビを長時間預けました。
事前に母乳を搾乳して冷凍保存し、チビのおむつや替えの洋服、お風呂セットを用意して…と
準備万端だったものの、正直なところ、チビが私がいなくてどんなリアクションをするかよりも
私自身がチビと離れてどう感じるかが心配でした。
モティカ母にお世話をお願いして、すべてが問題なくいくのがいいということは頭ではわかっていても、
それはそれでなんとなく寂しい・おもしろくない(私がいなくても大丈夫なんだ…っていう)気持ちに
なるんじゃないか、と。

結果、チビを見てくれていたモティカ母と姉からの報告によると、
私が不在中特に大きな問題があったわけではないけれど
「チビはogrodがいないのを感じてたみたいでいつもと違った!」そうです。
チビはずっと私を探してキョロキョロしていて一時大泣きし、事前に練習していった哺乳瓶からの授乳が
あまりうまくいかず(嫌がってきちんと飲まなかった)、お風呂後の寝かしつけにも時間がかかったとか。
モティカ母は「なかなか寝ないもんだから抱っこしようかとも思ったけど、
ogrodがいつもベッドに寝かせて歌ってトントンして寝かしつけてるから
やり方を変えないほうがいいと思って、ベッド脇でねばった」と言っていました。
さらにチビが大泣きした時、困ってしまったふたりは
「よし、こうなったらチビに日本語で話しかけるしかない!」
「おお、そうしよう、でも私たちが知ってる日本語が限られてるけど、どうする?」
「知ってるのをひたすらリピートするしかないでしょ!」、そして
「もしもーし、おいしーい、どうぞー、ハイどうもー、ありがとう」
「なにー?こんにちは、いただきます、バイバイ」とひたすら繰り返したそうです(笑)
夜帰ってきた私に「そしたらどうしたと思う?チビ、ちょっと泣きやんで、耳を澄ませてたよ!」と
ふたりは得意げに話してくれました。
その場を想像すると可笑しくって、みんなで一緒に大笑い。

そんなわけで、この一件で母としての自信がさらに少しアップして、
今までひそかに持っていたモティカ母へのライバル心のようなものがなくなりました。
それよりも、こうやってこころよく私が外へ出るのをサポートしてくれてありがたいなあと
思えるようになりました。
これまで私は、「チビへの愛情は100あってそれをみんなで分け合っている」かのように
考えていたのかも、と気づきました。
「私がいちばんチビのことを愛してるのに!私が100愛したいのに!邪魔しないでよ~」
と思っていたのかも、と。
そうじゃなくて、みんながそれぞれチビを100ずつ愛していて、
たくさんの人の愛をたっぷり受けることがチビにとって幸せなんだと考えられるようになりました。
私以外の人がチビをあやしてチビの笑顔がみられると
「チビ、みんなに可愛がってもらえて嬉しいね!」と素直に思えるのは
自分の中で大きな進歩だし、私にとっても嬉しいことです。

これからもチビを育てていく中で、自分の気持ちの変化に戸惑うことはあるだろうけど
そのたびに感情的になりすぎずに上手に消化していけたら、と思う次第です。

スポンサーサイト

ポーランドで妊娠・出産 | trackback(0) | comment(10) |


2013/11/03 (Sun) お食い初め in Poland

チビ、生後100日を迎えました。
ポーランドにいるけれど、日本の伝統行事のひとつ「お食い初め」をしてあげたい、
ということでちょうど100日目にあたる昨日、家でお祝いしました。

s-023.jpg

ポーランドはこの週末"Wszystkich Świętych"、日本でいうお盆の時期。
ちょうど里帰りしてきた日本人のお友達Iちゃん家族、カトヴィツェに住んでいるMさん、
私たちの結婚式でブライズメイドを務めてくれたAさんも来てくれて、
みんなで一緒に”お食い初めオビャド(ディナー)”の食卓を囲むことができました。

お食い初めをするにあたって悩んだのが献立。
本来お食い初めで用意するべきメインの「尾頭付きの鯛」、お吸い物用の「蛤」は
どちらもポーランドでは手に入らない…大ぶりの海老という手もあるけれど、
カトヴィツェのスーパーまで出ないと買えないうえ、なかなか高価。
さらに、モティカ父はあんまり好きじゃないときてる(見た目から苦手だという
ポーランド人、結構多いです)。
どうしようかなあと考えた結果、ポーランドで手に入るもので
みんなが美味しく食べられるものを作ればいいか、という結論に達しました。

モティカ母にも相談して、メインは鯛→骨付き鶏もも肉のオーブン焼き、
蛤のお吸い物→ポーランドの代表的なスープ、ロスウ(チキンブイヨンスープ)にすることに。
この二品はモティカ母がいつもとっても美味しく作ってくれるので、お願いしました。
私はお赤飯、筑前煮、香の物の代わりのサラダ、そして盛り付け担当。
お赤飯は母が日本から送ってくれたお赤飯の素を使って炊き、
筑前煮はこれまた母からのこんにゃく、蓮根、飾りに毬麩を使って。

ポーランド料理と和食のミックス、
モティカ母と日本の母、私の3人のコラボレーションでできあがった
チビ用お食い初め膳はこんなかんじになりました。 ↓

s-028.jpg
右下のクッキーは幾度となく作っている米がゆのクッキー
「歯固めの石」の代わりに。
神社の石がないから教会の石にするか、と思って
先日村の教会に石を拾いに行ったのですが、きれいに整えられた教会まわりは
石ころひとつ落ちておらず…クッキーにしました。
(こっちのほうがかえってよかったかも、食べられるものね)


みんなが来るまで寝ていた主役のチビ、全員揃ってさあ食べようかとなった時に
奇跡的に(?)目を覚ましたので、すかさず抱っこして食べさせる真似をしました。

s-042.jpg
がぶり!とはしなかったけど、興味深そうに見ていました。
チビが食べ物に困らない人生を歩めますように!

オビャドのあとはお茶の時間。
今回は張り切ってモティカ母はベイクドチーズケーキとワッフル、
私は米がゆクッキー、レアチーズケーキ、チョコレートケーキを焼きました。
さらにMさんが美味しいと評判のケーキ屋さんのケーキを持って来てくれたので
テーブルの上は甘いものであふれていました。幸せ~ :)

s-055.jpg
チョコレートケーキ
「100」のデコレーションは紙とカッターと格闘すること約30分、Aの力作。


正統派のお食い初めの儀式とはちょっと違う形になったけれど、
ポーランド家族と友達とこうやってお祝いできてよかったです。
これからもポーランドにいても、ポーランドの行事と同じように
日本の伝統行事も大事にしていけたらいいな、そしてその心をチビにも
伝えていけたらと思います。

--------------------------------------------
私たちはポーランドで教会式を挙げたので、チビはキリスト教信者になります。
洗礼式はまだ行っていないのですが、そう遠くないうちにすることになります。
このことについての私の思いなどはまたいずれ…。

ポーランドで妊娠・出産 | trackback(0) | comment(6) |


2013/10/25 (Fri) お母さん?それともママ?

チビがお腹の中にいる頃、「お腹に向かっての話しかけ」というのをあまりしませんでした。
とくに理由があったわけではなく、ただ私がものぐさだっただけ。。。
正直なところ、チビに対してまだそれほど愛情(自分の子供だという実感)がなかったのも原因だと思います。
チビが生まれてから、こんなに可愛いんだったらもっともっと話しかけたのに~!と後悔し、
今は朝から晩までこれでもか!っていうくらいのマシンガントークをかましてます。

チビへの話しかけは、私は日本語、Aはポーランド語、
モティカ父母はシロンスク方言でそれぞれ話しかけています。
ちなみに私とAの会話は現在英語とポーランド語が半々くらいの割合。
いろんな言葉が混ざっててチビの頭の中がこんがらがるのでは?
という心配もないわけではないですが、 
私が参考にしている語りかけ育児の本『0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児』によると
”ふたつ以上の言語を聞くこどもは、混乱して言葉が遅れると考える親が多いが、
親がひとつの文に両方の言葉をかなり混ぜ合わせたり、こどもに親の母国語でない言葉で
話しかけたりしなければ大丈夫”
とのことなので、それを信じてみます。

ここで育つチビの母国語は、ポーランド語になるわけですが、
母である私はどこにいたって日本人。やっぱりチビには日本語も習得してほしい。
一緒に日本語でおしゃべりしたいし、日本のじいじばあば(両親)やおじちゃん(兄)、
私の友人たちとコミニケーションがとれるようになってほしい、というのが私の願いです。
周りのポーランド人に「チビは日本語を話せるようになるのかねえ?」と言われたり、
日本の友達に「日本語が話せるようになるか否かはogrodにかかってるよ!」
と言われるとちょっとプレッシャーを感じるのだれど、
Aが私と同じスタンスでいてくれて、さらに肩に力が入りがちな私の横で
「ogrodがいつも日本語で話しかけてれば大丈夫だよ、あんまり考えすぎないで~」と
言ってくれるので(実際はそう簡単にはいかないとしても)助かります。
チビへの語りかけの中で、日本語のオノマトペの豊富さに改めて驚いたり
わらべ唄の歌詞や語呂のよさに感動したりと、これまで以上に日本語って面白いなあ、と
思う機会が増えているこの頃。
こうやってなるべく私自身が楽しみながらチビに日本語を教える方法を
模索していければいいなと思います。


・・・とこんなかんじで毎日チビに日本語のシャワーを浴びせているのですが、
最近ふとある疑問が。
「自分のことをお母さんというべき?それともママというべき?」
私は母のことをママと呼んだことはないし、母が自分のことをママと言っているのを
聞いたことも一度もありません。常に「お母さん」、大人になってからは「母さん」。
だからチビにも自分のことを「お母さん」と呼んで話しかけている(「お母さん、ちょっと
手を洗ってくるね」、など)のですが、
ポーランドの家族はみんな私のことを「ママ」あるいは
「マムーシャ(「ママ」の赤ちゃん言葉)」と呼ぶのです。
もしポーランド語で「お母さん」が全く違う言葉だったら気にならないんでしょうけど、
日本語でも人によっては「ママ」と自分を呼んだり、子供に呼ばせたりする人もいますよね。
日本語とポーランド語で共通する言葉があるのなら、チビの混乱を最小限にするためにも
もしかして「ママ」で統一したほうがいいのかなあ・・・?と考えだした次第です。
二カ国語で子育てをしていらっしゃるお母さんたちはどうしているんでしょうか。
気になるところです。

ちなみに「お父さん」はポーランド語で「タタ」、「タトゥーシャ」。
こちらは日本語の「パパ」とは違うのです。私は今のところAのことを「お父さん」と
呼んでいます。もし「お母さん」を「ママ」に変更するのなら「お父さん」も
「タタ」に変えるべきなのか…
みなさーん、アドバイスあったらぜひお願いします!


------------------------------------------------
今日でチビは満3か月。
ありがたいことによく寝る子なので母は案外時間があります。
高校の同級生がプレゼントしてくれた手芸キットを使って
あひるのガラガラを作ってみました。
オーガニックコットンでやさしい肌ざわりの一品です。

126_20131025060427e18.jpg
チビ、まだあんまり興味がないみたい…(笑)
せっかく作ったから、これからもめげずにアピールしていきます!

ポーランドで妊娠・出産 | trackback(0) | comment(15) |


2013/10/20 (Sun) 抱っこひもいろいろ

わが子の重みは幸せの重み、と言いたいところですが
現在チビの体重は6キロを超え、さすがに重くなってきました。
特に腕の中で熟睡して完全に力が抜けた状態だととたんにずっしり、
まるで米俵を抱えているような気分になることもしばしば。

そんなチビを抱っこするときに活躍しているのが抱っこひも。
今、家には3種類の抱っこひもがあります。

ひとつは、トルンのお友達Iちゃんから貸してもらっている
ベビービョルンの抱っこひも↓

pobrane (2)
肩で支えるタイプ。
メッシュ素材で比較的本体が軽いのが特徴です。
装着もそれほど難しくない。
一番最初に使い始めたのがこの抱っこひもで、暑い夏のうちは重宝しました。
チビは最初のうちはおとなしく中におさまってぐうぐう寝ていましたが、
だんだん重くなってきた今は、肩のみで支えるのは私がけっこうきついのと、
チビが「中に入っている」というより「ぶら下がっている」という感じで
チビ本人も苦しそうになってきました。
自分の身体の重みで腕の付け根が圧迫されて手が紫色になっているのを
発見してからは、残念ながらお蔵入りに。


続いては、プチベリー(ファムベリー)のベビースリング。
これは公私共に仲良くしてもらっているMさんからお借りしたものです。

019_20131017210230e31.jpg

チビは最初に入った瞬間からこのスリングが気に入ったようす。
お腹が痛んで泣き喚くときも、眠たくてぐずっているときも
これに入れるとぴたっと泣き止んで、そのうちすやすや寝はじめます。
おじさんみたいにイビキをかくときもあるほど(笑)
これまで私がチビを直に横抱きにすると、どうも安定感がなくて
チビの居心地が悪そうだったのですが、これを使うと頭から足までしっかり支えられるので
安心するみたいです。
布一枚にリングがついているシンプルなつくりで、つけはずしがとにかく簡単、
抱っこする人の身体に合わせてのサイズ調整もサッとできます。
そしてなによりも、抱っこしながらチビの顔がしっかり見られるのがいい!
抱っこしながら目が合って、チビが嬉しそうににっこり笑ったり
安心しきった顔で眠りに落ちるのを見届けられるのが、このスリングの一番の魅力です。
ただ、片方の肩で支えるタイプなので、チビが重くなってくると
これも長時間の使用は厳しいのが現実。

3つ目は最近ネットで購入し、母に日本から送ってもらった抱っこひも
「ボバキャリア3G」。

images (1)
チビが今後大きくなっても長く使えるように、と肩と腰両方で支えるタイプのものを
選びました。

images (2)
柄はたくさんあってシンプルなものと迷ったけど、トゥイートという鳥柄のにしました。
赤ちゃん用だから少しくらい派手でもいいかしら、と思って。

日本で大人気の「エルゴ」という抱っこひもとつくりはよく似ているようなのですが、
このあいだ従姉妹が「今日本は右を向いても左を向いてもエルゴだよ」
と言っていたので、ちょっと違うものを、とネットでいろいろ探して決めたのがこれ。

ベビービョルンとプチベリーの抱っこ紐と比べると断然身体が楽!
これなら長時間の使用にも、今後チビがさらに大きくなってからの使用にもよさそうです。
おんぶもできるし、幼児の抱っこには足がぶらつかないよう着け外しできる足置きがあるのもいい。
ただ、このボバキャリアの問題は、まだ私自身が装着に慣れていないせいか
チビの居心地があまりよくなさそうなこと。7キロまでは足をかえるのように折りたたんで
生地の中にすっぽり入れる「新生児抱っこ」ができる、というのがこの抱っこ紐の
ウリのひとつなのですが、どうにもこうにも窮屈そうで、、、

FxCam_1382017854099.jpg
結局、7キロ以上用のふつうの縦抱きで使っています。
まだ小さいので手足が同じところから出てます。

FxCam_1382017960159.jpg
頭の出具合もこんなかんじ。

いずれはこんなふうになるはず↓
pobrane (1)

説明書には20キロまでOK、と書いてあるけど、実際のところどうかなあ。
近々、14キロの甥っ子で試してみようと思います。

3つの抱っこ紐のうち、今のところ一番活躍しているのは
プチベリーのスリング。Aも私も、そしてチビもいちばん気に入っています。
気が早いけど、将来二人目ができたら一本購入しようかなあ、と考えているほどです。

今後、ボバキャリアを使い込んでいって意見が変わったら、
またここでボバキャリアのおすすめポイントなど書いてみようと思います。

------------------------------------------
ちなみに、ポーランドでは抱っこ紐は普及していないようで
お出かけ時に使っていると「いったい何を抱えてるの?!」と
好奇の目で見られることが多々あります。
どうして普及していないんだろうかと考えてみたら、
ポーランドの気候が関係しているのでは、と気づきました。
雪の日に抱っこ紐を使って外を歩いていてツルッと滑って転倒!ってなったら
危険極まりないですもんね。
これからどんどん寒くなって路面凍結、雪の日が増えると抱っこ紐を使っての
お出かけは難しいので、今のうちにたくさん使って慣れておかなくちゃ!
と思っているところです。

ポーランドで妊娠・出産 | trackback(0) | comment(4) |


2013/10/15 (Tue) 母乳にいいビール?-ポーランド流・助産婦さんのアドバイス-

チビ、あと10日で満3か月。時が経つのはほんとうにあっという間です。
このひと月でチビはおしゃべりが上手になってきました。
まだまだ寝ている時間が長いけれど、起きているときは「うーうーあーあー」と
大きな声でおしゃべり。私たちの声を聞いて自分も声を出して楽しんでいるみたいです。
手足の動きも日に日に大きく力強くなってきて、授乳中にキックやパンチをくらって
アタタタタ、となることもしょっちゅう。
なによりも、体重がぐんと増えて、生まれたばかりのころの写真と今とを見比べると
「ええと・・・いったいどちらさまで?」と言いたくなるくらい、まるで別人!

寝顔ひとつとっても

029_20131015143014bcc.jpg
生後2週間

034_20131015143017020.jpg
2か月

生まれたばかりのころは周りの人に「Aによく似てる!」と言われていたけれど
最近は私似と言われることも増えてきました。
どうしてかな?と考えてみたら、顔にお肉がついてきて、顔の中を占める目の割合が
以前より小さくなってきたからだ…ということに気付きました。ははは。

なにはともあれ、元気にすくすく育ってる、それがいちばん大事。


さて、今回は助産婦さんに教えてもらったポーランド流の母乳に関するアドバイスを
ご紹介します。

日本で言われている、”授乳中に控えるべきもの”といえば
お酒、たばこはもちろん、脂っこい食べ物、もち米、炭酸飲料など。
となると、基本的に脂っこいものが多いポーランド料理はダメ、ってことになってしまいそうです。
”脂っこいものは母乳が詰まる=乳腺炎になる可能性あり”ということでだめなのでしょうね。
幸い私は詰まりやすい体質ではないようで、生クリームたっぷりのケーキを食べようが、
グレービーソースがかかったお肉の塊を食べようが今のところトラブルはありません。

さて、ポーランドの助産婦さんが言う”授乳中に控えるべきもの”は
・キャベツ
・カリフラワー
・ブロッコリー
・玉ねぎ
・豆類全般
・プルーンなど大きな種がある果物


これらは母乳が詰まる、という理由ではなく、
”赤ちゃんのお腹が痛くなったり発疹がでる可能性あり”という理由らしい…。
豆がだめだなんて聞いたことなかったけど(大豆は母乳にいいって日本では
言われているもよう)母乳が詰まって自分が苦しいならまだしも、
チビのお腹が痛くなって苦しんでるのを見るのは嫌だなあ~、と
最初のころは言われたとおりこれらのものを避けていました。
でも、野菜の少ないポーランドでこれらを食べないとなると、なかなかキビシイ。
というわけで、この頃は少しずつ食べるようになりました。(今のところチビに影響はなし)
でも、同じく赤ちゃんのいる友達は「うちの子、私がこのあいだサラダに入っていたグリンピースを
数粒食べただけで、お腹が痛くなって夕方泣き叫んで大変だった」って言っていたし、
ポーランドでは浸透している説らしいので、赤ちゃんによっては避けたほうが
いいのかもしれません。

そして面白いのが、母乳の出が良くなるからオススメよ、と教えてもらった飲み物。

これ↓
pobrane_20131015041357389.jpg
ポーランドのノンアルコール黒ビール”Karmi(カルミ)”

このカルミ、アルコールを抜いた黒ビールにカラメルを足したような甘い飲み物で
ハマるとくせになる味です。
ラズベリーフレーバーなどもあるけど、写真の「カルミクラシック」がいちばん美味しい。
7月8月は暑い日が続いていたので、みんなが本物のビールを飲む横で
私はひとり、これを飲んでました。
助産婦さんが言うには、ドイツで出産した娘さんは出産直後に
このカルミを病院から出されて飲んだそうです。母乳にビールだなんて、面白い!

他にも母乳にいい飲み物として、koper(ディル)のお茶などを勧められました。

250px-Illustration_Anethum_graveolens0.jpg
これがディル。きゅうりの塩漬け作りには欠かせないハーブです。

母乳がサラサラになって詰まりにくくなるそうです。
ちょっと癖のある味ですが、慣れれば大丈夫。蜂蜜を入れると飲みやすくなります。
寒くなってきたこの頃は温かいお茶が欠かせない時期、毎日このお茶を
家族とのコーヒータイムに飲んでいます。


日本とポーランドでは育児に関するちょっとしたことでも違いがあるので、
比べると面白いです。
まあ正直なところ、戸惑うこともないわけではないのですが、
育児もこれまでのポーランド生活と同じように、郷に入っては郷に従えのスタンスで
なるべくポジティブにとらえていければなーと思っているところです。


おまけ…
先週送られてきた母からの小包の中のヒット。↓

072_20131016022802e03.jpg
ひげオヤジ。
親戚のおばさんからのプレゼントです。
モティカ家みんなで大爆笑!



ポーランドで妊娠・出産 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

プロフィール

ogrod

Author:ogrod
2010年秋からポーランド南西部在住。
異国での日々の生活、身の回りのできごとをぼちぼち綴っています。

Copyright(c) "MICHIKUSA KOMACHI" by ogrod All Rights Reserved
リンク、トラックバックフリーですが、ブログ内の画像・レシピを転載の際は、ogrodまでご一報ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。